フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【DB】流通系基幹システム基盤設計構築案件(六本木駅)
-
大変申し訳ございません。
【DB】流通系基幹システム基盤設計構築案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【DB】流通系基幹システム基盤設計構築案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2018/08/01

仕事概要

流通系基幹システムの更改にともない、
データベース基盤の論理設計・構築をお願いいたします。

10億単位のシステムが複数同時で作られており、
そのマスタ、テーブル、カラム名称の整合性を担保したり、
複数のチームで作成されるデータベースの設計を
統制・リードしたりする役割となります。

必須スキル

・データベース論理設計(データモデリング)の経験

契約形態

業務委託

単価

~4,490 円/時

プロジェクト詳細

言語

SQL

データベース

Oracle
MySQL
PostgreSQL

OS

Linux

職種

インフラエンジニア
データベースエンジニア

勤務地

港区

最寄駅

六本木駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (2回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

流通系基幹システム基盤設計構築案件関連のピックアップ用語

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

クリエイター

Webクリエイターとは、Webサイト構築に関わる全ての役割を担う職業である。具体的にはWebデザイナー・プログラマー・コーダー・Webディレクターなどの職業が含まれる。

・Webクリエイターとは
Webクリエイターとは、ページをデザインするWebデザイナーやプログラミングをするプログラマー・サイト統括を行うディレクターなどの業務を含め、Webサイト作成において広範囲の技術を担う職業である。具体的には、PhotoshopやIllustrator・Dreamweaverなどの画像編集ソフトを使った魅力的なページデザインや、HTMLやCSSを使いサイト全体を見やすくレイアウトするコーディング作業、クライアントとの打ち合わせやサイトコンテンツ・デザインの企画を含め全体の進行管理を行うディレクションなどの業務がある。クライアントの要望に叶ったウェブサイト構築ができるかどうかは、Webクリエイターのデザイン力とプログラミング力、企画・統括力にかかっていると言えるだろう。
尚、Webクリエイターの資格には、サーティファイWeb利用・技術認定委員会主催の「Webクリエイター能力認定試験」と、財団法人全日本情報学習振興協会主催の「Webクリエイター試験」の二つがある。

・Webクリエイターに求められるスキル
HTMLやCSSファイルへのコーディング・基本的なデザイン技術は必須スキルとなる。デザインの画像加工を行う場合には、PhotoshopやIllustrator・Dreamweaverなど制作用ソフトの操作経験も重視されるだろう。そのほか近年では、いかにユーザーに有益な情報提供をしているかという中身の重要性と共に、アクセシビリティに対応したサイト制作になっているかという点もWebクリエイターに要求されてきている。

・Webクリエイターとアートディレクターの違い
Webクリエイターはホームページ・Webサイト上で、デザインやレイアウトなどサイト構築をする職業であるのに対し、アートディレクターは、印刷物のデザイン・レイアウトや映画やテレビにおける美術監督など、広告ビジネスにおいて作業の全工程を統括する職業である。役割が広範囲という点では類似していますが、活躍の場がWeb上か紙面・メディアかといったことが大きな違いとなる。

バッファ

バッファは元々、衝撃を吸収して和らげる「緩衝剤」という意味の英語であり、ワークフローにおいて、想定外のタスクに備え「余分に確保しておく時間」の意味でも使用される。

バッファ(buffer)とは、コンピューターの入出力時における時間のずれで発生した問題に対処するものを意味する。別名バッファメモリと呼ばれ元々緩衝物を意味する英語の名詞である。
具体的には、処理限度を超えたデータを一時的に保持し、処理可能な状態になってからデータを動かす記憶領域の役割を担っている。また転送においても、出力するデータをバッファに記憶させ保持しておくことにより、データの途切れや速度不良などのトラブルを回避することができる。

バッファの情報記憶機能は、ビデオカードのVRAM・プリンタ・ハードディスクドライブ・ネット上のストリーム配信など様々な場面で活用されている。

バッファは、CPUや制御装置など内部処理装置とデータの間で広く活躍しているが、重大な問題も抱えている。
代表的な例として、バッファオーバーフローが挙げられる。これはバッファオーバーランとも呼ばれ、バッファ内のメモリ領域を超えてデータが入力された際に、溢れたデータがプログラムのトラブルを引き起こすというものである。
現在多くのOSで発見されているセキュリティホールのほとんどが、この「バッファオーバーフロー」によるものだと言われている。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

ウェブサイト構築時にユーザーアクセス増加前に拡張を行う事を検討する場合が多いと思います。
例えば、アプリケーション側をDNS・MySQL・memcacheと、データ・PHPのサーバーの二つに分け、
フロントエンドサーバにロードバランサー・memcache・DNSを、二つのウェブサーバーにPHPとデータを、ウェブサーバのどちらかにMySQLを搭載する方法もあります。
また、サイトがもっと大きなストラクチャに移動した際の、同期のための待ち時間を懸念し、AWS等を視野に入れる考えもあります。
サイト拡張の必要が出てくる前に月・日単位のアクセス数を推測することも重要です。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-