フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【Linux/SQL】分析システムデータ移行案件(二子玉川駅)
-
大変申し訳ございません。
【Linux/SQL】分析システムデータ移行案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【Linux/SQL】分析システムデータ移行案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2018/08/01

仕事概要

・大手通販サイトにおける分析システムをデータプラットフォームへ移行する、
 業務に携わっていただきます。
・主に下記業務をご担当いただきます。
 -プログラムの移行 (ETL)
 -既存のレポート等の移行
 -データ検証
 -データ移行
 -システム運用

必須スキル

・SQLを用いた開発経験3年以上
・Linuxを用いた運用経験3年以上
・Shell Scriptの利用経験3年以上
・システム移行経験

契約形態

派遣

単価

~3,360 円/時

プロジェクト詳細

言語

SQL
Shell

OS

Linux

勤務地

世田谷区

最寄駅

二子玉川駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

分析システムデータ移行案件関連のピックアップ用語

プロジェクトリーダー(PL)

IT業界におけるPL(プロジェクトリーダー)とは、システムの構築・導入プロジェクトにおいて、プロジェクトチームを管理・統括する業務を行う職位である。

プロジェクトリーダーとは、プロジェクトの規模によってプロジェクトマネージャを補佐する役割と、そのプロジェクトを遂行するためのチーム責任者の役割を担っている。プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャに厳密な定義は存在しない。そのため、企業や組織によって意味が異なり、小規模なプロジェクトにおいてはプロジェクトリーダーのみで計画・遂行・管理を行うこともある。
しかし、どちらもプロジェクトに置かれる様な大規模な組織では、両者の職務は明確に分かれているところが多い。
以下に挙げるようなパターンがある。

■パターン1
【プロジェクトマネージャ】
プロジェクト全体におけるトップの責任者。計画・業務管理を行う。
【プロジェクトリーダー】
プロジェクトマネージャを補佐する役割。チームごとに配置され、チーム内プロジェクトの指揮、実施工程の責任を受け持つ。

■パターン2
【プロジェクトマネージャ】
顧客とのやり取りを行う窓口。
【プロジェクトリーダー】
社内での実施・管理責任者。

■パターン3
【プロジェクトマネージャ】
顧客への提案や受注・計画などを行う。
【プロジェクトリーダー】
プロジェクトが実施段階へ移行するとプロジェクトマネージャから引継ぎ納品までを行う。

全体的にプロジェクトマネージャの下でプロジェクトを進めていくという形が多く見られる。
プロジェクトリーダーになるにはシステム開発における一連の工程に精通していなければならない。そのためプロジェクトメンバーとして開発・設計業務を経験した後にキャリアアップを行うのが一般的である。

バッファ

バッファは元々、衝撃を吸収して和らげる「緩衝剤」という意味の英語であり、ワークフローにおいて、想定外のタスクに備え「余分に確保しておく時間」の意味でも使用される。

バッファ(buffer)とは、コンピューターの入出力時における時間のずれで発生した問題に対処するものを意味する。別名バッファメモリと呼ばれ元々緩衝物を意味する英語の名詞である。
具体的には、処理限度を超えたデータを一時的に保持し、処理可能な状態になってからデータを動かす記憶領域の役割を担っている。また転送においても、出力するデータをバッファに記憶させ保持しておくことにより、データの途切れや速度不良などのトラブルを回避することができる。

バッファの情報記憶機能は、ビデオカードのVRAM・プリンタ・ハードディスクドライブ・ネット上のストリーム配信など様々な場面で活用されている。

バッファは、CPUや制御装置など内部処理装置とデータの間で広く活躍しているが、重大な問題も抱えている。
代表的な例として、バッファオーバーフローが挙げられる。これはバッファオーバーランとも呼ばれ、バッファ内のメモリ領域を超えてデータが入力された際に、溢れたデータがプログラムのトラブルを引き起こすというものである。
現在多くのOSで発見されているセキュリティホールのほとんどが、この「バッファオーバーフロー」によるものだと言われている。

データベースエンジニア

データベースエンジニアはデータ管理・データベースの設計・構築を行う。その他にも不正アクセス、SQLなどの言語、チューニングなどの知識と技術が必要とされる職業である。データベーススペシャリストやOracle Masterの資格がある。

・データベースエンジニアとは
データベースエンジニアには、アプリ開発などのプロジェクト、コンサルタント、運用、サポートなど様々な職種がある。
主にデータベースを管理し、データを効率よく管理・検索できるように設計・構築を行う。また、不正アクセスや不正データなど、システムのセキュリティ対策、多量な同時アクセスの負荷分散など、多方面に考慮したデータベースの構築を行わなければならないため、レベルの高いパソコンスキルと知識が必要となる。また、SQLなどのリレーショナルデータベース操作を行うための言語も習得しておく必要がある。
通常、プログラマやシステムエンジニアの実務経験を積んでからデータベースエンジニアにスキルアップするのが一般的である。


・データベースエンジニアに求められるスキル
データベースエンジニアはデータに関する知識のみではなく、SQLなどの言語、セキュリティ、使用ソフトの知識と技術など多方面の知識が必要となる。
取得できる資格がいくつかあり、試験制度はスキルレベル4に相当する高度情報処理技術者試験のデータベーススペシャリスト試験、業界で高い需要を誇る民間資格のOracle Masterなどがある。このOracle Masterの資格は、取得しておくと転職時に有利になる。


・データベースエンジニアとSAPコンサルタントの違い
データベースエンジニアはデータに関する職業ですが、データに関する知識だけでなく不正アクセス、ウィルスなどのセキュリティ、負荷の分散など様々な知識が必要である。SAPコンサルタントは、ソリューション、デベロップメント、テクノロジ、SAP Business、SAP Assosiateの5つに分けられる。SAPシステムの資格で、システムを熟知していなければならず、どれも独学での取得は困難になっている。SAPが開催しているカリキュラムや企業向け講習を受けることで資格取得が可能となる。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

CakePHPでリクエストに対応できるファイルがないURLが送られた場合、裏で何が起こってるかについて調べてみました。
Dispatcherの主なメソッドはパーサのパラメータで、このメソッドはDispatcher::dispach()のあるイベントシステムがトリガーになっており、トリガーされたメソッドの確認を行う必要があるようです。
DispatcherはプレーンURLをパーサするためにルーティングを使ってパラメーターに変換し、パーサされた結果をリクエストされたオブジェクトに追加します。そうすることで、パーサの結果に基づいたコントローラをディスパッチすることができるそうです。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-