フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【AWS】社内インフラ運用案件(東銀座駅)
-
大変申し訳ございません。
【AWS】社内インフラ運用案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【AWS】社内インフラ運用案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・AWS環境上のサービスにおける運用監視、
 障害対応、データメンテナンスをご担当頂きます。
・CIツールを使用したコードデプロイの自動化にも
 携わっていただきます。

必須スキル

・AWSを利用した実務経験2年以上
・AWS(EC2, S3, CloudFront)の運用経験
・Zabbixでの運用監視経験
・一人称での障害対応経験
・Amazon Linux, Cent OSの構築経験

契約形態

業務委託

単価

~750,000 円/月

プロジェクト詳細

OS

Linux

職種

インフラエンジニア
サーバーエンジニア

勤務地

中央区
港区

最寄駅

東銀座駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

備考

私服可の現場です。

※本案件の再配信・媒体への掲載はお控え下さい。
※単価はこれまでの実績です。
※募集状況、市況、応募ご本人のスキル等により単価や契約期間は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

社内インフラ運用案件関連のピックアップ用語

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、LANケーブルの接続や、ルーターなどの専用機器を通し複数のコンピューターを接続させ情報の行き来ができるようにネットワーク環境を整える職業である。顧客店に対し通信トラブル対応やセキュリティ対策を行うこともある。

・ネットワークエンジニアとは
ネットワークエンジニアとは、LANケーブルの接続や複数のコンピューターをルーターなどの専用機器を通すことでネットワーク環境を整える職業である。仕事内容は複数に分類され、コンピューターシステムの設計・プログラミング・構築・テスト・運用・保守業務などがある。また顧客店に対しネットワークシステムの初期設定やセキュリティ対策を行うことも業務の1つになる。
尚、資格は国家資格のネットワークスペシャリスト試験がある。情報処理技術者試験のスキルレベルが最も高く高度情報処理技術者試験に該当する試験である。

・ネットワークエンジニアに求められるスキル
ネットワーク設計からIPアドレスの振り分け・トラブルシューティングなど各種サーバーにおける基本レベルのOS知識やCiscoルータ・Catalystスイッチに関連する技術力は最低限求められるスキルと言えるだろう。また新規にシステムを構築する場合もあるので、無線LANやルーティング・TCP/IP・スイッチなどのLAN系に関わる技術に加え、アプリケーションレベルのプロトコル知識も必要スキルとなっている。

・ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違い
元々システム管理エンジニアという職業が分離し、ネットワークエンジニアとインフラエンジニアとなった。ネットワークエンジニアがネットワークシステムに必要な設計や構築を行う職業であるのに対し、インフラエンジニアはネットワーク以外のプラットフォームの構築やOSインストール・プログラムセットアップを行う。また近年、インフラエンジニアはプログラミングやコーディングスキルがあると歓迎される傾向となってきている。

ITIL

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、1980年代における英国政府の活動から生まれ、英国商務局(OGC : Office of Government Commerce)が制定した、コンピュータシステムの管理運用業務に関する体系的な手法をまとめたガイドラインのことである。

ITILとは、Information Technology Infrastructure Libraryの略であり、IT業務における成功事例をフレームワークとしてまとめた書籍のことである。「アイティル」「アイティーアイエル」などと呼ばれ、ITサービスビジネスでデファクトスタンダードの重要な位置付けとして評価されている。
ただし、あくまでITILはIT業界のベストプラクティスをまとめた内容にすぎない。その為、企業が実際にIT運用を行う際にはマニュアルや運用手順が必要となり、企業や組織の特性に合わせてITILの基準を採用することが必要であろう。

実際にITILを活用している環境は下記の通りである。
・ベンダー企業
・ユーザ企業
・BS15000 itSMF
・個人資格 ISEB/EXIN
・所有OGC
・ユーザ団体 itSMF

近年IT業界でITILが広く浸透した背景に、事例内容の質の高さだけでなく資格の普及も見逃せない要因である。
代表的な資格として下記のものがある。
・ITサービスマネジメントファンデーション認定
・ITサービスマネジメントプラクティショナ認定
・ITサービスマネジメントマネージャ認定
これらの試験は、OGCの認定機関で受験することができ、全世界のシステム運用に携わる業界関係者から幅広く支持されている。

尚ITILガイドラインは、OGC(Office of Govermment Commerce)から入手することが可能である。

アジャイル開発

agile software development。システム開発方法のひとつ。 

アジャイル(ソフトウェア)開発とは、適応的で迅速にソフトウェア開発を行うことができる軽量な開発手法群のことである。近年ではエクストリーム・プログラミングをはじめとする数多くのアジャイル開発手法が考案されている。
アジャイル開発は開発対象を小さな機能に多数分割し、1つの反復(インテレーション)で分割された機能を1つずつ開発していく反復型開発である。各反復が終了するごとに、新しい機能が追加されたソフトウェアをリリースすることを目指している。反復には、計画・設計・要求分析・実装・テスト・文書化を含み、反復期間はプロジェクト毎で異なり約1週間から4週間程を要する。しかし、計画していた機能の実現が1つの反復期間内に終わらない場合があり、充分に実現できるとは限らない。
アジャイル開発の特徴として、ソフトウェア開発の関係者全員が1ヶ所に集まり開発を行うことと、実際に動作しているソフトウェアが重要なプロジェクトの進行尺度が挙げられる。そのため、プロジェクト関係者同士で必要なとき直接顔を合わせて意思疎通を行うことができる。これらの特徴により、他の開発手法と比べ作成すべき文書量が極端に少なくて済む。しかし、少ない文書は無統制かつ雑な作業であるとして批判材料の1つになってしまっている。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PHPにおいて、MySQLiとそのクエリ、それらに関わるメモリの管理について、例えば、
$results = $db->query($query);
上記のようなコードでは、それまで$resultsに割り当てられていたものは、参照が残っていないためアクセス不可能な状態になります。
この場合、PHPは変数に割り当てられた古いデータを不要であるとマークし、このデータは、メモリを要する際、PHPが都度メモリから削除していきます。
この流れは、一般的なPHPの変数には適用されますが、SQLクエリにおいては、PHPの干渉が少ないドライバーの段階で、一部データが保存されるという可能性はあるでしょう。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-