フリーランスのIT求人案件@Agentキャリア > インフラエンジニアの資格

キャリアコンテンツ

インフラエンジニアに必要な資格・スキル

インフラエンジニアに必須資格は特になく、プログラミングやコーディングのような実務で使用するスキルの資格を取得していると有利です。

インフラエンジニアに求められる資格

インフラエンジニアは資格がなくても大丈夫。Cloudera認定資格やプログラミング関係の資格があると有利になります。

プログラミングやコーディングにおける資格もあると転職・就職に有利になります。 インフラエンジニアになるために必ず必要である資格は特にありません。しかし、何も資格を持っていないよりも、持っている方が就職時には有利になります。

・Cloudera認定資格
プラットフォーム構築で使用するHadoopに関する資格です。Hadoopとは分散処理・管理を効率的に行うソフトウェア基盤のことです。
Cloudera認定資格には、管理者向け・開発者向け・スペシャリストなどの種類があります。 Hadoop以外にもNoSQLの「MongoDB」、Key-Valueの「Kai」などを使用するので、それらに関する資格があるといいでしょう。プラットフォーム構築には他にもプログラミングやコーディングの知識も必要になるため、就職先が使用している言語などの資格を取得していると就職・転職時に有益に働くといえます。

インフラエンジニアに必要な資格の取得方法

PearsonVUEから試験バウチャーを購入すると、世界各国にある試験会場で認定資格試験を受験することが可能になります。

プラットフォーム構築に必要なHadoopにはCloudera認定資格が数種類存在します。Cloudera認定資格は、「Cloudera Univercity」で勉強でき、トレーニングコースと認定資格プログラムが用意されています。 Cloudera認定資格はPearsonVUEから試験バウチャーを直接購入し、世界各国の試験会場で受験します。受験料は日本円で25,500円で、試験にはCloudera IDが必要です。Cloudera IDは、プロフェッショナル認定資格試験をPearsonVUEで受けた受験生に付与され、初めての受験者には試験システム側からCloudera IDを発行してもらいます。

また、Cloudera Univercityで提供されているトレーニングコースを受講した方には、有効期間が3ヶ月ある無料バウチャーコードを取得することができ、世界各国の試験会場で認定資格試験を受けることが可能です。

インフラエンジニアに関連する資格の取得方法

業務に関わるスキルはもちろんのこと、インフラエンジニアにはプログラミングやコーディングのスキルも必要です。

インフラエンジニアは特に必要な資格がありませんが、必要なスキルは多くあります。インフラエンジニアの主な業務はプラットフォームの構築と、ネットアークエンジニアが行わない部分のネットワーク設定であり、これらの業務にはHadoop・NoSQLのMongoDB・GlasuterFS・Key-ValueのKaiなどが挙げられます。インフラエンジニアには分散処理やデータベースのスキル以外にも、プログラミングやコーディングなどのスキルも必要になります。プログラミングには使用する言語によって様々な資格がありますので、就職先が使用している言語の資格を取得しておくと良いでしょう。

インフラエンジニアの案件はこちら

直接コーディネーターに相談したい、というあなたへ。

私たちが参画のご相談から参画後のフォローまで徹底してサポートします!

1分で完了! コーディネーターに直接相談する

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

キャリアコンテンツ

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-