フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【BtoC向け比較情報サイト】フロントエンド開発案件(渋谷駅)
-
大変申し訳ございません。
【BtoC向け比較情報サイト】フロントエンド開発案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【BtoC向け比較情報サイト】フロントエンド開発案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・BtoC向け比較サービスサイトの運用または新規開発における、
フロントエンド設計、実装をお任せ致します。

必須スキル

・Web制作会社またはBtoC向けWebサービス運営会社での実務経験
・メインのフロントエンドエンジニアとして実装を担当した実務経験
・Webサイト新規構築の実務経験10サイト以上
・Webサイト運用の実務経験半年以上
・CSSフルスクラッチ設計、実装経験
・JavaScript設計、実装の実務経験(フレームワーク利用可)
・GitHub使用経験

契約形態

業務委託

単価

~650,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

JavaScript
HTML5
CSS3

業界

エンタメ

職種

フロントエンドエンジニア

勤務地

港区
渋谷区

最寄駅

渋谷駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

フロントエンド開発案件関連のピックアップ用語

汎用機

汎用コンピュータ(別名:メインフレーム)とは、企業や団体、研究機関などの基幹業務用などで利用されている大規模なコンピュータを指す言葉である。
汎用コンピュータ(メインフレーム)の明確な定義は無く、複数のコンピュータアーキテクチャのコンピュータの総合的な呼び名であり、複数の呼び名が存在する。

汎用機とは企業の基幹業務システム等に利用される大規模なコンピュータのことである。メインフレーム・大型汎用機・汎用コンピュータなどとも呼ばれている。明確な定義が無く、複数のコンピュータ・アーキテクチャの総称であるり、観点によって複数の呼び方が存在する。
CPU・電源・記憶装置などほぼ全てのパーツが多重化されており、並列処理で耐障害性と処理性能の向上が図られている。端末はネットワークを通じて接続されており、利用者は端末からコンピュータにアクセスする。端末自体には記憶装置や処理装置が無いため、データの処理・保存は全て中央コンピュータで行う中央集権的な構造になっている。

【汎用機の特徴】
・大規模組織や大企業向けの容量・信頼性・安定性
・シリーズ間の互換性
・オフィスコンピュータ・ミニコンピュータよりも大型
・用途の決まっているスーパーコンピュータ・組み込みコンピュータと違い汎用性がある
・オープンシステムと違い各メーカーの独自設計が多い

なぜ日本では「汎用機」と呼ぶのかというと、汎用機が登場する以前は特定用途に合わせてコンピュータを特注で製造することが一般的であった。そのため機械構造やソフトウェアに合わせて柔軟に変更できるシステムは当時において画期的だったためである。大型汎用機という呼び方は小型で安価なコンピュータが登場する1980年代頃から定着してきたため、比較的新しい呼び方である。

アジャイル開発

agile software development。システム開発方法のひとつ。 

アジャイル(ソフトウェア)開発とは、適応的で迅速にソフトウェア開発を行うことができる軽量な開発手法群のことである。近年ではエクストリーム・プログラミングをはじめとする数多くのアジャイル開発手法が考案されている。
アジャイル開発は開発対象を小さな機能に多数分割し、1つの反復(インテレーション)で分割された機能を1つずつ開発していく反復型開発である。各反復が終了するごとに、新しい機能が追加されたソフトウェアをリリースすることを目指している。反復には、計画・設計・要求分析・実装・テスト・文書化を含み、反復期間はプロジェクト毎で異なり約1週間から4週間程を要する。しかし、計画していた機能の実現が1つの反復期間内に終わらない場合があり、充分に実現できるとは限らない。
アジャイル開発の特徴として、ソフトウェア開発の関係者全員が1ヶ所に集まり開発を行うことと、実際に動作しているソフトウェアが重要なプロジェクトの進行尺度が挙げられる。そのため、プロジェクト関係者同士で必要なとき直接顔を合わせて意思疎通を行うことができる。これらの特徴により、他の開発手法と比べ作成すべき文書量が極端に少なくて済む。しかし、少ない文書は無統制かつ雑な作業であるとして批判材料の1つになってしまっている。

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PHPでHTTPヘッダーを変更するには、下記のようにheader()を使うといいそうです。
header('Content-Type: text/html; charset=utf-8');
どんな場合においても、出力文字列をクライアントに送るより先にこの機能を作動させるようにしないと、ヘッダーを変更することが出来ないようです。
また、一時的に文字コードを指定する場合は上記のコードで大丈夫ですが、常にこの機能を付加させて起きたい場合、php.iniファイルに default_charset = ""utf-8"" と指定しておく必要があるそうです。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-