フリーランスのIT求人案件@Agentキャリア > プログラマ(PG)のスキルアップ

エンジニアのキャリアについて

プログラマ(PG)のスキルアップについて

プログラマー(PG) のスキルアップ

「1つのプログラミング言語を深め、その他の言語の知識ももっておく」もしくは「より上流の仕事に進む」ということがプログラマー(PG)のスキルアップに重要

プログラマー(PG)のスキルアップには、大きく2つの方向性があります。

SEに必要なスキル

A.プログラマー(PG)としてキャリアを積む

プログラマー(PG)だけに言えることではありませんが、1つのスキルや専門性を深めつつ、スキルの幅を広く浅く伸ばしていく「T字型キャリア」を築いていくことが重要です。例えばWEBプログラマー(PG)の場合、基本となるHTML、CSS、JavaScript、PHP、SQLの言語の習得後は下記の2つの軸でスキルアップを図るといいでしょう。

①1つのプログラミング言語を極めること
PHPに関する能力を伸ばし、多様なシステム開発を行えるよう専門性を高めます。例えば、フレームワークを複数触ったり、デバック作業やコーディングを短時間で終わらせることなどが挙げられます。
②その他の言語の知識ももっておく
データベースやネットワーク方面の業務も行えるようになるよう、スキルの幅を広げます。例えば、いつもとは違うデータベースを触ることやApacheなどのアプリケーションサーバの設定を行えるようになるとなおいいでしょう。
B.より上流の職位のキャリアを目指す

クライアントの要望を聞き出すためのコミュニケーション能力と、その要望を実現する設計力を高め、システムエンジニア(SE)の方向に進む方が多いですが、一方で、企画力を磨くことやマネジメントを勉強することでプロジェクトマネージャー(PM)の方向に進むことも可能です。

全ての職種においても言えることですが、職能を高めてスキルアップしない限り、職を失う可能性があります。そのため、自分自身の市場価値を高めるためには、市場が求める職能を身につける必要があります。

プログラマーのキャリア

フリーランスというもう1つのキャリアの選択肢

プログラマーのキャリアとして、「フリーランス」という選択肢を選ぶことも可能です。フリーランスとして様々な職場で働くことで、市場が求めるスキルも分かり、かつプログラマー(PM)のスキルアップも図ることが出来ます。

フリーランスを検討されている方は、以下のコンテンツもオススメです。

プログラマーの案件はこちら

直接コーディネーターに相談したい、というあなたへ。

私たちが参画のご相談から参画後のフォローまで徹底してサポートします!

1分で完了! コーディネーターに直接相談する

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

キャリアコンテンツ

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-