フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【自社ソーシャルゲーム】カスタマーサポート案件(都庁前駅)
-
大変申し訳ございません。
【自社ソーシャルゲーム】カスタマーサポート案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【自社ソーシャルゲーム】カスタマーサポート案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/06/29

仕事概要

・自社運営ゲームサービスのカスタマーサポートをお任せ致します。
・サービス側と、一次対応を行なう担当者との橋渡し役となります。
・主にメール、チャット、電話を使用して対応を進めて頂きます。
・メールサポートに伴うユーザーデータの調査対応をお任せすることもございます。

必須スキル

・ゲーム企業のカスタマーサポート経験
・PCの基礎知識

契約形態

業務委託

単価

~350,000 円/月

プロジェクト詳細

業界

ゲーム

勤務地

新宿区
渋谷区

最寄駅

都庁前駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

カスタマーサポート案件関連のピックアップ用語

データベースエンジニア

データベースエンジニアはデータ管理・データベースの設計・構築を行う。その他にも不正アクセス、SQLなどの言語、チューニングなどの知識と技術が必要とされる職業である。データベーススペシャリストやOracle Masterの資格がある。

・データベースエンジニアとは
データベースエンジニアには、アプリ開発などのプロジェクト、コンサルタント、運用、サポートなど様々な職種がある。
主にデータベースを管理し、データを効率よく管理・検索できるように設計・構築を行う。また、不正アクセスや不正データなど、システムのセキュリティ対策、多量な同時アクセスの負荷分散など、多方面に考慮したデータベースの構築を行わなければならないため、レベルの高いパソコンスキルと知識が必要となる。また、SQLなどのリレーショナルデータベース操作を行うための言語も習得しておく必要がある。
通常、プログラマやシステムエンジニアの実務経験を積んでからデータベースエンジニアにスキルアップするのが一般的である。


・データベースエンジニアに求められるスキル
データベースエンジニアはデータに関する知識のみではなく、SQLなどの言語、セキュリティ、使用ソフトの知識と技術など多方面の知識が必要となる。
取得できる資格がいくつかあり、試験制度はスキルレベル4に相当する高度情報処理技術者試験のデータベーススペシャリスト試験、業界で高い需要を誇る民間資格のOracle Masterなどがある。このOracle Masterの資格は、取得しておくと転職時に有利になる。


・データベースエンジニアとSAPコンサルタントの違い
データベースエンジニアはデータに関する職業ですが、データに関する知識だけでなく不正アクセス、ウィルスなどのセキュリティ、負荷の分散など様々な知識が必要である。SAPコンサルタントは、ソリューション、デベロップメント、テクノロジ、SAP Business、SAP Assosiateの5つに分けられる。SAPシステムの資格で、システムを熟知していなければならず、どれも独学での取得は困難になっている。SAPが開催しているカリキュラムや企業向け講習を受けることで資格取得が可能となる。

要件定義

要件定義とは、情報システムやソフトウェアなどの開発の初期段階に行われ、要求されている機能や、実装されるべき機能などを明確にしていく作業のこと。 

要件定義とは、コンピュータのシステム化を行う際に不可欠な業務内容などの要件を定義したものである。
具体的には、ユーザがシステムを用いて行う必要がある業務を基に、目的実現に向け実装すべき機能を開発者が検討し、要件定義書に記述していく。そして、要件定義書に沿って開発を進める中で利用者に対して要求定義を行い、次工程の設計・実装に役立たせることが必要である。

「要件定義」と「要求定義」は同義語とされる場合もある。それは、要求定義が要件定義の業務内に組み込まれているという判断からである。
しかし実際は、類義語として別々に扱われることがほとんどで、要求定義が変わると要件定義も変更となるケースが多い。両者の違いは下記の通り。

◆「要求定義」
システム利用者の「~がしたい」の希望

◆「要件定義」
システム運用において必要な設計を記載した仕様書
機能・データベースの利用方法などが含まれる

尚、要件定義はシステムに詳しければ行うことができる訳ではなく、必須となる条件がある。
一つ目は、要件定義の場面でアシストの経験がある、または立ち会い経験があることである。
要件定義は、利用者だけでなく開発側にとっても役立つ情報を定義していく必要がある。その為、実際の場面での経験が必須となるのである。
二つ目は、要件定義書を基にしたシステム設計の経験である。理由として、要件定義書はベンダー設計者への指示書となるため、システム設計の経験があれば過剰な設計金額や開発期間の延長など、リスクを回避させることができるからである。

APC

Alternative PHP Cacheの略。  PHPの中間コードのキャッシュや最適化を行い、機能を拡張するためのモジュールである。

APC(Alternative PHP Cache)とはPHPアクセラレータの一種で、PECLの拡張モジュールである。実行コードをキャッシュ・最適化する仕組みでフリーかつオープン、さらに堅牢なフレームワークを提供する考えのもと作成されている。
PHPアクセラレータは最適化されたPHPのスクリプトをコンパイルされた状態でデータキャッシュを行い、以降同じデータへのアクセスがあった場合以前のキャッシュを利用しスクリプト実行速度を高速化させるものである。
PECLはC言語で記述されている拡張ライブラリを提供しているサービスの一種で、同じようなサービスにPEARがある。両者は同じサービス内容であるが、PECLはC言語で記述されているため高速に動作する。
PECLの拡張モジュールはPHP内のAPI依存のため、PHPバージョンアップがあった場合再コンパイルが必要となる。
APCにはWebインターフェースのコンソールが用意されており、キャッシュされたファイル一覧やキャッシュの使用率を確認、またキャッシュのクリアが行える。

例としてWordPressを挙げると以下のような結果を得ることができる。
(参照URL:http://www.nire.com/2009/04/wordpress-apc/)
APCを導入した場合、ユーザが体感するものとして管理画面動作の高速化がある。また、ユーザのサイトを閲覧している読者が体感するものとしてリクエストしてから結果が返ってくるまでの時間短縮がある。
「wp-cacheのみ」
通常の結果表示時間から2割ほど早くなる。
「wp-cache+APC」
通常の結果表示時間から5割ほど早くなる。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

CakePHPの新しいBlowfish/Bcryptを、パスワードとして用いたい場合、
チュートリアルを元にユーザ認証を書くと、2.3移行ガイドには、コアのハッシュのアルゴリズムにbcryptが追加されたと出ます。
bcryptパスワードが使えるようにするため、$authenticateの配列でBlowfishを使えますが、
安定していないコードを使用するなら、マニュアルを参照せずに行います。
マニュアルなしでも、コメント付きコードを無料で取得できます。
Blowfishについては、Blowfish自体の認証アダプターを使いましょう。
百個以上の例を持つテストを見ると参考になります。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-