フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > BtoC向けコンテンツサイトコーディング案件(内幸町駅)
-
大変申し訳ございません。
BtoC向けコンテンツサイトコーディング案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

BtoC向けコンテンツサイトコーディング案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・主軸事業であるコンテンツマーケティング事業において
 クライアントのサイト制作(主にブログを予定)を
 ご担当いただきます。
・自社運営サイト、新規のプラットフォーム開発プロジェクトに
 業務がまたがる可能性があります。
・レスポンシブデザインの観点から作業いただく案件の
 ご担当になる可能性があります。

必須スキル

・HTML,CSS,Fireworksいずれかを用いた
 サイトコーディング経験

契約形態

業務委託

単価

~550,000 円/月

プロジェクト詳細

勤務地

千代田区
中央区
港区

最寄駅

内幸町駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

メディアレップ

メディアレップとは、広告出稿依頼者と広告媒体者(運営者)の仲介を行いwebサイト・メールマガジン等に広告を掲載する、インターネット広告の一次代理店である。広告出稿依頼者は、直接またはインターネット広告代理店を介してメディアレップに広告枠の買い付けを依頼する。一方、webサイトやメールマガジンの広告媒体者は、広告収入を得るためにメディアレップに広告枠の販売を依頼する。メディアレップは広告媒体者から広告枠・広告主から出稿の案件を預かり、両者にとって最適な条件でマッチングさせる役割を担っている。
「メディアレップ」と「インターネット広告代理店」には違いがある。メディアレップが特定のインターネット広告商品だけを扱うのに対し、インターネット広告代理店は多種多様なインターネット広告商品を取り扱っていることだ。すでに掲載したい広告媒体が決定している場合には、メディアレップに広告出稿を依頼、「どのような媒体に広告を載せるべきか分からない」という(媒体が未決定の)場合には、インターネット広告代理店に依頼すると良い。
メディアレップ・媒体運営者・インターネット広告代理店は、通常一定の利益を分け合うよう取引を行うため、仲介者が増えると共にマージンが加算されるわけではない。そのため、メディアレップに直接依頼しても、インターネット広告代理店を通しても特に変わりない。

API

アプリケーションプログラミングインターフェース (API、英: Application Programming Interface)ソフトウェアからOSの機能を利用するための仕様、またはインターフェースのこと。

API(Application Program Interface)とは、プラットフォーム向けのソフトウェア開発の際使用可能な、関数や命令の集合体であるインターフェースのことである。APIを利用することによってプログラムの手間を省き、簡潔にプログラミングが行えるように設定されている。
アプリケーションから利用できるライブラリ機能などの入り口となるもので、ウィンドウ制御・ファイル制御・文字制御・画像処理のための関数として提供される。
APIはソースコードをベースとしており、様々な形態が存在する。MicrosoftのWindows APIのようなベンダー文書、POSIXのような国際規格、プログラミング言語のライブラリなどがあり、またデータ構造・変数・オブジェクトクラス・サブルーチンなどの仕様が含まれている。
APIを使用することでコンピューターソフトウェアが他ソフトと広義の意味で相互通信を行うことができるようになる。他にも、人間寄りのプログラミング言語を使用する高レベルソフトウェアと機械寄りのプログラミング言語を使用する低レベルソフトウェア間の関係を抽象化することも可能である。

スパイラル開発

システム開発方法のひとつ。設計とプロトタイピングを繰り返して行う手法。 

スパイラル開発とは、スパイラルモデルでのソフトウェア開発のことである。ユーザからのフィードバックなどに対してインターフェースの検討や改善・精査を行い、設計・実装を繰り返しながら完成させていく反復型開発モデルである。反復型開発モデルはスパイラルモデルよりも前に既に存在していたが、あまり普及していなかった。しかし、1988年に「A Spiral Model of Software Development and Enhancement」という記事でバリー・ベームが反復の重要性を提唱し、反復型開発モデルの利用は多くなった。
仕様の再設計や修正を考慮しているモデルのため、ウォーターフォールモデルと比較して顧客の要求に近いものを作ることができるという特徴がある。しかし、プロトタイプの作成に時間がかかるため開発効率が低いことと、プロトタイプを最終実装に格上げすることが難しいといわれている。
スパイラル開発は大規模プロジェクトで利用される割合が高く、一例としてアメリカ軍の「Future Combat Systems」の開発などがある。

【ウォーターフォールモデルと比較した利点】
・プログラムの規模が把握しやすい
・スケジュール管理がしやすい
・要求仕様などの変更に対処しやすい
・設計工程期間の変動による実装期間への影響が少ない

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

異なる2つのサイト上に置いたphpファイルを利用したい場合、基本的にPHP5.2以上であれば、hoge.phpからtest.phpをincludeすることはできます。利用したい場合は、php.iniファイルのallow_url_includeをOnに設定してから使用してください。ただし、外部のファイルをincludeするだけで動いてしまうので、安全性の点で問題があり、デフォルトでは許可されていないということに留意しておいてください。リモートファイルを読み込みたいのであれば、代わりにPHPのfile_get_contents()関数を使うことができます。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-