フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【PL/SE】保全解約・年金業務運用システム開発案件(川崎駅)
-
大変申し訳ございません。
【PL/SE】保全解約・年金業務運用システム開発案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【PL/SE】保全解約・年金業務運用システム開発案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/06/29

仕事概要

・保全解約・年金業務を国内東西数拠点運用システムの
 要件定義~システムテストまでを行っていただきます。
・スキルに応じてPLポジション、SEポジションのどちらかを担当いただきます。

必須スキル

・要件定義の経験
・基本設計、詳細設計の経験

契約形態

業務委託

単価

~583,000 円/月

プロジェクト詳細

勤務地

川崎市川崎区

最寄駅

川崎駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (2回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

保全解約・年金業務運用システム開発案件関連のピックアップ用語

プロジェクトリーダー(PL)

IT業界におけるPL(プロジェクトリーダー)とは、システムの構築・導入プロジェクトにおいて、プロジェクトチームを管理・統括する業務を行う職位である。

プロジェクトリーダーとは、プロジェクトの規模によってプロジェクトマネージャを補佐する役割と、そのプロジェクトを遂行するためのチーム責任者の役割を担っている。プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャに厳密な定義は存在しない。そのため、企業や組織によって意味が異なり、小規模なプロジェクトにおいてはプロジェクトリーダーのみで計画・遂行・管理を行うこともある。
しかし、どちらもプロジェクトに置かれる様な大規模な組織では、両者の職務は明確に分かれているところが多い。
以下に挙げるようなパターンがある。

■パターン1
【プロジェクトマネージャ】
プロジェクト全体におけるトップの責任者。計画・業務管理を行う。
【プロジェクトリーダー】
プロジェクトマネージャを補佐する役割。チームごとに配置され、チーム内プロジェクトの指揮、実施工程の責任を受け持つ。

■パターン2
【プロジェクトマネージャ】
顧客とのやり取りを行う窓口。
【プロジェクトリーダー】
社内での実施・管理責任者。

■パターン3
【プロジェクトマネージャ】
顧客への提案や受注・計画などを行う。
【プロジェクトリーダー】
プロジェクトが実施段階へ移行するとプロジェクトマネージャから引継ぎ納品までを行う。

全体的にプロジェクトマネージャの下でプロジェクトを進めていくという形が多く見られる。
プロジェクトリーダーになるにはシステム開発における一連の工程に精通していなければならない。そのためプロジェクトメンバーとして開発・設計業務を経験した後にキャリアアップを行うのが一般的である。

インフラ構築

インフラ:基盤などの意味を持つ英単語:infrastructureの略
システムを動かすための設備や基盤環境を構築すること。

インフラ構築とは、コンピュータシステムの基盤となるネットワークやコンピュータの設備を構築することである。具体的には、ネットワーク環境において必要回線の設置からコンピュータを動作させるためのプログラム環境の設定を行うことである。インフラ系エンジニアにとって、特定のベンダーに固定されることなく企業ネットワークの規模に合わせたインフラシステム構築を行うことが重要となる。

インフラ構築の作業内容は下記の通りである。
・データベース構築
・アプリケーションサーバ構築
・セキュリティ設定および管理
・ストレージのバックアップおよびリカバリ
・バックアップ実装
・ネットワーク設計、構築、保守

その他、インフラ系エンジニアにとって最も欠かせないスキルに、システム障害の対応が挙げられる。ネットワーク内で起こったトラブルの原因を早急に調査し、復旧に向けた作業を行うためには根気強さや注意力が欠かせない。

尚、インフラ系エンジニアに必要とされる資格は以下の通りである。
【ITパスポート試験】
平成21年に廃止された初級システムアドミニストレータ試験の後身。
経済産業大臣が行う国家資格で、情報技術の基礎知識を認定するもの。初級シスアドと比較して難易度は低く設定されている。
【Oracle Master】
日本オラクル社によるデータベース認定試験。
情報処理資格試験において認知度が高い。Oracleデータベースの管理や操作に必要なSQL文が問われる。
【Cisco技術者認定試験】
WAN接続・ネットワークセキュリティの実装・トラブルシューティング・ネットワーク導入および運用を問われる。

スパイラル開発

システム開発方法のひとつ。設計とプロトタイピングを繰り返して行う手法。 

スパイラル開発とは、スパイラルモデルでのソフトウェア開発のことである。ユーザからのフィードバックなどに対してインターフェースの検討や改善・精査を行い、設計・実装を繰り返しながら完成させていく反復型開発モデルである。反復型開発モデルはスパイラルモデルよりも前に既に存在していたが、あまり普及していなかった。しかし、1988年に「A Spiral Model of Software Development and Enhancement」という記事でバリー・ベームが反復の重要性を提唱し、反復型開発モデルの利用は多くなった。
仕様の再設計や修正を考慮しているモデルのため、ウォーターフォールモデルと比較して顧客の要求に近いものを作ることができるという特徴がある。しかし、プロトタイプの作成に時間がかかるため開発効率が低いことと、プロトタイプを最終実装に格上げすることが難しいといわれている。
スパイラル開発は大規模プロジェクトで利用される割合が高く、一例としてアメリカ軍の「Future Combat Systems」の開発などがある。

【ウォーターフォールモデルと比較した利点】
・プログラムの規模が把握しやすい
・スケジュール管理がしやすい
・要求仕様などの変更に対処しやすい
・設計工程期間の変動による実装期間への影響が少ない

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

他の人のソースコードやPHPのオープンソースのコードを見ていると、ほとんどPEARは使われていないことに気がつきます。他の言語プログラマと比べ、PHPプログラマは文化として未だ発明されていないものを求め、自ら車輪の再開発をしたがるという風潮があるように思います。すべてのPHPプログラマに適応されているというわけではありませんが、これを行うのはプログラマにとってごく普通の行為です。大抵の場合、プログラマの認識不足によってこの問題は起きています。この状態だと作動するPEARをインストールすることはとても難しくなります。PEARがあまり使われていないのにはこういう背景があります。ただしプログラミングスキルの向上のためや、寄り良いパフォーマンスを求めるためならば車輪の再開発も良いのではないでしょうか。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-