フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 金融系顧客向けシステム開発調整業務案件(秋葉原駅)
-
大変申し訳ございません。
金融系顧客向けシステム開発調整業務案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

金融系顧客向けシステム開発調整業務案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/06/29

仕事概要

・実際に手を動かして開発する事はなく、システムの検証や
 不具合の原因調査等の実施に携わっていただきます。
・下記業務をご担当いただきます。
 システム開発案件の管理(ユーザ部門及びベンダーとの調整)
 リリース前の立会い及び本番検証、障害発生時の対応

必須スキル

・Webシステムの基礎知識
・開発工程全般の基礎知識
・下記の経験または知識(1つ以上)
 マネージメント
 クレジット系の業務知識
 英語コミュニケーションスキル

契約形態

業務委託

単価

~650,000 円/月

プロジェクト詳細

業界

金融

職種

インフラエンジニア

勤務地

千代田区
文京区
台東区

最寄駅

秋葉原駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

備考


※本案件の再配信・媒体への掲載はお控え下さい。
※単価はこれまでの実績です。
※募集状況、市況、応募ご本人のスキル等により単価や契約期間は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、ハードウェアのセットアップ、OSのインストール、ユーザー環境の作成、プラットフォームの構築などを行う。HadoopやNoSQLなどのソフトの知識と、プログラミングやコーディングの知識が求められる。

・インフラエンジニアとは
インフラエンジニアは、プラットフォームの構築、ハードウェアのセットアップ、ユーザー環境の作成、OSのインストールなどを行う。また、それらがシステム環境で快適に動くよう検証、実証、テストも行う。
元々はシステム管理エンジニアだったのがネットワークエンジニアとインフラエンジニアに分かれ、ネットワークエンジニアの作業以外を行う人をインフラエンジニアと呼ぶようになった。
インフラエンジニアはプラットフォームを構築する際に、HadoopやNoSQLのMongoDB、GlusterFSなどのソフトウェアを使用する。また、プログラムの変更や調整も行うのため、プログラミングとコーディングの知識も必要となる。


・インフラエンジニアに求められるスキル
インフラエンジニアは、プラットフォームの構築にHadoopやKai、NoSQLのMongoDB、GlusterFSなどを使用するため、それらのソフトの知識・技術と、プログラミングやコーディングの知識が求められる。近年ではOSのインストールやセットアップが不要なクラウド技術が発達してきたため、プログラミングやコーディングの知識を習得していないと仕事を続けることが難しくなる可能性もある。


・インフラエンジニアとサーバーエンジニアの違い
インフラエンジニアは、プラットフォームの構築とOSのインストール、セットアップなどを行う。データに関するソフトウェアであるHadoopやGlusterFS、プログラミング、コーディングの知識が必要とされるデータに特化した職種である。一方、サーバーエンジニアはサーバに特化した職種で、サーバソフトやシステムの設計・運用・構築・保守などを行う。ネットワークやOSに関する知識が求められ、OracleMaster等の資格を持っていると転職時に有利になる。

システムエンジニア(SE)

SE。コンピュータシステムの設計、開発などにおける技術者の1つ。

システムエンジニア(SE)とは、情報処理分野における上流工程や上位的な役割を担うコンピュータ技術者のことである。和製英語であり、英語圏でのSEはソフトウェアエンジニアやソフトウェアデベロッパーを指す。
システムエンジニアはシステム全体の設計とシステムの詳細作成を行う。システムエンジニアが作成した詳細は、仕様書としてプログラマに委ねられる。通常はプログラマが仕様書をもとにコーディングを行うが、企業によってはコーディングまでがシステムエンジニアの仕事となる。
また、システムエンジニアには明確な定義が存在しないため、企業によって担当する分野に差異がある。情報処理システムやソフトウェア開発の要求定義・要求事項の整理や分析・システムの開発や運用・統括するプログラムマネジメント、といった作業を行う者をシステムエンジニアと呼ぶことが多い。各種業務に対する豊富な知識とハードウェア・ソフトウェアについての知識が必要である。

システムエンジニアに必要な資格はないものの、歓迎される資格として以下のようなものがある。
【情報処理技術者】
・ITパスポート試験
・基本/応用/高度情報処理技術者試験
・ネットワークスペシャリスト試験
・システム監査技術者試験
・プロジェクトマネージャ試験 など
【技術士】
・技術士情報工学部門
・技術士経営工学部門
また、上記公的資格以外にも、メーカーやベンダによる多くの民間資格が存在する。

組込(組み込みシステム)

組込(組み込みシステム)とは、家電・産業機器などに内蔵されている、ある目的を実現するための機能を持ったコンピュータシステムのことを指す。

組み込みシステムとは、電子制御が必要不可欠な製品に組み込まれているコンピュータシステムのことである。主に、家電製品・産業用製品・医療機器などに組み込まれている。中でも、携帯電話や自動車など多機能をもつ製品は、複数のハードウェアを組み合わせて開発を行うため大規模組み込みシステムと呼ばれる。

【組み込みシステムの特徴】
・特定の機能実現のため、専用化されたハードウェア・ソフトウェアを用いる
・要求に達したら即座に起動・停止の動作が行われる(高い検知能力)
・誤動作などのトラブルによるダメージが大きい為、非常に高い安全性が求められる
・省エネ・小型・軽量など細かいリソースの制約がある

【汎用システムとの違い】
・必要とされる機能と専用ハードウェアの開発に特化しているため、一製品に充当するコストや資源に厳しい制約がある。
・様々な需要や要求に対応する汎用機器と違い、必要機能と専用ハードウェアの搭載のみが求められ、最低限のメモリと安価なCPUが開発の必須条件となっている。
・開発におけるソフトウェアのテスト工程は、ハード・ソフト共に検証が必要である。

近年、マイクロプロセッサやメモリの安価により、以前より広範囲な製品分野において組み込みシステムが用いられてきている。
身近なもので、コピー機・プリンタ・携帯電話・洗濯機・炊飯器など様々な製品において組み込みシステムが活用されている。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

Zend FrameworkのHTTP Authライブラリにおいて、特殊なstring比較関数の中に、タイミング攻撃に対応するためのコードがあります。
パスワードの正しい長さを把握できるタイミング攻撃を使用すれば、パスワードの長短の判断が容易になります。
インプットごとに時間の違い、各処理に費やす時間を前もって測っておき、攻撃者は入力値を逆にたどることができます。基本的にパスワードが正か不正かを比較するのにかかる時間が違うとすれば、タイミング攻撃を使用し正しいパスワードの文字数を把握することができます。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-