フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【開発ディレクション】社内業務ツール開発案件(西新宿駅)
-
大変申し訳ございません。
【開発ディレクション】社内業務ツール開発案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【開発ディレクション】社内業務ツール開発案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/11/14

仕事概要

・社内業務ツールの開発の要件定義およびディレクション業務に携わって頂きます。
・設定されたテーマに対し、ユーザーとの対話や観察を通じ、課題の明確化、
 また課題の解決の為にシステム開発で解決すべき部分を明確化していただきます。
・ユーザー、エンジニアとの対話を通じ、限られたリソース(期間、開発人員)で、
  結果を最大化できるようエンジニアを支援していただくポジションになります。
 (状況に応じた優先順位の変更、顧客とエンジニアのコミュニケーション支援、
 開発中のツールへのフィードバック)

必須スキル

・開発ディレクションの経験

契約形態

業務委託

単価

~900,000 円/月

プロジェクト詳細

勤務地

新宿区
渋谷区
中野区

最寄駅

西新宿駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

社内業務ツール開発案件関連のピックアップ用語

KVS

Key-Value Store (キーバリューストア)
データの管理・保存方法のひとつ。

KVS(Key-Value Store)とは、RDBMSに代わるデータ管理システムで、NoSQLの1つである。連想配列・ハッシュ・辞書といったデータ型の仕組みを管理システムに応用している。RDBMSと比べて段違いに高い性能がある。
KVSは保存したいデータ(Value)に対して一意の標識(Key)を設定し、ValueとKeyをセットで任意の記憶装置などに保管する。データを呼び出す際は、あらかじめ設定しておいたKeyを指定することで利用可能である。保存出来るデータの種類はソフトウェアによって異なり、文字列のみに対応している場合は複雑なデータ形式を一定の手順で文字列に変換する。
KVSには1台で動作するものと、複数台にデータを分散できるものがあり、後記を分散型KVSと呼ぶ。複数台で動作させることにより、容量の拡大、性能・耐故障性の向上が見込める。台数に応じて高い性能を得やすく、これは性能だけでなくスループット・容量についても同じ事が言える。有名な分散型KVSとしてGoogle社のBigtable・Amazon社のDynamo・Oracle社のcoherenceがある。単独のKVSでも複数台にデータ分散できるが限界はあるため、効率的な維持は難しい。

【KVSの特徴】
・RDBMSと比べて桁違いの性能
・台数に応じて得られる優れた拡張性
・複製をいくつかのサーバに作ることで得られる高い耐故障性

Python

Python(パイソン)とは、Guido van Rossumによって作られたオープンソースのプログラミング言語のことを指す。オブジェクト指向スクリプト言語の一種であり、Perlなどと同じくコンパイルを必要としないスクリプト言語に属し、主に欧米で広く普及している。

PythonとはPerlなどと同様に、コンパイルを必要としないオブジェクト指向のスクリプト言語である。AmoebaのABC言語にオブジェクト指向の対応や例外処理を行わせるために作られた。イギリスのテレビ局であるBBCの「空飛ぶモンティ・パイソン」にちなんで名付けられ、マスコットやアイコンマークは英単語の意味するニシキヘビからきている。
Pythonの文法は簡易で可読性に優れており、拡張モジュールが豊富に用意されているため多様なアプリケーション開発に使用することができる。また、コードの信頼性とプログラマの生産性を考慮した設計になっており、セマンティクスやシンタックスを最小限に抑えている反面、利便性が高く大規模な標準ライブラリを備えている。他にもUnicodeによる文字列の操作をサポートしているため、標準で日本語処理を行うこともできる。
PythonはもともとAmoeba上で開発されたが、現在では多くのプラットフォームをサポートしている。また、豊富なライブラリ・ドキュメントがあることから産業界での利用も増えている。

【Pythonの特徴】
・マルチパラダイム
・ガベージコレクション
・動的な型付け
・言語要素が内部からアクセス可能なためリフレクション利用の記述が可能

【実装】
・CPython
作者がC言語で書いたバージョン。通常CPythonのことをPythonと呼ぶ
・Unladen Swallow
Googleチームによる実装
・Jython
PythonからJavaライブラリを使用できるようにJava仮想マシンに移植したもの

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

header() 機能を使って新しいHTTPヘッダーを送り、PHPページから他のページへリダイレクトできますが、HTMLやテキストが送られる前にブラウザに送られなければなりません。重要ポイントとして、URLは絶対URLでなければいけません。
Location-headerは301か303を使います。また、代替手段としてhttp_redirect($url);が使えます。
303ステータスコードにヘルパー機能は組み込まれていません。header()リダイレクトは何も出力されていない状態でしか作動せず、HTML中で出力を行っても失敗します。また別の方法としてJavascriptでもリダイレクトは可能です。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-