フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【AWS】商用コンテンツ管理システムバージョンアップ移行案件(天王町駅)
-
大変申し訳ございません。
【AWS】商用コンテンツ管理システムバージョンアップ移行案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【AWS】商用コンテンツ管理システムバージョンアップ移行案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/11/14

仕事概要

・AWSクラウド上のCMSのバージョンアップを行っていただきます。
・ミドルのバージョンアップに伴い、
 OSや各種ミドルウェア(Windows,IIS,SQL Server)もバージョンアップを
 行っていただきます。
 それに伴い既存環境からデータの移行も併せて実施していただきます。
・下記業務をご担当いただきます。
 詳細設計(パラメータシート等作成)
 AWS上でのWindowsサーバ構築、ミドルバージョンアップ、データ移行
 テスト仕様書作成及び各種テスト実施

必須スキル

・OSおよびミドルのバージョンアップ経験があること
・AWS/CMS/IIS/SQL Server/MongoDBの基礎知識があること
・顧客コミュニケーションスキルに問題がないこと
・CMS : 実務経験
・IIS : 実務経験
・AWS : 実務経験
・MongoDB : 実務経験
・SQL Server : 実務経験

契約形態

業務委託

単価

~550,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

SQL

データベース

SQL Server
MongoDB

職種

インフラエンジニア
サーバーエンジニア

勤務地

横浜市保土ケ谷区

最寄駅

天王町駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

備考

スーツ着用が必須の現場です。

※本案件の再配信・媒体への掲載はお控え下さい。
※単価はこれまでの実績です。
※募集状況、市況、応募ご本人のスキル等により単価や契約期間は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

商用コンテンツ管理システムバージョンアップ移行案件関連のピックアップ用語

ITIL

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とは、1980年代における英国政府の活動から生まれ、英国商務局(OGC : Office of Government Commerce)が制定した、コンピュータシステムの管理運用業務に関する体系的な手法をまとめたガイドラインのことである。

ITILとは、Information Technology Infrastructure Libraryの略であり、IT業務における成功事例をフレームワークとしてまとめた書籍のことである。「アイティル」「アイティーアイエル」などと呼ばれ、ITサービスビジネスでデファクトスタンダードの重要な位置付けとして評価されている。
ただし、あくまでITILはIT業界のベストプラクティスをまとめた内容にすぎない。その為、企業が実際にIT運用を行う際にはマニュアルや運用手順が必要となり、企業や組織の特性に合わせてITILの基準を採用することが必要であろう。

実際にITILを活用している環境は下記の通りである。
・ベンダー企業
・ユーザ企業
・BS15000 itSMF
・個人資格 ISEB/EXIN
・所有OGC
・ユーザ団体 itSMF

近年IT業界でITILが広く浸透した背景に、事例内容の質の高さだけでなく資格の普及も見逃せない要因である。
代表的な資格として下記のものがある。
・ITサービスマネジメントファンデーション認定
・ITサービスマネジメントプラクティショナ認定
・ITサービスマネジメントマネージャ認定
これらの試験は、OGCの認定機関で受験することができ、全世界のシステム運用に携わる業界関係者から幅広く支持されている。

尚ITILガイドラインは、OGC(Office of Govermment Commerce)から入手することが可能である。

インフラ

基盤、下部構造などの意味を持つ英単語:infrastructure(インフラストラクチャー)の略称
ITでは「システムを動かす為の基盤環境」

インフラとはインフラストラクチャ(infrastructure)の略で、IT業界においてシステムの基盤や、ネットワークを有効に機能させるために必要な設備のことを表す。
本来、インフラは上下水道や道路などの社会基盤を意味するという概念において、インターネットなどのIT環境は近年全世界において社会基盤の1つと言えるだろう。
IT業界の「インフラ系エンジニア」は、ITビジネスの基盤であるネットワークサーバ・セキュリティ・OSなどの設備構築を担う職業である。また、「インフラ業務」はネットワーク構築や運用のことを指すことがほとんどである。
尚、インフラ系エンジニアとして業界で高い評価を得るための資格には以下のものが注目されている。

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)
・CCNA(Cisco Certified Network Associate)
・CCNP(Cisco Certified Network Professional)
・Oracleマスター
・LPIC(Linux技術者認定試験)

これらは、サーバー構築や運用を行う上でシステムやネットワークの管理力や技術力の証明となる資格だと言える。

ネットワーク配信

ネットワーク配信は大きく分けて二つある。一つはインターネット環境を利用して音楽・映像・ゲームの販売やレンタルを行うこと。もう一つはネットワークを媒体とした広告を展開することである。
音楽・映像・ゲームの販売を行うネットワーク配信は「オンライン配信」「ネット配信」「Web配信」「デジタル配信」と呼ばれることがある。スマートフォンの普及に伴い、ネットワーク配信は広く利用されるようになった。
もう一つのインターネットを利用した広告配信は「ネットワーク広告配信」「アドネットワーク広告配信」と呼ばれることもある。広告を設置するWebサイトのジャンルを絞ることでユーザのターゲティングが可能なため、近年多くの企業が利用している。
ネットワークを利用した広告配信の特徴としては、柔軟に広告の差し替えができる・広告による効果をリアルタイムで集計できる・低コストである・宣伝できる範囲が広いといったメリットがある。現在効果的な広告配信の手段として、Cookieのデータを元に傾向を分析した行動ターゲティング広告が多く利用されている。
音楽・映像・ゲーム販売のネットワーク配信によるメリットとして、利用者は自宅にいながら購入できるため、手軽に利用できる点がある。しかしデータ圧縮に伴う音声データの質低下という問題点もあり、ネットワーク配信企業では圧縮に耐える高音質データの開発に力を入れている。また、データの違法コピーも大きな問題となっており、防止策や法整備といった問題点の解消も急務である。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

Apache2.2をリバースプロキシとして、PHPでnginxを設定するWebサイトを見かけることがあります。それは、PHPとApacheからすると、リクエスト全てのIPアドレスはnginxサーバであると考えられます。REMOTE_ADDRをApacheコンフィグファイルに設定することができるとはいえませんが、1つの方法としてmod_rpafといったApacheモジュールを別に有効化したりインストールしたりすることが必要です。また、一定条件をクリアすることで、クライアント側のリモートアドレスを別のApacheモジュールからでも見ることができます。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-