フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【Java】製造業向け基幹システム開発案件(東京駅)
-
大変申し訳ございません。
【Java】製造業向け基幹システム開発案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【Java】製造業向け基幹システム開発案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/11/14

仕事概要

・製造業向け基幹システムの開発に携わって頂きます。
・詳細設計以降の工程をご担当頂きます。

必須スキル

・Java7、JavaScriptを用いたシステム開発経験
・SQLを用いた開発経験
・詳細設計~テストまでの工程経験
・Java : 実務経験
・JavaScript : 実務経験
・Eclipse : 実務経験
・SQL : 実務経験

契約形態

業務委託

単価

~650,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

Java
JavaScript
SQL
Shell

フレームワーク

AngularJS

勤務地

千代田区
中央区

最寄駅

東京駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

備考

スーツ着用が必須の現場です。

※本案件の再配信・媒体への掲載はお控え下さい。
※単価はこれまでの実績です。
※募集状況、市況、応募ご本人のスキル等により単価や契約期間は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

製造業向け基幹システム開発案件関連のピックアップ用語

APC

Alternative PHP Cacheの略。  PHPの中間コードのキャッシュや最適化を行い、機能を拡張するためのモジュールである。

APC(Alternative PHP Cache)とはPHPアクセラレータの一種で、PECLの拡張モジュールである。実行コードをキャッシュ・最適化する仕組みでフリーかつオープン、さらに堅牢なフレームワークを提供する考えのもと作成されている。
PHPアクセラレータは最適化されたPHPのスクリプトをコンパイルされた状態でデータキャッシュを行い、以降同じデータへのアクセスがあった場合以前のキャッシュを利用しスクリプト実行速度を高速化させるものである。
PECLはC言語で記述されている拡張ライブラリを提供しているサービスの一種で、同じようなサービスにPEARがある。両者は同じサービス内容であるが、PECLはC言語で記述されているため高速に動作する。
PECLの拡張モジュールはPHP内のAPI依存のため、PHPバージョンアップがあった場合再コンパイルが必要となる。
APCにはWebインターフェースのコンソールが用意されており、キャッシュされたファイル一覧やキャッシュの使用率を確認、またキャッシュのクリアが行える。

例としてWordPressを挙げると以下のような結果を得ることができる。
(参照URL:http://www.nire.com/2009/04/wordpress-apc/)
APCを導入した場合、ユーザが体感するものとして管理画面動作の高速化がある。また、ユーザのサイトを閲覧している読者が体感するものとしてリクエストしてから結果が返ってくるまでの時間短縮がある。
「wp-cacheのみ」
通常の結果表示時間から2割ほど早くなる。
「wp-cache+APC」
通常の結果表示時間から5割ほど早くなる。

ウォーターフォール開発

システム開発方法のひとつ。古くからある古典的な方法で、もっともポピュラーな方法であるともいえる。 

ウォーターフォール開発とは、ウォーターフォールモデルを使用したシステム開発のことである。「ウォーターフォール」とは文字通り「滝」を意味する。1970年にW.W.ロイスが発表した論文がモデルとされており、開発が流れ落ちるように進んでいくことからこの名が付けられた。
ウォーターフォールモデルはシステム開発の手順を表すモデルの一つであり、古典的で最もポピュラーな開発モデルである。システム全体を一括管理し、分析・設計・実装・テスト・運用を順番どおりに行う。原則、前工程が完了すると次工程に進むよう設計されている。つまり並行作業を行わないことで前工程の品質を確保し、逆戻りを最小限に抑えているといえる。
ウォーターフォールモデルには「前工程に間違いがないことを期待」しているという問題点が存在する。経験のないプロジェクトにおいて、設計段階になってから要求定義の不備や不足が見つかることは多々あるが、ウォーターフォール開発ではそれを見越していない場合が多い。このため、ウォーターフォール開発では前工程の完了要求の品質向上に努め、逆戻りを出来るだけ起こさないようにしている。
尚、「ウォーターフォールモデルは古く、スパイラルモデルは新しい」といわれることもある。しかしスパイラルモデルのみで大規模な開発行った場合、収束が付かずに破綻するケースがほとんどである。そのため現在でも、古いといわれるウォーターフォールモデルと新しいといわれるスパイラルモデルは組み合わせて用いられることが多い。

メディアレップ

メディアレップとは、広告出稿依頼者と広告媒体者(運営者)の仲介を行いwebサイト・メールマガジン等に広告を掲載する、インターネット広告の一次代理店である。広告出稿依頼者は、直接またはインターネット広告代理店を介してメディアレップに広告枠の買い付けを依頼する。一方、webサイトやメールマガジンの広告媒体者は、広告収入を得るためにメディアレップに広告枠の販売を依頼する。メディアレップは広告媒体者から広告枠・広告主から出稿の案件を預かり、両者にとって最適な条件でマッチングさせる役割を担っている。
「メディアレップ」と「インターネット広告代理店」には違いがある。メディアレップが特定のインターネット広告商品だけを扱うのに対し、インターネット広告代理店は多種多様なインターネット広告商品を取り扱っていることだ。すでに掲載したい広告媒体が決定している場合には、メディアレップに広告出稿を依頼、「どのような媒体に広告を載せるべきか分からない」という(媒体が未決定の)場合には、インターネット広告代理店に依頼すると良い。
メディアレップ・媒体運営者・インターネット広告代理店は、通常一定の利益を分け合うよう取引を行うため、仲介者が増えると共にマージンが加算されるわけではない。そのため、メディアレップに直接依頼しても、インターネット広告代理店を通しても特に変わりない。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

CakePHPでリクエストに対応できるファイルがないURLが送られた場合、裏で何が起こってるかについて調べてみました。
Dispatcherの主なメソッドはパーサのパラメータで、このメソッドはDispatcher::dispach()のあるイベントシステムがトリガーになっており、トリガーされたメソッドの確認を行う必要があるようです。
DispatcherはプレーンURLをパーサするためにルーティングを使ってパラメーターに変換し、パーサされた結果をリクエストされたオブジェクトに追加します。そうすることで、パーサの結果に基づいたコントローラをディスパッチすることができるそうです。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-