フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 金融系システム構築案件(雑司が谷駅)
-
大変申し訳ございません。
金融系システム構築案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

金融系システム構築案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/11/14

仕事概要

・金融系のシステム開発を行っていただきます

必須スキル

・Java,COBOL,いずれかを用いた金融系システムの設計、開発経験

契約形態

業務委託

単価

~750,000 円/月

プロジェクト詳細

勤務地

最寄駅

雑司が谷駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

ウォーターフォール開発

システム開発方法のひとつ。古くからある古典的な方法で、もっともポピュラーな方法であるともいえる。 

ウォーターフォール開発とは、ウォーターフォールモデルを使用したシステム開発のことである。「ウォーターフォール」とは文字通り「滝」を意味する。1970年にW.W.ロイスが発表した論文がモデルとされており、開発が流れ落ちるように進んでいくことからこの名が付けられた。
ウォーターフォールモデルはシステム開発の手順を表すモデルの一つであり、古典的で最もポピュラーな開発モデルである。システム全体を一括管理し、分析・設計・実装・テスト・運用を順番どおりに行う。原則、前工程が完了すると次工程に進むよう設計されている。つまり並行作業を行わないことで前工程の品質を確保し、逆戻りを最小限に抑えているといえる。
ウォーターフォールモデルには「前工程に間違いがないことを期待」しているという問題点が存在する。経験のないプロジェクトにおいて、設計段階になってから要求定義の不備や不足が見つかることは多々あるが、ウォーターフォール開発ではそれを見越していない場合が多い。このため、ウォーターフォール開発では前工程の完了要求の品質向上に努め、逆戻りを出来るだけ起こさないようにしている。
尚、「ウォーターフォールモデルは古く、スパイラルモデルは新しい」といわれることもある。しかしスパイラルモデルのみで大規模な開発行った場合、収束が付かずに破綻するケースがほとんどである。そのため現在でも、古いといわれるウォーターフォールモデルと新しいといわれるスパイラルモデルは組み合わせて用いられることが多い。

オープンソース

コンピュータプログラムの内容(ソースコード)が公開されていて見られるもの。
内容を自由に閲覧でき、著作権さえ尊重すれば基本的に無料で使え書き換え自由。

オープンソースとは、ソフトウェアの製作者が著作権を保持したまま、ソフトウェアの設計図であるソースコードを無償で公開し、誰でも自由に改良・再頒布が行える自由を認める概念である。不特定多数の開発者が改良に携わることによりソフトウェアの機能・性能の向上が促進されるという利点がある。この概念に基づいたソフトウェアをOSS(オープンソースソフトウェア)という。改良後のソースコードを公開するなどの一定条件がある場合もある。
オープンソースの概念を推進する組織OSI(Open Source Intiative)では、オープンソースの定義として、
・ソースコードを入手できること
・ソフトウェアを変更・改良して派生物を頒布できること
・自由に再頒布できること
・個人やグループを差別化しないことなど
10項目が定められている。
有名なオープンソースのOSでは「Linux」や、GoogleのオープンソースOS「Google ChromeOS」がある。他にも、開発言語「Java」、オフィスソフト「LibreOffice」、データベース管理システム「PostgreSQL」など、オープンソースが幅広く存在する。
ソースコードさえあれば、そのソフトウェアの類似品の作成や、ソフトウェアで利用されている技術を流用することが容易にできるため、企業などでは自社開発したソフトウェアのソースコードを社外秘とししている。他社に提供する場合には、ライセンス料を受け取ることが多い。

KVS

Key-Value Store (キーバリューストア)
データの管理・保存方法のひとつ。

KVS(Key-Value Store)とは、RDBMSに代わるデータ管理システムで、NoSQLの1つである。連想配列・ハッシュ・辞書といったデータ型の仕組みを管理システムに応用している。RDBMSと比べて段違いに高い性能がある。
KVSは保存したいデータ(Value)に対して一意の標識(Key)を設定し、ValueとKeyをセットで任意の記憶装置などに保管する。データを呼び出す際は、あらかじめ設定しておいたKeyを指定することで利用可能である。保存出来るデータの種類はソフトウェアによって異なり、文字列のみに対応している場合は複雑なデータ形式を一定の手順で文字列に変換する。
KVSには1台で動作するものと、複数台にデータを分散できるものがあり、後記を分散型KVSと呼ぶ。複数台で動作させることにより、容量の拡大、性能・耐故障性の向上が見込める。台数に応じて高い性能を得やすく、これは性能だけでなくスループット・容量についても同じ事が言える。有名な分散型KVSとしてGoogle社のBigtable・Amazon社のDynamo・Oracle社のcoherenceがある。単独のKVSでも複数台にデータ分散できるが限界はあるため、効率的な維持は難しい。

【KVSの特徴】
・RDBMSと比べて桁違いの性能
・台数に応じて得られる優れた拡張性
・複製をいくつかのサーバに作ることで得られる高い耐故障性

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

CakePHPで、ログインしたいページを選択して認証するようなアプリを開発する方法を調べたところ、認証の基礎を作ったあとに自分の認証の要素を生成する必要があるようです。
ユーザーがログインでき、自分のデータの配列を返すことができるようにするのか確認する配列を、コードの中に入れこみます。それから、AppControllerにどのような認証手段を使っているのかを明記します。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-