フリーランスのIT求人案件@AgentWebデザイナー求人案件検索 > 【フロントエンドエンジニア】ソーシャルゲーム開発案件(六本木駅)
-
大変申し訳ございません。
【フロントエンドエンジニア】ソーシャルゲーム開発案件」の
デザイナー求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【フロントエンドエンジニア】ソーシャルゲーム開発案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・ソーシャルゲームのフロントエンドの設計~運用 を行なっていただきます。

必須スキル

・JavaScriptの使用経験2年以上
・HTML、CSSの使用経験2年以上
・デザイン(UI、UXの作成)の経験
・ソーシャルゲームの開発経験
・HTML : 1年以上の実務経験
・JavaScript : 1年以上の実務経験

契約形態

業務委託

単価

~600,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

LISP

業界

人材・教育

職種

アートディレクター

勤務地

港区

最寄駅

六本木駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問(2回)

【STEP4】条件調整、ご参画※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

ソーシャルゲーム開発案件関連のピックアップ用語

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、コンピューターのシステム運用におけるサーバー構築や保守・ソフトウェア設定などを行う職業である。サーバーの種類により、必要スキルが異なるが、セキュリティやLinuxなどのOSの知識は必要不可欠となっている。

・サーバーエンジニアとは
サーバーエンジニアとは、コンピューターシステムにおけるウェブサーバーの構築や、プログラム設定・ネットワークの調整を行う職業である。具体的な仕事内容はサーバの設計・構築・運用が主で、新規プログラム導入時にはネットワーク環境の整備やアクセス制御などインフラ業務も行う。その他、トラブル対応やセキュリティ対策も行い業務範囲は多岐にわたる。また使用するサービスにより、Webサーバー・メールサーバー・データベースサーバー・アプリケーションサーバーなどサーバーの種類がいくつかに分かれており、種類ごとに仕事内容や必要スキルが異なる。
尚、評価される民間資格としてLinux技術者認定やマイクロソフト技術者認定、その他Cisco技術者認定などがあげられる。

・サーバーエンジニアに求められるスキル
サーバーエンジニアとして働くためには、WindowsやLinuxなどのOSの知識以外にネットワークやセキュリティの知識・アプリケーション開発の知識が求められる。また歓迎されるスキルとして、Windowsサーバー構築経験や、PHPやJava・Javascriptなどのプログラミングの能力などがある。

・サーバーエンジニアと汎用系エンジニアの違い
簡単に言うと、取り扱うコンピューターのデータ規模が違うと言える。サーバーエンジニアが、パソコンやサーバなど中小企業のコンピューターシステムの運用においてサーバー機器の構築やプログラム設定を行うのに対し、汎用系エンジニアはIBMや富士通・日立など大規模企業が使用している大量データ用のコンピューターに対し、システム設計やセキュリティ対策を行ったり必要なプログラムを構築させることが仕事となる。

ITIL

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、1980年代における英国政府の活動から生まれ、英国商務局(OGC : Office of Government Commerce)が制定した、コンピュータシステムの管理運用業務に関する体系的な手法をまとめたガイドラインのことである。

ITILとは、Information Technology Infrastructure Libraryの略であり、IT業務における成功事例をフレームワークとしてまとめた書籍のことである。「アイティル」「アイティーアイエル」などと呼ばれ、ITサービスビジネスでデファクトスタンダードの重要な位置付けとして評価されている。
ただし、あくまでITILはIT業界のベストプラクティスをまとめた内容にすぎない。その為、企業が実際にIT運用を行う際にはマニュアルや運用手順が必要となり、企業や組織の特性に合わせてITILの基準を採用することが必要であろう。

実際にITILを活用している環境は下記の通りである。
・ベンダー企業
・ユーザ企業
・BS15000 itSMF
・個人資格 ISEB/EXIN
・所有OGC
・ユーザ団体 itSMF

近年IT業界でITILが広く浸透した背景に、事例内容の質の高さだけでなく資格の普及も見逃せない要因である。
代表的な資格として下記のものがある。
・ITサービスマネジメントファンデーション認定
・ITサービスマネジメントプラクティショナ認定
・ITサービスマネジメントマネージャ認定
これらの試験は、OGCの認定機関で受験することができ、全世界のシステム運用に携わる業界関係者から幅広く支持されている。

尚ITILガイドラインは、OGC(Office of Govermment Commerce)から入手することが可能である。

Seasar

Seasar:シーサー
現在主に3つの意味で使われる。

1. 特定非営利活動法人:Seasarファウンデーションのこと
2. 日本のオープンソース開発プロジェクト:The Seasar Projectのこと
3. The Seasar Projectで開発されているオープンソースのDIコンテナSeasar2のこと

Seasarは、主に「The Seasar Project」や「Seasar2」を指す。「The Seasar Project」とは、Java関連のソフトウェア・メール等を開発している日本のオープンソースのプロジェクトである。「Seasar2」とは、非営利団体「Seasarファウンデーション」が提供するJava言語によるアプリケーションソフト開発のためのフレームワークである。J2EE/Java EEによる大規模な開発を効率的に行なうために開発された。設定ファイルを書く必要がほとんどない上に、ソースコードをアプリケーションサーバの再起動なしで修正し、HOTに認識させることができるといった特長がある。Seasar2の中心になっているAOP対応のDIコンテナのことを「S2container」という。
他にも、AOP機能を提供する「S2AOP」とDIコンテナの「S2Container」を搭載しデータベースアクセスを容易化した「S2Dao」、Strutsフレームワークとの連携を容易化した「S2Struts」、動的なwebページ生成を容易化した「S2JSF」など、関連する様々なソフトウェアやツールが開発・公開されている。また「Seasar.NET」「Seasar.PHP」などのプロジェクトでは、同じ機能をJava以外のプラットフォームにも提供している。
Seasar2は開発に携わっているほとんどが日本人のため、日本での注目度は高い。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

mysqli::use_result()とmysqli::store_result()、2つの違いを説明するとそれぞれ、mysqli_use_result始めから結果を得るもの、mysqli_store_resultは前回のクエリからセット結果を移動するものです。つまり、MySQLにおいて、mysqli::use_result()が行ごとに結果を返すのに対しmysqli::store_result()はサーバ全体より全結果セットを取得することが可能です。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-