フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > ビッグデータ分析支援案件(泉岳寺駅)
-
大変申し訳ございません。
ビッグデータ分析支援案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

ビッグデータ分析支援案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・EMS(エネルギーマネジメントシステム)における
ビッグデータ(電力データ)分析を行っていただきます。

必須スキル

・統計解析経験
・データ分析結果からシステム化、自動化を図る経験

契約形態

業務委託、 派遣

単価

~648,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

R言語

職種

データサイエンティスト

勤務地

港区
品川区

最寄駅

泉岳寺駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

クリエイター

Webクリエイターとは、Webサイト構築に関わる全ての役割を担う職業である。具体的にはWebデザイナー・プログラマー・コーダー・Webディレクターなどの職業が含まれる。

・Webクリエイターとは
Webクリエイターとは、ページをデザインするWebデザイナーやプログラミングをするプログラマー・サイト統括を行うディレクターなどの業務を含め、Webサイト作成において広範囲の技術を担う職業である。具体的には、PhotoshopやIllustrator・Dreamweaverなどの画像編集ソフトを使った魅力的なページデザインや、HTMLやCSSを使いサイト全体を見やすくレイアウトするコーディング作業、クライアントとの打ち合わせやサイトコンテンツ・デザインの企画を含め全体の進行管理を行うディレクションなどの業務がある。クライアントの要望に叶ったウェブサイト構築ができるかどうかは、Webクリエイターのデザイン力とプログラミング力、企画・統括力にかかっていると言えるだろう。
尚、Webクリエイターの資格には、サーティファイWeb利用・技術認定委員会主催の「Webクリエイター能力認定試験」と、財団法人全日本情報学習振興協会主催の「Webクリエイター試験」の二つがある。

・Webクリエイターに求められるスキル
HTMLやCSSファイルへのコーディング・基本的なデザイン技術は必須スキルとなる。デザインの画像加工を行う場合には、PhotoshopやIllustrator・Dreamweaverなど制作用ソフトの操作経験も重視されるだろう。そのほか近年では、いかにユーザーに有益な情報提供をしているかという中身の重要性と共に、アクセシビリティに対応したサイト制作になっているかという点もWebクリエイターに要求されてきている。

・Webクリエイターとアートディレクターの違い
Webクリエイターはホームページ・Webサイト上で、デザインやレイアウトなどサイト構築をする職業であるのに対し、アートディレクターは、印刷物のデザイン・レイアウトや映画やテレビにおける美術監督など、広告ビジネスにおいて作業の全工程を統括する職業である。役割が広範囲という点では類似していますが、活躍の場がWeb上か紙面・メディアかといったことが大きな違いとなる。

保守

システムの正常な状態を保つために、広く整備や修理、点検といった作業を行うこと。 

保守とは、ソフトウェアを改良・改修・最適化していくと同時に、バグの修正や効率の良いコードへの書換え、性能の向上などを行うプロセスを意味する。この工程では実際の使用時に発見されたバグや問題点の修正とあわせて、可用性やユーザビリティを改善するための機能改善も行う。
ソフトウェア保守は製品のライフサイクルにおいて重要なプロセスの一部である。プロセスはJIS X 0160(ソフトウェア・ライフサイクル・プロセス)のJIS X 0160 :2008(ソフトウェア・ライフ・サイクル-保守)で詳細が規定されている。これは構造化プログラミング運動が盛んだったころに開発されたウォーターフォールモデルで明確な工程として考慮されるようになった。
ソフトウェアは何かしらの欠陥やバグを持ったままリリースされることがある。それは欠陥の影響よりも、欠陥以上の価値を生み出すことができるソフトウェアだと判断された場合に限る。既知の問題点においてはリリースノートなどに文書化され、それによってユーザは解決策や適した使用法を知ることができるように対処が行われている。
ソフトウェアには開発の段階で発見できないバグや問題点もあり、リリース後にユーザが発見する場合がある。その問題は開発組織に報告され、その後ソフトウェア保守の担当者たちが問題解決に取り掛かる。対処が行われたソフトウェアは「パッチ修正プログラム」や「マイナーチェンジ」といった形でリリースされる。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、ハードウェアのセットアップ、OSのインストール、ユーザー環境の作成、プラットフォームの構築などを行う。HadoopやNoSQLなどのソフトの知識と、プログラミングやコーディングの知識が求められる。

・インフラエンジニアとは
インフラエンジニアは、プラットフォームの構築、ハードウェアのセットアップ、ユーザー環境の作成、OSのインストールなどを行う。また、それらがシステム環境で快適に動くよう検証、実証、テストも行う。
元々はシステム管理エンジニアだったのがネットワークエンジニアとインフラエンジニアに分かれ、ネットワークエンジニアの作業以外を行う人をインフラエンジニアと呼ぶようになった。
インフラエンジニアはプラットフォームを構築する際に、HadoopやNoSQLのMongoDB、GlusterFSなどのソフトウェアを使用する。また、プログラムの変更や調整も行うのため、プログラミングとコーディングの知識も必要となる。


・インフラエンジニアに求められるスキル
インフラエンジニアは、プラットフォームの構築にHadoopやKai、NoSQLのMongoDB、GlusterFSなどを使用するため、それらのソフトの知識・技術と、プログラミングやコーディングの知識が求められる。近年ではOSのインストールやセットアップが不要なクラウド技術が発達してきたため、プログラミングやコーディングの知識を習得していないと仕事を続けることが難しくなる可能性もある。


・インフラエンジニアとサーバーエンジニアの違い
インフラエンジニアは、プラットフォームの構築とOSのインストール、セットアップなどを行う。データに関するソフトウェアであるHadoopやGlusterFS、プログラミング、コーディングの知識が必要とされるデータに特化した職種である。一方、サーバーエンジニアはサーバに特化した職種で、サーバソフトやシステムの設計・運用・構築・保守などを行う。ネットワークやOSに関する知識が求められ、OracleMaster等の資格を持っていると転職時に有利になる。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

インタプリタ言語(PHP+Node.js)で大きな整数を扱った演算処理で精度の高い計算我出来ないという場合、
使用している言語がインタプリタである事が原因なのか、他のインタプリタ言語(Python や ruby)ならば発生しないのかと思い調べたことがあります。
Pythonのintは自動的にPython longに変換され任意精度演算をサポート、32または64bitプラットフォームで正しい答えを計算します。
PHPで誤った値が出るのは、PHPは値が2**32-1よりも大きくなる場合、浮動小数点をプロモートしてしまうからです。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-