フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 小売業オムニチャネル戦略案件(幕張駅)
-
大変申し訳ございません。
小売業オムニチャネル戦略案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

小売業オムニチャネル戦略案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・小売業のオムニチャネル戦略立案にあたって
IT、インフラの現状調査やIF定義等をして頂きます。

必須スキル

・大手コンサルティングファームでのコンサルティング経験

契約形態

業務委託

単価

~1,150,000 円/月

プロジェクト詳細

業界


勤務地

最寄駅

幕張駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (2回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

要件定義

要件定義とは、情報システムやソフトウェアなどの開発の初期段階に行われ、要求されている機能や、実装されるべき機能などを明確にしていく作業のこと。 

要件定義とは、コンピュータのシステム化を行う際に不可欠な業務内容などの要件を定義したものである。
具体的には、ユーザがシステムを用いて行う必要がある業務を基に、目的実現に向け実装すべき機能を開発者が検討し、要件定義書に記述していく。そして、要件定義書に沿って開発を進める中で利用者に対して要求定義を行い、次工程の設計・実装に役立たせることが必要である。

「要件定義」と「要求定義」は同義語とされる場合もある。それは、要求定義が要件定義の業務内に組み込まれているという判断からである。
しかし実際は、類義語として別々に扱われることがほとんどで、要求定義が変わると要件定義も変更となるケースが多い。両者の違いは下記の通り。

◆「要求定義」
システム利用者の「~がしたい」の希望

◆「要件定義」
システム運用において必要な設計を記載した仕様書
機能・データベースの利用方法などが含まれる

尚、要件定義はシステムに詳しければ行うことができる訳ではなく、必須となる条件がある。
一つ目は、要件定義の場面でアシストの経験がある、または立ち会い経験があることである。
要件定義は、利用者だけでなく開発側にとっても役立つ情報を定義していく必要がある。その為、実際の場面での経験が必須となるのである。
二つ目は、要件定義書を基にしたシステム設計の経験である。理由として、要件定義書はベンダー設計者への指示書となるため、システム設計の経験があれば過剰な設計金額や開発期間の延長など、リスクを回避させることができるからである。

システム運用

システム運用とは、業務が円滑に進められるようシステムの状態維持や管理をすることである。

システム運用とは、業務を円滑に行うため、システムを常に安定させて運用することである。具体的には、サービスを提供中のシステムが停止しないように稼動させることや、障害が発生した場合の迅速な対処などの維持管理を行うことである。
サービス提供会社によっては、システム運用を専門的に行う会社へ業務委託(アウトソーシング)する場合もある。

【システム運用の業務例】
■保守・運用
・障害発生・障害兆候・不正使用の有無などを定期的に確認・監査を行う
・メーカーが提供する障害対策パッチ情報などの確認を行い、システムへ適用する定例保守作業
・蓄積される業務データなどを障害時に復旧させることができるようバックアップの取得
・データ保管を行うためのバックアップ作業など

■障害対応
・障害時に速やかに検知するためのシステムを組み込み、監視・運用
・障害箇所の調査を特定し、サービス復旧のために作業を行う

システム運用を行う上で、他人の開発したアプリケーションや他のプラットホームに対応できないといった問題が生じる。そのため、「知識・ノウハウの共有」がシステム運用保守における最大の課題とも言えるだろう。

Model View Controller

Model View Controllerとは、ソフトウェア設計モデルの一つで、MVCと略称されることが多い。元来Model View Controllerは、Smalltalkというオブジェクト指向言語でのGUI設計に用いられた概念だった。近年ではJ2EEなど、エンタープライズシステムの開発などにも応用されている。
MVCモデルは、処理の中核を担う「Model」、処理結果の表示・出力を担う「View」、入力を受け取り内容に応じてModelとViewを制御する「Controller」の3要素に分割してシステムを設計・実装する。

【MVCモデルの特徴】
■機能ごとの分離を明確化することにより、それぞれの独立性が確保される
■開発における分業が容易になり、各機能の専門家は自分の得意分野の実装に専念できる
■コンポーネント間の依存性が最小限に抑えられることにより、互いに仕様変更の影響を受けにくい
■コンポーネントの再利用性が高まる
■複数の担当者が同一のソースに対しメンテナンスを行う事態を回避でき、保守性が確保される。
■自動プログラミングなどにも適している

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PHPでファイルのチェック作業を行うやり方として推奨されているのは”is_uploaded_file()”もしくは”move_uploaded_file()”ですが、これらの方法はファイルを一度アップロードする必要があります。アップロードせずにファイルのチェックを行う方法は、”mine_content_type”もしくは”Fileinfo”を使う方法があります。これらはファイルの中身を調べ、種類を決定します。私個人は”system("file -bi $uploadedfile")”を使ったことがあります。これが一番最良とは言いがたいですが、試してみる価値はあると思います。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-