フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【PMO】社内管理システム構築案件(東京駅)
-
大変申し訳ございません。
【PMO】社内管理システム構築案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【PMO】社内管理システム構築案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/11/14

仕事概要

・大手メディア企業にて、申込み/顧客管理システム構築や、
 営業支援関連のシステム再構築/BPRなど、
 プロジェクト管理スキームの定義及び運営の主担当をお願いします。
・主な業務としては、各種計画書やフロー、ルールなどの作成、
 進捗や課題管理、各種会議体運営、アドミン業務などになります。

必須スキル

・他部署や社外間との調整業務経験
・進行管理経験
・打ち合わせに必要な各種資料作成経験(Excel、Word、Powerpoint)
 ※Excelはマクロ知識も必要となります。
・PMO経験

契約形態

業務委託

単価

~900,000 円/月

プロジェクト詳細

職位

PMO

勤務地

千代田区
中央区

最寄駅

東京駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

社内管理システム構築案件関連のピックアップ用語

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

要件定義

要件定義とは、情報システムやソフトウェアなどの開発の初期段階に行われ、要求されている機能や、実装されるべき機能などを明確にしていく作業のこと。 

要件定義とは、コンピュータのシステム化を行う際に不可欠な業務内容などの要件を定義したものである。
具体的には、ユーザがシステムを用いて行う必要がある業務を基に、目的実現に向け実装すべき機能を開発者が検討し、要件定義書に記述していく。そして、要件定義書に沿って開発を進める中で利用者に対して要求定義を行い、次工程の設計・実装に役立たせることが必要である。

「要件定義」と「要求定義」は同義語とされる場合もある。それは、要求定義が要件定義の業務内に組み込まれているという判断からである。
しかし実際は、類義語として別々に扱われることがほとんどで、要求定義が変わると要件定義も変更となるケースが多い。両者の違いは下記の通り。

◆「要求定義」
システム利用者の「~がしたい」の希望

◆「要件定義」
システム運用において必要な設計を記載した仕様書
機能・データベースの利用方法などが含まれる

尚、要件定義はシステムに詳しければ行うことができる訳ではなく、必須となる条件がある。
一つ目は、要件定義の場面でアシストの経験がある、または立ち会い経験があることである。
要件定義は、利用者だけでなく開発側にとっても役立つ情報を定義していく必要がある。その為、実際の場面での経験が必須となるのである。
二つ目は、要件定義書を基にしたシステム設計の経験である。理由として、要件定義書はベンダー設計者への指示書となるため、システム設計の経験があれば過剰な設計金額や開発期間の延長など、リスクを回避させることができるからである。

Photoshop

Adobe Photoshop, アドビフォトショップ。Adobe Systems(アドビシステムズ)が販売しているデジタル画像編集ソフトウェアの名称。フォトレタッチを代表するソフト。

PhotoshopとはAdobe Systems社が開発・販売している画像編集ソフトウェアである。プロ向け画像編集ソフトの定番として、画像の合成・加工・補正を目的としたDTPやWeb業界で必須のツールとなっている。
Photoshopでは、画像の各要素を「レイヤー」と呼ばれるセル画シートのようなもので分割し、それらを重ね合わせる構造で画像編集作業を効率的にしている。
標準画像ファイルフォーマットはPSD形式である。PSD形式ではパス・レイヤー・著作権情報・印刷情報などを付加して保存可能である。また多くの保存形式に対応しており、ベクターイメージも扱うことができる。
Adobe社の画像編集ソフトには他に「Illustrator」「InDesign」などがあり、それらのソフトとはシームレスな連携が図られている。
CS4からはWindows版に64bit版が投入され、メモリの容量からくる制約が軽減されている。Macintosh版ではCS5から64bitに対応している。
Photoshopのシリーズには、一般ユーザの愛用者向けに機能を制限した「Photoshop Elements」という廉価版や、オンラインサービスでFlashベースの「Adobe Photoshop Express」、動画ファイル・3次元コンピュータグラフィックスの編集機能が追加された「Photoshop Extended」なども提供されている。
Photoshopは今後、これまでの販売形態をCS6で終了し、以降Adobe Creative Cloudに移行する予定である。

その他の情報

プログラミング言語の案件をご覧の皆様

フリーランスのITエンジニアやWebデザイナーのための案件紹介サイト【@Agent】。
東京のほか、首都圏内のプログラミング言語エンジニアの案件情報を多数扱っています。

【@Agent】は以下の3つのポイントで、多くのエンジニアの支持を集めています。
1.フリーランスがはじめての方でも大丈夫!万全の体制であなたをサポートします。
2.登録はもちろん、ご登録後もずっと無料!案件参画への対策はもちろん、参画中のサポートまでずっと無料でご利用いただけます!
3.最新情報を熟知したコーディネーターが、あなたの魅力を最大限に引き出します!

このページでは、東京のプログラミング言語エンジニアの案件情報を紹介しています。
プログラミング言語スキルを持つエンジニアは、を中心にさまざまな業界で求められています。
他社でプログラミング言語の使用実績があるエンジニアの方必見!!の案件情報を豊富に揃えています。
東京のでのプログラミング言語エンジニア案件情報だけでなく、千代田区周辺でのプログラミング言語の案件情報も多数ございます。詳しいプログラミング言語の案件情報をお探しの方、担当コーディネーターへお問い合わせください。

フリーランスとして活躍する場合、納税や確定申告などの経理も自分で行わなくてはいけません。【@Agent】は、フリーランスのエンジニアの方に安心して本業に専念していただきたいという想いから、通常の半額のお値段で税理士の紹介を行っています。また、ご登録後参画された方は、参画者優待サービスをご利用いただける特典もあります。気になったエンジニアの方、まずはお気軽に無料登録してみませんか?

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PHPのエラー処理で die() と exit() はリリースするコードで使用すべきではありません。
アプリケーション失敗が想定できる場合は例外を投げる方法が一般的です。
trigger_error()はレポートを細粒化でき、致命的でないメッセージをカスタムのエラーハンドラー非表示にでき、致命的エラーも作成可能ですが修復できません。set_error_handler()は、テスト中にエラーを表示させ、エンドユーザーには見えないようにできます。
実際の使用例ですと、gather_data()は前のINSERTステートメントがデータベースに入る可能性があり、次の処理をハンドリング出来ない等があります。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-