フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【PostgreSQL/Oracle】デジタル地図サービス基盤リプレイス案件(豊洲駅)
-
大変申し訳ございません。
【PostgreSQL/Oracle】デジタル地図サービス基盤リプレイス案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【PostgreSQL/Oracle】デジタル地図サービス基盤リプレイス案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・デジタル地図サービスの基盤リプレイス案件において、
 基本設計や詳細設計及びデータベース(PostgreSQL)の構築を
 メインにご担当頂きます。

必須スキル

・RHELやPostgreSQL(PostGIS)の設計構築及び試験の経験
・RHEL上のOSSに対し基本的な業務経験

契約形態

業務委託

単価

~4,890 円/時

プロジェクト詳細

データベース

Oracle
PostgreSQL

職種

インフラエンジニア
サーバーエンジニア

勤務地

江東区

最寄駅

豊洲駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

デジタル地図サービス基盤リプレイス案件関連のピックアップ用語

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、コンピューターのシステム運用におけるサーバー構築や保守・ソフトウェア設定などを行う職業である。サーバーの種類により、必要スキルが異なるが、セキュリティやLinuxなどのOSの知識は必要不可欠となっている。

・サーバーエンジニアとは
サーバーエンジニアとは、コンピューターシステムにおけるウェブサーバーの構築や、プログラム設定・ネットワークの調整を行う職業である。具体的な仕事内容はサーバの設計・構築・運用が主で、新規プログラム導入時にはネットワーク環境の整備やアクセス制御などインフラ業務も行う。その他、トラブル対応やセキュリティ対策も行い業務範囲は多岐にわたる。また使用するサービスにより、Webサーバー・メールサーバー・データベースサーバー・アプリケーションサーバーなどサーバーの種類がいくつかに分かれており、種類ごとに仕事内容や必要スキルが異なる。
尚、評価される民間資格としてLinux技術者認定やマイクロソフト技術者認定、その他Cisco技術者認定などがあげられる。

・サーバーエンジニアに求められるスキル
サーバーエンジニアとして働くためには、WindowsやLinuxなどのOSの知識以外にネットワークやセキュリティの知識・アプリケーション開発の知識が求められる。また歓迎されるスキルとして、Windowsサーバー構築経験や、PHPやJava・Javascriptなどのプログラミングの能力などがある。

・サーバーエンジニアと汎用系エンジニアの違い
簡単に言うと、取り扱うコンピューターのデータ規模が違うと言える。サーバーエンジニアが、パソコンやサーバなど中小企業のコンピューターシステムの運用においてサーバー機器の構築やプログラム設定を行うのに対し、汎用系エンジニアはIBMや富士通・日立など大規模企業が使用している大量データ用のコンピューターに対し、システム設計やセキュリティ対策を行ったり必要なプログラムを構築させることが仕事となる。

インフラ構築

インフラ:基盤などの意味を持つ英単語:infrastructureの略
システムを動かすための設備や基盤環境を構築すること。

インフラ構築とは、コンピュータシステムの基盤となるネットワークやコンピュータの設備を構築することである。具体的には、ネットワーク環境において必要回線の設置からコンピュータを動作させるためのプログラム環境の設定を行うことである。インフラ系エンジニアにとって、特定のベンダーに固定されることなく企業ネットワークの規模に合わせたインフラシステム構築を行うことが重要となる。

インフラ構築の作業内容は下記の通りである。
・データベース構築
・アプリケーションサーバ構築
・セキュリティ設定および管理
・ストレージのバックアップおよびリカバリ
・バックアップ実装
・ネットワーク設計、構築、保守

その他、インフラ系エンジニアにとって最も欠かせないスキルに、システム障害の対応が挙げられる。ネットワーク内で起こったトラブルの原因を早急に調査し、復旧に向けた作業を行うためには根気強さや注意力が欠かせない。

尚、インフラ系エンジニアに必要とされる資格は以下の通りである。
【ITパスポート試験】
平成21年に廃止された初級システムアドミニストレータ試験の後身。
経済産業大臣が行う国家資格で、情報技術の基礎知識を認定するもの。初級シスアドと比較して難易度は低く設定されている。
【Oracle Master】
日本オラクル社によるデータベース認定試験。
情報処理資格試験において認知度が高い。Oracleデータベースの管理や操作に必要なSQL文が問われる。
【Cisco技術者認定試験】
WAN接続・ネットワークセキュリティの実装・トラブルシューティング・ネットワーク導入および運用を問われる。

インフラエンジニア

システムエンジニアの一種であり、主にインフラの構築、運用、保守等、インフラ整備全般を行う技術者のこと。

インフラエンジニアとは、通信インフラにおいてインターネットやサーバを構築・運用するエンジニアのことである。2000年にIT・ADSLバブルが始まり、ネットワークの利用が一般的になったことにより、システム管理エンジニアからネットワークエンジニアが派生した。その際に、ネットワークエンジニアの業務(ネットワーク接続)以外を行うエンジニアをインフラエンジニアと呼ぶようになった。

【インフラエンジニアの業務内容】
■ハードウェアのセットアップ
■OSのインストール
■ユーザ環境の作成
■ツールアプリケーションのインストール
■プラットフォームの構築

プラットフォームを構築する際に利用するソフトウェアは、データを分担して保存し割り当てたkeyによりデータの追加・更新・削除を行う、分散型key-Valueストアの「Kai」がある。これらのソフトウェアを上手く利用するためには、自身で調整や変更、プログラムの追加、または他のプログラムと組み合わせなければならない。そのため、プラットフォームの構築にはプログラミングとコーディングの技術・知識が不可欠である。
近年クラウド技術の普及により、ハードウェアのセットアップ、OSのインストールが不要となり、インフラエンジニアの仕事が減少している。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PECLイベントをPECL installイベントを使ってインストールするには、PECLイベントを作るためlibeventのバイナリやヘッダなどが必要で、これらはlibeventやlibevent-devのようなパッケージから与えられるそうです。
ちなみに、libeventはソースからインストールすることもできるようですが、このとき/usrや/usr/localみたいな、よく使われるパスにインストールできるかどうかを確認する必要があるようです。またlibevent-dirの設定オプションから、libeventのインストールディレクトリにパスを渡すことができるようです。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-