フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【Office 365/SharePoint】社内システム移行支援案件(光が丘駅)
-
大変申し訳ございません。
【Office 365/SharePoint】社内システム移行支援案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【Office 365/SharePoint】社内システム移行支援案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/09/26

仕事概要

・社内システムの移行業務をご担当いただきます。
 (Domino→Office 365/SharePoint)
・現行のDominoアプリからどのような業務を行っているかを分析し、
 SharePointに移行可能かどうかを判定を行っていただきます。
・その他以下業務をご担当いただきます。
 -移行計画作成(SharePoint開発)
 -移行に伴う業務フローおよびシステム見直し検討
 -移行フェーズのPM支援

必須スキル

・SharePoint移行経験
・SharePoint開発経験
・業務フロー分析や新業務フロー構築経験
・SharePoint : 実務経験

契約形態

業務委託

単価

~1,250,000 円/月

プロジェクト詳細

勤務地

最寄駅

光が丘駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

備考

スーツ着用が必須の現場です。

※本案件の再配信・媒体への掲載はお控え下さい。
※単価はこれまでの実績です。
※募集状況、市況、応募ご本人のスキル等により単価や契約期間は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

社内システム移行支援案件関連のピックアップ用語

ゲームディレクター

プロデューサーの決めたことに基づいて実際に指揮を行う人。
(ゲーム運営におけるディレクション業務)

ゲームディレクターとは、ゲーム開発の監督を行う統括責任者のことを言う。指令塔となるため、ゲーム製作におけるほとんどの作業を熟知しておく必要がある。各業務の専門知識が無ければ、しっかりとした指示を出すことができないためである。
ゲーム製作は会社により、規模が様々である。数名程度の小規模な開発もあれば数百人の大規模な開発もある。
ゲーム開発にはゲームディレクターの他に、以下のエンジニア達が関わる。
・ゲームプロデューサー
・ゲームデザイナー
・ゲームプランナー
・ゲームシナリオライター
・グラフィックデザイナー
・サウンドデザイナー
・プログラマ
ゲームディレクターは上記のエンジニア達を束ねて1つの作品を作り上げる。そのため、幅広い専門知識とコミュニケーション能力が重要と言える。
尚、会社によってはゲームディレクターをゲームプロデューサーと呼ぶこともある。本来であれば、ゲームプロデューサーはゲーム制作における予算・スケジュール管理・宣伝といった、マネジメント的な役割を担い、制作には関わらない職種である。しかしゲームディレクターとゲームプロデューサーの区別は不明瞭で、兼任となる場合も多い。また、企業の規模によっては他エンジニアが行う作業を兼任することもある。
ゲームディレクターに必要な資格は無く、多くはゲームデザインやプログラミング専門学校で基礎知識を学ぶ。その後ゲームメーカーに就職して経験を積み、ゲームディレクターとなることが多い。

Model View Controller

Model View Controllerとは、ソフトウェア設計モデルの一つで、MVCと略称されることが多い。元来Model View Controllerは、Smalltalkというオブジェクト指向言語でのGUI設計に用いられた概念だった。近年ではJ2EEなど、エンタープライズシステムの開発などにも応用されている。
MVCモデルは、処理の中核を担う「Model」、処理結果の表示・出力を担う「View」、入力を受け取り内容に応じてModelとViewを制御する「Controller」の3要素に分割してシステムを設計・実装する。

【MVCモデルの特徴】
■機能ごとの分離を明確化することにより、それぞれの独立性が確保される
■開発における分業が容易になり、各機能の専門家は自分の得意分野の実装に専念できる
■コンポーネント間の依存性が最小限に抑えられることにより、互いに仕様変更の影響を受けにくい
■コンポーネントの再利用性が高まる
■複数の担当者が同一のソースに対しメンテナンスを行う事態を回避でき、保守性が確保される。
■自動プログラミングなどにも適している

MVC

MVCとは、ソフトウェアの設計モデルの一つで、アプリケーションをModel(ロジック)・View(出力)・Controller(通信・制御)の3要素に分割して設計、実装する方法。

MVCとは、独自のユーザインターフェース(UI)を持つソフトウェア設計モデルの1つである。処理の中核「Model」、表示・出力「View」、ModelとViewを制御する「Contraller」の3つの要素に分割して設計・実装する技法である。

【Model】
アプリケーションが扱う領域の手続き・データを表現する要素。データの変更をViewに通知する責任もある。
多くのアプリケーションでは、データ格納にデータベースなどの永続的な記憶の仕組みを使用している。
【View】
modelから抽出したデータをユーザに合わせた形で表示する要素で、UIへの出力を担当する。
ウェブアプリケーションであればHTMLを文書化し動的にデータ表示するコードにあたる。
【Controller】
ユーザからの入力に応答・処理する要素で、UIからの入力を担当する。直接的にmodel内部のデータ操作や描画は行わない。

MVCは各モジュールが比較的ハッキリと分かれているため、プログラムの見通しが良くなる。開発業務の分担が容易になり、互いに仕様変更の影響を受けにくくなるという利点がある。また、ユーザインターフェースを別モジュールに変更することが容易という利点もある。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

$strが文字列の場合における”$str[n]”と”$str{n}”の違いについて、特に違いはなく同じ動作をしますが、{}のシンタックスをなくす動きがあることから[]を使った方がいいといわれています。マニュアルによると、文字列は文字の配列として考えられているため、角カッコを使って0から始まるオフセットを指定すると、文字列内の任意の文字にアクセスして修正することが可能であると記されています。複数の文字を取り出しや変更を行う場合は、関数substr()もしくはsubstr_replace()を使うことができるようです。また、$str{42} のように波カッコを使ってのアクセスもできるようです。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-