フリーランスのIT求人案件@Agentキャリア > システムエンジニア(SE)の資格

システムエンジニア(SE)に必要な資格・スキル

SEに必要な資格はありませんが、「情報処理技術者」・「オラクルマスター」といった資格を持っていると高評価が得られます。

システムエンジニア(SE)に求められる資格

SEに必須の資格はありませんが、持っていることで転職の際に有利に働く資格は多数あります。

持っておくことで有利に働く資格の1つとして、国家資格である「情報処理技術者」は知名度が高く、レベルに応じて自分の知識と技術をアピールする材料となります。 また、外資系企業では国家資格よりも高評価につながりやすいベンダー資格が有効です。メジャーな資格としては「Linux技術者認定」・「Oracleマスター」・「Cisco技術者認定」といった資格があります。 重要なのは企業の訴求に合った資格を持っていることです。広く浅く複数の資格を持つよりも、専門性の高い資格を1つ持っているほうが企業からの評価が高くなりやすい傾向にあります。

【国家資格】
・情報処理技術者

IT技術者としての知識、技術を客観的に証明できる資格です。レベルが4まで設けられており、最高位であるレベル4の資格を有していると、高度IT人材であるという証明ができます。

レベル1:働く上で最低限必要な情報技術に関する基礎的な知識を行えます。情報技術系の仕事につきたい場合や、担当業務に対して情報技術を利用する場合があるときなどに取得するといいでしょう。
該当資格:ITパスポート(IP)(エントリ試験)。

レベル2:よりレベルの高いIT 人材となるために必要な基本的知識・技能の証明になります。実践的な情報技術の活用能力を身に付けたい人におすすめです。
該当資格:基本情報処理技術者試験(FE)。

レベル3:より高度なIT 人材となるために必要な応用的知識・技能を習得していることの証明になります。高度IT 人材としての方向性を確立したい人におすすめです。
該当資格:応用情報技術者試験(AP)。

レベル4:高度IT人材として確立した専門分野を持っていることの証明になります。(専門分野は該当資格によります。)スキルレベル4の試験類を総称して高度情報処理技術者試験と呼ばれます。

該当資格:

  • ITストラテジスト試験(ST)
  • システムアーキテクト試験(SA)
  • プロジェクトマネージャ試験(PM)
  • ネットワークスペシャリスト試験(NW)
  • データベーススペシャリスト試験(DB)
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験(ES)
  • 情報セキュリティスペシャリスト試験(SC)
  • ITサービスマネージャ試験(SM)
  • システム監査技術者試験(AU)

基本的なIT知識と技術を証明するレベル1のITパスポートやレベル2の基本情報処理技術者の資格よりも、レベル3以降の資格を持っていると、転職の際に大変有益です。レベル3の「応用情報技術者」では、情報処理技術者としての一定以上の知識と技術を持っている証明ができ、更にレベル4である高度情報処理技術者の資格を有していることで、専門性の高い知識と技術の証明ができます。

【ベンダー資格】
・オラクルマスター
主にDBソフトウェアの開発・提供を行っているOracle社が認定している資格です。 ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナと4つのレベルがあり、OracleDBの管理能力や、操作に必要となるSQL文などに関する知識と技術を客観的に示すことができます。シルバー以降は世界で通用する認定資格です。
・Linux技術者認定
Linux技術者認定は、現在多くの企業で使われているLinuxに関する知識と技術を証明できる世界共通基準の認定資格です。NPO法人Linux技術者認定機関である「LPI」が実施しています。 LPICレベル1から3まで設定されており、3を取得していると世界規模で高レベルなLinux技術者である証明ができます。

システムエンジニア(SE)に求められる資格の取得方法

情報処理技術者は年に1、2回行われる試験で、オラクルマスターやLinux技術者認定試験はいつでも受験することができます。

【情報処理技術者資格】
情報処理技術者資格には、ITに関する基礎知識が問われる「ITパスポート」、基本的な知識と技術が問われる「基本情報技術者試験」、応用できる知識と技術が問われる「応用情報技術者試験」、更に専門性高いスペシャリストとしての認定試験があり、全部で9種類あります。
ITパスポートの試験はCBT形式で随時実施されており、それ以外の試験については年に1、2回、毎年春期と秋期に行われています。
試験は全国で一斉に実施され、試験費用にはそれぞれ5,100円ほどかかります。
学習方法としては、多く出版されている参考書での勉強の他に、独立行政法人情報処理推進機構の公式サイトにて、過去問題集が公開されていますので参考にするとよいでしょう。
【オラクルマスター】
オラクルマスターの試験は、ほぼ毎日公認テストセンターで行われているほか、一部の試験はオンラインで受験することも可能です。
オラクルマスターは頻繁に試験科目の見直しを行っているため、公式サイトにて確認する必要があります。実務レベルにより難易度は異なりますが、シルバーまでは独学での習得も可能です。しかしゴールド以降の難易度が高く、資格を有していると高い評価が得られます。
試験費用は22,260円、オンライン試験の場合は14,280円が必要です。
学習方法としては、各種参考書の他、資格スクールなどもありますので上手に活用しましょう。過去問題集も公開されています。
【Linux技術者認定】
Webサーバや機関サーバとして人気が高まっているLinuxに関する知識と技術が問われる資格です。Linuxを利用している企業での価値が高く、レベル1を習得しているだけでも転職の際有利に働きます。
認定試験はほぼ毎日、日本各地にあるテストセンターで受けることができます。前日までの予約申し込みが必要ですが、会場によっては当日申し込みが可能な所もあります。
試験費用は、レベル1・レベル2が15,750円、レベル3では21,000円から31,500円が必要となります。
学習方法としては、豊富に出版されている参考書やWebサイトに公開されている過去問題集で学ぶ方法の他に、認定を受けた専門学校もあります。また、LPI-Japanでは例題を解説したメールマガジンの配布や無料のセミナーも行っています。

システムエンジニア(SE)に必要な資格以外のスキル

システムエンジニアに資格以外で必要なものとして、コミュニケーション能力や問題へ対処する能力、自己管理能力などがあります。

システムエンジニアに資格以外で必要なものとして、以下ようなものがあります。

  • コミュニケーション能力
  • プレゼンテーション能力
  • 問題点を論理的に的確に見抜く能力
  • 解決策を思考できる能力
  • 自己管理できる能力

システムエンジニアは、主に数人から数十人単位でのグループで作業を行います。自分の意思やプロジェクトの方向性をしっかりと伝える必要がありますので、円滑に仕事を進めていく上でコミュニケーション能力は必須のスキルといっていいでしょう。
また、クライアントからの要望をきちんと受け取る力や、こちらからの提案に説得力を持たせるため意味で、プレゼンテーション能力も欠かせません。
次に必要なものとして、問題点を論理的かつ的確に見抜く能力があります。システムを構築する場合、まず想定できる問題点を的確に発見し、その問題を解決するために論理的な思考が必要となります。 加えて、システム開発にはクライアントから指定された納期があります。この納期を守るために、スケジュール管理できる能力、また体調管理も重要なスキルの1つです。

システムエンジニアの案件はこちら

直接コーディネーターに相談したい、というあなたへ。

私たちが参画のご相談から参画後のフォローまで徹底してサポートします!

1分で完了! コーディネーターに直接相談する

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

キャリアコンテンツ

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」

ブログ運営中

キャリアアップ最新業界動向の記事を毎日更新!
-