フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【JavaScript】駐車場シェアリングシステムの新規開発案件(中目黒駅)
-
大変申し訳ございません。
【JavaScript】駐車場シェアリングシステムの新規開発案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【JavaScript】駐車場シェアリングシステムの新規開発案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/11/30

仕事概要

・JavaScriptを用いた駐車場シェアリングWEBサイトおよび
 管理画面の開発に携わっていただきます。
・1stリリース時のバグ対応もご担当いただきます。

必須スキル

・HTML、CSS、JavaScriptを用いた開発経験2年以上
・デバック経験
・Angular2の知見
・CSS : 2年以上の実務経験
・HTML : 2年以上の実務経験
・JavaScript : 2年以上の実務経験

契約形態

業務委託

単価

~750,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

JavaScript
CSS
HTML

フレームワーク

AngularJS

勤務地

目黒区
渋谷区

最寄駅

中目黒駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

駐車場シェアリングシステムの新規開発案件関連のピックアップ用語

オプトインメール

オプトインメールとは、前もってユーザに配信希望の意思確認を行い、希望するジャンルのメールのみを配信するサービスのことを言う。事前にユーザが興味のあるジャンルを絞ったメール配信となるため開封率が高く、企業にとってもユーザにとっても効果的な広告メール配信が可能となる。これにより、ユーザにとって無意味なメールを配信してスパム化する事態が防げる。大変有効なサービスであるものの、広告ビジネスとして成功させるには多くのユーザ登録が必要となる。
オプトインメールに対するメール配信サービスとして、オプトアウトメールがある。オプトアウトメールはユーザの許可を取らずにメールを配信するため開封率も低く、スパム化しやすい。
オプトインメールの注意点として、ユーザがメール配信の登録を行った際、24時間以内に登録意思確認のメールを返信する必要がある。その後、メールサービスを一週間以内に始めるなどし、ユーザーが登録した事実を忘れないうちに配信を開始することが重要である。これはスパムと認識されることを回避するためである。
また、スパムという認識を持たれないためにはメール内に「メール配信を希望するユーザへの配信である」といった一文を記載することが重要である。加えて、配信の目的・対象者・アドレス入手先の記載や、配信を停止するためのオプトアウトについて記述しておくことも大切である。長期間のオプトインメール配信では、定期的に購読の意思確認を行うことでスパム化を防ぐことができる。

要件定義

要件定義とは、情報システムやソフトウェアなどの開発の初期段階に行われ、要求されている機能や、実装されるべき機能などを明確にしていく作業のこと。 

要件定義とは、コンピュータのシステム化を行う際に不可欠な業務内容などの要件を定義したものである。
具体的には、ユーザがシステムを用いて行う必要がある業務を基に、目的実現に向け実装すべき機能を開発者が検討し、要件定義書に記述していく。そして、要件定義書に沿って開発を進める中で利用者に対して要求定義を行い、次工程の設計・実装に役立たせることが必要である。

「要件定義」と「要求定義」は同義語とされる場合もある。それは、要求定義が要件定義の業務内に組み込まれているという判断からである。
しかし実際は、類義語として別々に扱われることがほとんどで、要求定義が変わると要件定義も変更となるケースが多い。両者の違いは下記の通り。

◆「要求定義」
システム利用者の「~がしたい」の希望

◆「要件定義」
システム運用において必要な設計を記載した仕様書
機能・データベースの利用方法などが含まれる

尚、要件定義はシステムに詳しければ行うことができる訳ではなく、必須となる条件がある。
一つ目は、要件定義の場面でアシストの経験がある、または立ち会い経験があることである。
要件定義は、利用者だけでなく開発側にとっても役立つ情報を定義していく必要がある。その為、実際の場面での経験が必須となるのである。
二つ目は、要件定義書を基にしたシステム設計の経験である。理由として、要件定義書はベンダー設計者への指示書となるため、システム設計の経験があれば過剰な設計金額や開発期間の延長など、リスクを回避させることができるからである。

メディアレップ

メディアレップとは、広告出稿依頼者と広告媒体者(運営者)の仲介を行いwebサイト・メールマガジン等に広告を掲載する、インターネット広告の一次代理店である。広告出稿依頼者は、直接またはインターネット広告代理店を介してメディアレップに広告枠の買い付けを依頼する。一方、webサイトやメールマガジンの広告媒体者は、広告収入を得るためにメディアレップに広告枠の販売を依頼する。メディアレップは広告媒体者から広告枠・広告主から出稿の案件を預かり、両者にとって最適な条件でマッチングさせる役割を担っている。
「メディアレップ」と「インターネット広告代理店」には違いがある。メディアレップが特定のインターネット広告商品だけを扱うのに対し、インターネット広告代理店は多種多様なインターネット広告商品を取り扱っていることだ。すでに掲載したい広告媒体が決定している場合には、メディアレップに広告出稿を依頼、「どのような媒体に広告を載せるべきか分からない」という(媒体が未決定の)場合には、インターネット広告代理店に依頼すると良い。
メディアレップ・媒体運営者・インターネット広告代理店は、通常一定の利益を分け合うよう取引を行うため、仲介者が増えると共にマージンが加算されるわけではない。そのため、メディアレップに直接依頼しても、インターネット広告代理店を通しても特に変わりない。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PHPコーディングについて勉強していると、綺麗なコードを書けるようになるために参考書などを探すことがあると思います。特定のフレームワークに関する内容でなく、汎用的な内容を求めている時におすすめの方法は、まずオブジェクト指向の原理をしっかりと学ぶことです。効率的かつ簡潔なPHPコードは他言語とあまり変わりません。分離・多態性・カプセル化に集中して、頻繁にリファクタリングし、可能な限りたくさんのデザインパターンを活用しましょう。これらの原理に焦点を置いているサイトは多数存在しています。C++やJavaを用いて原理の証明をしていますが、それらをPHPに変換するのは比較的簡単と言えます。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-