フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【Linux】メーカー関連システムサーバ構築運用案件(田町駅)
-
大変申し訳ございません。
【Linux】メーカー関連システムサーバ構築運用案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【Linux】メーカー関連システムサーバ構築運用案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・大手メーカーのシステム更改における、
 Linuxサーバの構築及び運用に携わって頂きます。
・ネットワークやミドルウェアは別チームが対応するため、
 OSの設定~運用を中心にご対応頂きます。
・複数メンバーでオンコールでの障害対応も対応するため
 夜間のリモート作業が発生いたします。

必須スキル

・Linuxサーバの構築、運用経験
・本番環境での障害対応の経験
・VMwareを使用した仮想基盤の構築経験
・夜間帯の作業にご対応頂ける方
・Linux : 2年以上の実務経験

契約形態

業務委託

単価

~650,000 円/月

プロジェクト詳細

OS

Linux

勤務地

港区
品川区

最寄駅

田町駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (2回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

メーカー関連システムサーバ構築運用案件関連のピックアップ用語

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

基幹系システム

企業にて主要業務を処理する為に用いられるシステムのこと。

基幹系システムとは企業の経営において不可欠な販売・在庫管理・財務などの処理を実行するためのシステムである。もしくはサービスや業務における中核となる重要なシステムのことを指す。主な例として一般企業の生産管理システムおよび販売・在庫管理システム、銀行の勘定系システムなどがある。また、部門システムと異なり全社規模での運用となる。
基幹系システムは処理を行うデータの大半が定型的である。また、システムを操作する人間も発注者や事務員など慣れている者が扱うため、出力の柔軟性や複雑なインターフェースよりも正確さと安定性が要求されるシステムである。基幹系システムは運用後長期に渡って利用し続けられることが多く、システム変更・改良などがほとんど行われないため、初めから高い完成度を求められる。

【従来の基幹系システム】
■大企業
ハードウェア:メインフレーム
ソフトウェア:スクラッチ開発が多い
■中堅中小企業
ハードウェア:オフィスコンピュータ
ソフトウェア:スクラッチ開発が多い

【現在の基幹系システム】
ハードウェア・UNIX系システム、Windowsサーバ
ソフトウェア・ERPパッケージ

上記のように以前は大企業・中堅中小企業とそれぞれに違いがあったが、最近ではハードウェアにUNIX系システムやWindowsサーバ、ソフトウェアにERPパッケージを使用する企業が多く見られるようになった。

KVS

Key-Value Store (キーバリューストア)
データの管理・保存方法のひとつ。

KVS(Key-Value Store)とは、RDBMSに代わるデータ管理システムで、NoSQLの1つである。連想配列・ハッシュ・辞書といったデータ型の仕組みを管理システムに応用している。RDBMSと比べて段違いに高い性能がある。
KVSは保存したいデータ(Value)に対して一意の標識(Key)を設定し、ValueとKeyをセットで任意の記憶装置などに保管する。データを呼び出す際は、あらかじめ設定しておいたKeyを指定することで利用可能である。保存出来るデータの種類はソフトウェアによって異なり、文字列のみに対応している場合は複雑なデータ形式を一定の手順で文字列に変換する。
KVSには1台で動作するものと、複数台にデータを分散できるものがあり、後記を分散型KVSと呼ぶ。複数台で動作させることにより、容量の拡大、性能・耐故障性の向上が見込める。台数に応じて高い性能を得やすく、これは性能だけでなくスループット・容量についても同じ事が言える。有名な分散型KVSとしてGoogle社のBigtable・Amazon社のDynamo・Oracle社のcoherenceがある。単独のKVSでも複数台にデータ分散できるが限界はあるため、効率的な維持は難しい。

【KVSの特徴】
・RDBMSと比べて桁違いの性能
・台数に応じて得られる優れた拡張性
・複製をいくつかのサーバに作ることで得られる高い耐故障性

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

色々なプロジェクトでPHPでプログラミングする際、書籍等を頼りにする場合もあれば、php.netを何度も見に行く場合もあると思います。php.netに頼りっきりになってしまっている状態であっても、問題ありません。優秀なコーダーが全て暗記しているかと言えば決してそうではないためです。マニュアルを見るかどうかよりも、問題に対する対処法を考える力や、解決できる力の方が大切ではないでしょうか。経験が長くなると、マニュアルを見る頻度は減っていくと思いますが、PHPのような巨大かつ矛盾の多い言語を扱うにあたり、ドキュメントを随時チェックすることはこれからも必須であると言えるでしょう。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-