フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【Office 365/SharePoint】製薬会社ポータルサイト作成支援案件(都庁前駅)
-
大変申し訳ございません。
【Office 365/SharePoint】製薬会社ポータルサイト作成支援案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【Office 365/SharePoint】製薬会社ポータルサイト作成支援案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・日系製薬会社の社内で作業していただきます。
・Office365のSharePoint上に各ユーザーからのニーズを聞いて、
 ポータルサイトを作成していただきます。
・SharePointの2次窓口として、問題解決やメーカーとのやりとりを
 ご担当いただきます。

必須スキル

・SharePointやWEBサイトなど企業向けコンテンツ制作の経験
・ヘルプデスク経験

契約形態

業務委託

単価

~500,000 円/月

プロジェクト詳細

勤務地

新宿区

最寄駅

都庁前駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

製薬会社ポータルサイト作成支援案件関連のピックアップ用語

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、コンピューターのシステム運用におけるサーバー構築や保守・ソフトウェア設定などを行う職業である。サーバーの種類により、必要スキルが異なるが、セキュリティやLinuxなどのOSの知識は必要不可欠となっている。

・サーバーエンジニアとは
サーバーエンジニアとは、コンピューターシステムにおけるウェブサーバーの構築や、プログラム設定・ネットワークの調整を行う職業である。具体的な仕事内容はサーバの設計・構築・運用が主で、新規プログラム導入時にはネットワーク環境の整備やアクセス制御などインフラ業務も行う。その他、トラブル対応やセキュリティ対策も行い業務範囲は多岐にわたる。また使用するサービスにより、Webサーバー・メールサーバー・データベースサーバー・アプリケーションサーバーなどサーバーの種類がいくつかに分かれており、種類ごとに仕事内容や必要スキルが異なる。
尚、評価される民間資格としてLinux技術者認定やマイクロソフト技術者認定、その他Cisco技術者認定などがあげられる。

・サーバーエンジニアに求められるスキル
サーバーエンジニアとして働くためには、WindowsやLinuxなどのOSの知識以外にネットワークやセキュリティの知識・アプリケーション開発の知識が求められる。また歓迎されるスキルとして、Windowsサーバー構築経験や、PHPやJava・Javascriptなどのプログラミングの能力などがある。

・サーバーエンジニアと汎用系エンジニアの違い
簡単に言うと、取り扱うコンピューターのデータ規模が違うと言える。サーバーエンジニアが、パソコンやサーバなど中小企業のコンピューターシステムの運用においてサーバー機器の構築やプログラム設定を行うのに対し、汎用系エンジニアはIBMや富士通・日立など大規模企業が使用している大量データ用のコンピューターに対し、システム設計やセキュリティ対策を行ったり必要なプログラムを構築させることが仕事となる。

API

アプリケーションプログラミングインターフェース (API、英: Application Programming Interface)ソフトウェアからOSの機能を利用するための仕様、またはインターフェースのこと。

API(Application Program Interface)とは、プラットフォーム向けのソフトウェア開発の際使用可能な、関数や命令の集合体であるインターフェースのことである。APIを利用することによってプログラムの手間を省き、簡潔にプログラミングが行えるように設定されている。
アプリケーションから利用できるライブラリ機能などの入り口となるもので、ウィンドウ制御・ファイル制御・文字制御・画像処理のための関数として提供される。
APIはソースコードをベースとしており、様々な形態が存在する。MicrosoftのWindows APIのようなベンダー文書、POSIXのような国際規格、プログラミング言語のライブラリなどがあり、またデータ構造・変数・オブジェクトクラス・サブルーチンなどの仕様が含まれている。
APIを使用することでコンピューターソフトウェアが他ソフトと広義の意味で相互通信を行うことができるようになる。他にも、人間寄りのプログラミング言語を使用する高レベルソフトウェアと機械寄りのプログラミング言語を使用する低レベルソフトウェア間の関係を抽象化することも可能である。

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

メール送信処理を行う際に、比較的新しいメールクライアントで受信されないという場合、理由として以下3つが考えられます。
①受信メールサーバーの受信制限が厳しく何かに引っかかっている
②送信サーバー(ドメイン・IP)が、クライアントサーバーが表記したアンチスパムリストに載っている。
③クライアントサーバーが行うグレーリストのタイムアウトが頻発し送信処理を行わなく成っている。
メールサーバーのログを確認して、そこに記録されている内容から、受信者のメールアドレスに起きてる状況を判断してください。
メールが送信されていれば、クライアント側の問題ですので、デバッグを依頼しましょう。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-