フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【ストレージ】既存インフラクラウド移行案件(飯田橋駅)
-
大変申し訳ございません。
【ストレージ】既存インフラクラウド移行案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【ストレージ】既存インフラクラウド移行案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・大規模システム(B2C/B2B/B2B2C)の既存インフラにおける、
 オンプレミス環境からクラウド基盤への移行業務をご担当いただきます。
・ストレージ、NASからのデータファイル移行の移行方針、移行方法、
 および、段階/差分移行計画などの移行設計をご担当いただきます。

必須スキル

・ストレージデータ移行、NAS移行など、
 ファイルデータ移行に対する移行/移行設計経験

契約形態

業務委託

単価

~700,000 円/月

プロジェクト詳細

職種

ネットワークエンジニア
インフラエンジニア

勤務地

千代田区
新宿区

最寄駅

飯田橋駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

備考

スーツ着用が必須の現場です。

※本案件の再配信・媒体への掲載はお控え下さい。
※単価はこれまでの実績です。
※募集状況、市況、応募ご本人のスキル等により単価や契約期間は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

既存インフラクラウド移行案件関連のピックアップ用語

給与システム

給与計算や賞与処理、各種保険や年末調整まで一元化するシステム

給与システムとは月例給与・社会保険・賞与・年末調整など、給与全般を管理するシステムのことである。1つのシステムで複数社のデータをまとめて管理可能なものも存在する。また、システムによっては申請書関連・グループ管理・汎用検索なども行うことができる。
主な機能は、内訳管理・昇給差額精算・ユーザリンク/汎用検索・グループ管理・申請書・セキュリティ機能などに加え、給与オプションシステムとして生損保データ連携・退職金管理・汎用振込・配賦仕分けなどがある。

【内訳管理】
損害保険・生命保険・財形における契約内容の確認。通勤費は定期券期日や通勤ルートの管理にも使用することができる。

【昇給差額計算】
昇給決定の時期と昇給時期が異なる場合に支給差額を自動計算し、調整することが可能。

【ユーザリンク・汎用検索】
全ての項目に加工・検索・抽出などを付加することができる。ExcelやWordと自動連携させ、レポートやグラフの作成が可能なものもある。

【申請書】
被保険者取得/喪失届けや離職証明書など入社・退社時における各種申請書の作成ができる。

検索エンジンで「給与システム」を入力・検索すると「人事給与システム」というパッケージが上位表示され、給与システムだけの検索結果はほぼ表示されない。もともと給与システムと人事システムは別々だったが、給与システムでは給与支給のために社内での所属・等級・住所・家族といった個人情報を必要とする。そのため必然的に個人情報が充実し、「人事システム」として機能するまでになった。

ASP

Application Service Provider。インターネットを利用してビジネス用のアプリケーションソフトウェアの機能を顧客にレンタルするアウトソーシング事業のこと。

ASP(Application Service Provider)とは、インターネットを通じてアプリケーションソフトウェアやサービスをを顧客に提供(レンタル)する事業者のことである。クライアントのインタフェースとしてWebブラウザが使用される場合が多い。ユーザはWebブラウザなどを介してASPが保有するサーバにインストールされたアプリケーションソフトを利用する。
レンタルアプリケーションを利用することで、パソコンに一つ一つのアプリケーションソフトをインストールする必要が無くなる。そのため情報システム部門の負担となっていたアプリケーションのインストール・管理・アップグレードなどにかかる費用や労力を大幅に削減できる。従来はERPなどの大規模な業務システムが対象であったが、近年ではワープロソフト・表計算などの日常でよく使用されるアプリケーションソフトもASPによってレンタルされ始めている。

<ユーザ側におけるメリット>
□端末による制約が比較的少ない
□ソフトウェアのインストール・設定などの作業が不要

<事業者側におけるメリット>
□利用履歴などの情報分析の容易化
□アプリケーション技術の漏洩防止など

要件定義

要件定義とは、情報システムやソフトウェアなどの開発の初期段階に行われ、要求されている機能や、実装されるべき機能などを明確にしていく作業のこと。 

要件定義とは、コンピュータのシステム化を行う際に不可欠な業務内容などの要件を定義したものである。
具体的には、ユーザがシステムを用いて行う必要がある業務を基に、目的実現に向け実装すべき機能を開発者が検討し、要件定義書に記述していく。そして、要件定義書に沿って開発を進める中で利用者に対して要求定義を行い、次工程の設計・実装に役立たせることが必要である。

「要件定義」と「要求定義」は同義語とされる場合もある。それは、要求定義が要件定義の業務内に組み込まれているという判断からである。
しかし実際は、類義語として別々に扱われることがほとんどで、要求定義が変わると要件定義も変更となるケースが多い。両者の違いは下記の通り。

◆「要求定義」
システム利用者の「~がしたい」の希望

◆「要件定義」
システム運用において必要な設計を記載した仕様書
機能・データベースの利用方法などが含まれる

尚、要件定義はシステムに詳しければ行うことができる訳ではなく、必須となる条件がある。
一つ目は、要件定義の場面でアシストの経験がある、または立ち会い経験があることである。
要件定義は、利用者だけでなく開発側にとっても役立つ情報を定義していく必要がある。その為、実際の場面での経験が必須となるのである。
二つ目は、要件定義書を基にしたシステム設計の経験である。理由として、要件定義書はベンダー設計者への指示書となるため、システム設計の経験があれば過剰な設計金額や開発期間の延長など、リスクを回避させることができるからである。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

クラスファイルには、関数が1つだけしか格納されていないことが多くあります。そのクラスを関数の集まりと捉えているなら気をつけていただきたいポイントがあります。クラスは、単純に関数をまとめたものではなく、エンティティやオブジェクトを表示するものです。さらに、付与されたエンティティ内でメソッドやデータをカプセル化して管理しています。これが1クラスに1関数である理由の1つです。また、依存と拡張の高さも伺えます。これは、変数を定義したメソッドの中で、その変数に対して変更があるとバグを起こしてしまう危険性があります。依存の度合いを軽減するためにも、変えるところは変えて依存の文字を頭から排除しましょう。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-