フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > ソーシャルゲームデバッグ案件(渋谷駅)
-
大変申し訳ございません。
ソーシャルゲームデバッグ案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

ソーシャルゲームデバッグ案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・主にデバッグ業務をお任せいたします。
・自社タイトルゲームをリリース前にプレイしていただき、
 不具合を探したり、ゲームバランスについて意見交換していただきます。
・質の良いゲーム運営のために、開発メンバーと密に連携を取っていただきます。

▼主な業務▼
・テスト項目書の作成
・テスト項目書に沿った動作チェック
・バグ報告レポートの作成
・修正されたバグの再チェック

必須スキル

・スマートフォンアプリのデバッガー経験がある方
・豊富なゲームプレイ経験を持ち、論拠のある意見がもてること
・Excelでの資料作成経験
※COUNTIF、IF、SUMの使用経験
・PCを使用して業務を行った経験のある方
・スマートフォンゲームに興味のある方、好きな方

契約形態

業務委託

単価

~300,000 円/月

プロジェクト詳細

勤務地

港区
渋谷区

最寄駅

渋谷駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

要件定義

要件定義とは、情報システムやソフトウェアなどの開発の初期段階に行われ、要求されている機能や、実装されるべき機能などを明確にしていく作業のこと。 

要件定義とは、コンピュータのシステム化を行う際に不可欠な業務内容などの要件を定義したものである。
具体的には、ユーザがシステムを用いて行う必要がある業務を基に、目的実現に向け実装すべき機能を開発者が検討し、要件定義書に記述していく。そして、要件定義書に沿って開発を進める中で利用者に対して要求定義を行い、次工程の設計・実装に役立たせることが必要である。

「要件定義」と「要求定義」は同義語とされる場合もある。それは、要求定義が要件定義の業務内に組み込まれているという判断からである。
しかし実際は、類義語として別々に扱われることがほとんどで、要求定義が変わると要件定義も変更となるケースが多い。両者の違いは下記の通り。

◆「要求定義」
システム利用者の「~がしたい」の希望

◆「要件定義」
システム運用において必要な設計を記載した仕様書
機能・データベースの利用方法などが含まれる

尚、要件定義はシステムに詳しければ行うことができる訳ではなく、必須となる条件がある。
一つ目は、要件定義の場面でアシストの経験がある、または立ち会い経験があることである。
要件定義は、利用者だけでなく開発側にとっても役立つ情報を定義していく必要がある。その為、実際の場面での経験が必須となるのである。
二つ目は、要件定義書を基にしたシステム設計の経験である。理由として、要件定義書はベンダー設計者への指示書となるため、システム設計の経験があれば過剰な設計金額や開発期間の延長など、リスクを回避させることができるからである。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、LANケーブルの接続や、ルーターなどの専用機器を通し複数のコンピューターを接続させ情報の行き来ができるようにネットワーク環境を整える職業である。顧客店に対し通信トラブル対応やセキュリティ対策を行うこともある。

・ネットワークエンジニアとは
ネットワークエンジニアとは、LANケーブルの接続や複数のコンピューターをルーターなどの専用機器を通すことでネットワーク環境を整える職業である。仕事内容は複数に分類され、コンピューターシステムの設計・プログラミング・構築・テスト・運用・保守業務などがある。また顧客店に対しネットワークシステムの初期設定やセキュリティ対策を行うことも業務の1つになる。
尚、資格は国家資格のネットワークスペシャリスト試験がある。情報処理技術者試験のスキルレベルが最も高く高度情報処理技術者試験に該当する試験である。

・ネットワークエンジニアに求められるスキル
ネットワーク設計からIPアドレスの振り分け・トラブルシューティングなど各種サーバーにおける基本レベルのOS知識やCiscoルータ・Catalystスイッチに関連する技術力は最低限求められるスキルと言えるだろう。また新規にシステムを構築する場合もあるので、無線LANやルーティング・TCP/IP・スイッチなどのLAN系に関わる技術に加え、アプリケーションレベルのプロトコル知識も必要スキルとなっている。

・ネットワークエンジニアとインフラエンジニアの違い
元々システム管理エンジニアという職業が分離し、ネットワークエンジニアとインフラエンジニアとなった。ネットワークエンジニアがネットワークシステムに必要な設計や構築を行う職業であるのに対し、インフラエンジニアはネットワーク以外のプラットフォームの構築やOSインストール・プログラムセットアップを行う。また近年、インフラエンジニアはプログラミングやコーディングスキルがあると歓迎される傾向となってきている。

オプトイン

オプトインとは、英語で「選択」といいう意味である。
具体的には、企業がユーザーに対し商品宣伝や情報をメールで配信する場合に、事前にユーザーが承諾を示すこと言う。そして、ユーザーから配信を希望・許諾されたメールのことを、オプトインメールと呼ぶ。このように、能動的に受信を許可したユーザーに対してのみメールを送ることが、本来DMを配信する企業のルールであろう。しかし、現状はユーザーからの承諾なしにオプトアウトメール(俗に勝手に送りつける迷惑メール)を送る企業が後を絶たない。
そこで、新たに適用されたのが「オプトイン規制」である。この規制は、企業からの広告やDMの受信拒否をしたユーザーへ、電子メール等を送信しないという従来のオプトアウト規制を見直したものである。改正されたポイントとして、DMを送る際にユーザーから送信依頼や承諾を受けることを義務付けるという点、以前は対象外であった携帯電話のSMSが新たに規制対象となった点が挙げられる。

また、オプトインの概念から生まれた仕組みに、「ダブルオプトイン」がある。これはユーザーが登録した後に、再度同意を求めるために利用規約の同意ボタンを押させることなど、意思確認を二重で行うものである。イタズラ目的の登録を防ぐことや、個人情報保護のためにも有効な仕組みとしても用いられている。
その他、オプトインはアフィリエイとでも活用されている。ネット上で無料の情報商材を紹介し、閲覧するために登録してもらったメールアドレスを元に有料商品の宣伝告知メールを配信するシステムである。このように情報商材の紹介により報酬を得る仕組みをオプトインアフィリエイトと呼ぶ。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PHPでインクルードする場合、そのコードはインクルード先のファイル中の一部として存在しているかのように処理されます。
例えば、hoge.incファイルで変数を設定しindex.phpにhoge.incとfuga.incどちらもインクルードしている場合、変数はindex.phpにhoge.incがインクルードされた後ではどこでも出力可能となります。echoをインクルードするファイル中に記述し、参照先の変数がそのファイル内で定義されていない場合、他のインクルードされるファイルと違った処理が行われるので、結果は返されなくなります。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-