フリーランスのIT求人案件@Agentキャリア > アプリケーションエンジニアの資格

キャリアコンテンツ

アプリケーションエンジニアに必要な資格・スキル

アプリケーションエンジニアに必須の資格として、高度情報処理技術者の認定であるシステムアーキテクトがあります。

アプリケーションエンジニアに求められる資格

アプリケーションエンジニアに必須の資格「システムアーキテクト」を持つエンジニアは高度IT人材として高く評価されます。

アプリケーションエンジニアには、国家資格である「システムアーキテクト」の資格所有が必須条件です。 システムアーキテクトの資格を持っていることで、システム開発において必要とされる幅広い知識・技術があり、プロジェクトリーダーとして開発を先導できる高度なIT人材であることを客観的に証明できます。 システムアーキテクトは、情報処理技術者試験の最高位であるレベル4に位置し、「高度情報処理技術者試験」に含まれています。比較的取得の難しい資格で、合格率は10%程です。 以前は職種と同名の「アプリケーションエンジニア」という資格名でしたが、平成21年に制度改正が行われ、同時に「システムアーキテクト」という名称に変更されました。 また、システムキーアテクトの資格を持っていることで、他の高度情報処理技術者試験の科目免除を受けられるといったメリットもあります。

アプリケーションエンジニアに必要な資格の取得方法

年に一度行われるシステムアーキテクト試験に合格することで資格が得られます。

システムアーキテクト試験は、年に一度10月の第三日曜日に行われています。 受験手数料として、5,100円程必要です。 受験希望者は大変多く、試験は全国で一斉に行われます。願書の受付は7月中旬から行われており、到着の早い順に試験会場が割り振られるため、近くで試験を受けたい場合は素早く提出する必要があります。

システムアーキテクトの試験勉強に役立つものとして、参考書や開催されるセミナー、Webサイトで公開されている過去問題集などがあります。知名度が高い資格ですので、数多くの参考書が出版されています。 試験は業務に関する問題が多く出題されるため、仕事で得た知識や技術によって学ばなければならないポイントは変わってきます。そこで、Webサイトに公開されている過去問題集で学びつつ、わからないところを重点的に参考書で補う勉強方法がおすすめです。

アプリケーションエンジニアに必要な資格以外のスキル

アプリケーションエンジニアに資格以外で必要なものは、業務に関する幅広い知識と管理能力・コミュニケーション能力です。

アプリケーションエンジニアは、システムの分析から開発までを広く扱うプロジェクトリーダーのことを言います。
そのため、アプリケーションエンジニアに資格以外で求められるスキルとしては、業務に関する幅広い知識と、プロジェクトを先導するためのマネジメント能力・コミュニケーション能力があります。
分析から開発までを行うシステム開発の責任者として、ネットワーク・ハード・ソフト・DB・プログラミングなど、さらに企業によっては運用や保守までを任されることもあるため、幅広い知識と技術が必要となります。
また、プロジェクトマネージャーとエンジニアの中間に立ち、円滑にプロジェクトを進行させる管理能力や、コミュニケーション能力も重要なスキルです。

アプリケーションエンジニアの案件はこちら

直接コーディネーターに相談したい、というあなたへ。

私たちが参画のご相談から参画後のフォローまで徹底してサポートします!

1分で完了! コーディネーターに直接相談する

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

キャリアコンテンツ

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」

ブログ運営中

キャリアアップ最新業界動向の記事を毎日更新!
-