フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【Python】人工衛星データ関連新サービス開発案件(新日本橋駅)
-
大変申し訳ございません。
【Python】人工衛星データ関連新サービス開発案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【Python】人工衛星データ関連新サービス開発案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2018/07/18

仕事概要

・人工衛星から収集したデータの分析結果を活用し、
 toB向けの新規サービスの開発に携わって頂きます。

必須スキル

・Pythonの開発経験2年
・エンジニアとしての開発経験3年
・基本設計以降の経験

契約形態

業務委託

単価

~950,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

Python

勤務地

千代田区
中央区

最寄駅

新日本橋駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

人工衛星データ関連新サービス開発案件関連のピックアップ用語

CVS

シーブイエス(Concurrent Versions System)。テキストファイルの変更を記録し管理するバージョン管理システムのこと。主としてプログラムの開発作業において使用される。

CVSとは、ネットワークで使用すること考慮した初めてのソースコード管理システムである。ファイル開発におけるソースコードをはじめとしたテキストファイルの内容変更・確認・差分吸収などの共有に使用される。さらにオープンソースだったこともあり、1990年代に広く使用されていた。
CVSでは同時に複数人が同じファイルを編集した場合、編集内容が競合していなければ自動的に統合することができる。そのため内容の同一性を保つことが可能となる。反対に1つのバージョンファイルに対して別々の変更を加え、分岐させることもできる。並行バージョンの機能を使用せずともファイルの直線的な追加・改変を行う場合にも使用することができる。
ファイルをダウンロードする場合はサーバ上のファイルと手元にあるファイルの差分のみを転送すると、最新版を入手できるようになっている。そのため、開発途中のファイル配布に使用されることもある。
通常、CVSファイルを共有するにはCVSサーバを用意する必要がある。サーバアクセスに使用するCVSアカウント・プログラムはGUIによるラッパーやコマンドラインのCVS、統合開発環境向けプラグインなど多数作られている。

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、サーチエンジンの検索結果で上位に表示されるようにWebサイトを書き換えること。
または、そのための技術のことをいう。「サーチエンジン最適化」「検索エンジン最適化」と同義である。

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味である。インターネットに多く存在する検索エンジンは、それぞれ独自のアルゴリズムによりWebサイトの順位表示を決定している。このアルゴリズムを研究・解明し最適化を行うことにより、検索結果画面で自社サイトを上位に表示させることが可能となる。これを目指して行う対策をSEO対策という。SEO対策の対象とされる検索エンジンは、世界共通で使用されているGoogleが対象となっていることが多い。
検索結果画面で上位に表示されることは企業に大きなメリットとなる。利用者の目につきやすくなるため、クリック率や自社サイトへの誘導率が飛躍的に上昇し、広告を出す以上の効果が得られる。また、広告と違いSEO対策により検索結果画面の上位に表示させること自体にコストはかからないため、自社サイトへの集客を課題としている企業では積極的にSEO対策が行われている。
検索エンジンの検索基準は公開されることが無く、そのうえ年々改良が加えられている。頻繁に変更も行われており、その都度激しく順位が変動している。そのためSEO対策には終わりが無い。Webサイト内での適切なキーワード選択・使用や、より良質なサイトからのリンク、HTMLの改良など、地道にコンテンツを充実させる以外に確実な方法は無いと言える。
日本より先にSEOに注目していたアメリカでは、CSMSというSEO対策のプロ資格があり、現在は日本でも取得することが可能である。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

色々なプロジェクトでPHPでプログラミングする際、書籍等を頼りにする場合もあれば、php.netを何度も見に行く場合もあると思います。php.netに頼りっきりになってしまっている状態であっても、問題ありません。優秀なコーダーが全て暗記しているかと言えば決してそうではないためです。マニュアルを見るかどうかよりも、問題に対する対処法を考える力や、解決できる力の方が大切ではないでしょうか。経験が長くなると、マニュアルを見る頻度は減っていくと思いますが、PHPのような巨大かつ矛盾の多い言語を扱うにあたり、ドキュメントを随時チェックすることはこれからも必須であると言えるでしょう。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-