フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 物流系管理システムインフラ導入設計/運用設計案件(汐留駅)
-
大変申し訳ございません。
物流系管理システムインフラ導入設計/運用設計案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

物流系管理システムインフラ導入設計/運用設計案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・物流系管理システム導入におけるPMまたはPMサポート、
 及びネットワーク/AWS/運用/海外でのサポート設計構築に
 携わっていただきます。
・海外法人内へ物流管理システムを導入するにあたり、
 インフラの設計構築と運用/サポートの設計構築になります。

必須スキル

・ネットワーク、WANに関連した海外コロケーション事業者との調整/導入経験
・大規模ネットワークのルーティング設計経験
・AmazonVPCピアリング設計経験
・システム、VPCの設計(構成)経験
・Active Directory/DNS/NTPの設計経験
・運用、定型/非定型運用の設計経験
・JP1 Manager/監視(Zabbix)/バックアップ設計経験

契約形態

業務委託

単価

~650,000 円/月

プロジェクト詳細

職位

プロジェクトマネージャー(PM)

職種

インフラエンジニア

勤務地

港区

最寄駅

汐留駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

Flash

Adobe Systems社による音声動画、ベクターグラフィックスのアニメーションを組み合わせてWebコンテンツを制作するツール「Adobe Flash」の略称、およびそのフォーマットの名称。また、Flashフォーマットで作成されたswfファイル等のコンテンツ。

FlashとはAdobe systemsが開発している動画・音声・アニメーションでWebコンテンツを作成するソフトの名称であり、作成されたコンテンツのことを指す。コンテンツの再生には「Flash Player」が必要となる。Flash Playerは無償で配布されており、Mac OS X・Windows・LinuxなどのOS上で動作する。競合するプラグインにWindows Silverlight、類似技術にHTML5などがある。
Flashで作成されたコンテンツは再生するだけでなく、入力フォームによる入力やキーボード・マウスでの操作も可能で、一種のアプリケーション実行環境となっている。近年ではFlashをOS上で直接実行できる「Adobe AIR」も公開されている。
Flashは公的機関・企業・ポータルサイト・アーティスト・個人のWebサイトなどで幅広く使用されている。しかし、HTMLなどの代替ページを用意していない場合、アクセシビリティ面においてユーザから批判を受けることがある。また、Flashは通常のテキストや画像のようにコピーや保存ができないため曲の歌詞などをFlashで表示し、容易にコピー&ペーストできないようにするといった応用もされている。
最近のバージョンではこれまでの利用方法に限らずRIA向けの機能が拡充されている。より高度なUI・シームレスな動画再生・複数ファイルの同時アップロードなどDHTMLだけでは難しい柔軟で利便性の高いUIを比較的容易に提供できるとして普及している。

ロードバランサ

ロードバランサ(別名:LB、負荷分散装置)とは、Webサーバーやキャッシュサーバーなどに対する外部ネットワークからのアクセス要求を一元的な管理、もとい同等機能を持つ複数のサーバーに対してIPリクエスト・アクセスを振り分けることで負荷分散を実現する装置のことを指す。

ロードバランサとは、外部のサーバネットワークから発信された要求を管理し、発信サーバと同じ機能をもつ複数のサーバへ要求の転送を行う分散装置である。別名、サーバ負荷分散装置と呼ばれる。特徴として、システムダウンや速度遅延などサーバの負担超過によるトラブルを防ぐ役割を持っている。通常、ロードバランサは専用機材が置かれることがほとんどである。しかし、スケーラビリティの拡張のし易さや低コストでの保守運用の利点から、サーバにロードバランサのアプリケーションをインストールして活用する場合も多い。

【ロードバランサの主な機能】
・DDos攻撃を防ぐ
・SSLオフロード
・TCP負荷低減
・TCP圧縮作業
・コンテンツの切り替え及びフィルタリング

【ロードバランサにより負荷分散される種類】
・ファイアーウォール
・SSLオフロード・圧縮
・ウィルスやスパムに対するコンテンツ監視
・侵入検知システム
・キャッシュ
・サーバファーム

【ロードバランシングの種類】
・Round Robin(ユーザ要求をサーバへ均等に転送)
・Ratio(サーバごとの容量を決め、その比率に応じてデータを転送)
・Least Connections(最小のコネクションサーバへの転送)
・Observed(一定時間の平均が最小コネクションのサーバへ転送)
・Fastest(リクエスト未処理残が最小のサーバへの転送)
・Predictive(コネクションの増減を一定時間解析した後、平均コネクションを予測し転送)
・Dynamic Ratio(CPU・メモリをモニターで監視し使用率が低いサーバへ転送)

データベースエンジニア

データベースエンジニアはデータ管理・データベースの設計・構築を行う。その他にも不正アクセス、SQLなどの言語、チューニングなどの知識と技術が必要とされる職業である。データベーススペシャリストやOracle Masterの資格がある。

・データベースエンジニアとは
データベースエンジニアには、アプリ開発などのプロジェクト、コンサルタント、運用、サポートなど様々な職種がある。
主にデータベースを管理し、データを効率よく管理・検索できるように設計・構築を行う。また、不正アクセスや不正データなど、システムのセキュリティ対策、多量な同時アクセスの負荷分散など、多方面に考慮したデータベースの構築を行わなければならないため、レベルの高いパソコンスキルと知識が必要となる。また、SQLなどのリレーショナルデータベース操作を行うための言語も習得しておく必要がある。
通常、プログラマやシステムエンジニアの実務経験を積んでからデータベースエンジニアにスキルアップするのが一般的である。


・データベースエンジニアに求められるスキル
データベースエンジニアはデータに関する知識のみではなく、SQLなどの言語、セキュリティ、使用ソフトの知識と技術など多方面の知識が必要となる。
取得できる資格がいくつかあり、試験制度はスキルレベル4に相当する高度情報処理技術者試験のデータベーススペシャリスト試験、業界で高い需要を誇る民間資格のOracle Masterなどがある。このOracle Masterの資格は、取得しておくと転職時に有利になる。


・データベースエンジニアとSAPコンサルタントの違い
データベースエンジニアはデータに関する職業ですが、データに関する知識だけでなく不正アクセス、ウィルスなどのセキュリティ、負荷の分散など様々な知識が必要である。SAPコンサルタントは、ソリューション、デベロップメント、テクノロジ、SAP Business、SAP Assosiateの5つに分けられる。SAPシステムの資格で、システムを熟知していなければならず、どれも独学での取得は困難になっている。SAPが開催しているカリキュラムや企業向け講習を受けることで資格取得が可能となる。

その他の情報

プログラミング言語の案件をご覧の皆様

■登録・ご利用無料の『@Agent』
『@Agent』は、ITフリーランスの方のため案件サイトです。
システムエンジニア(SE)をはじめとするプログラミング言語開発エンジニアやWebデザイナーなどの求人を中心に掲載しています。
これまでご利用いただいた方の声より、一部抜粋して以下にまとめました。

「最新のIT知識を持つコーディネーターが素敵です!プログラミング言語を用いた案件や港区周辺など意見にしっかりと耳を傾けてくれたので、信頼できると感じました。結果、希望していた汐留近くで作業に参画することができました。【システムエンジニア・21歳】」

「フリーランスを目指して初めての参画で不安がありましたが、サポートやフォローが手厚く安心できました。業界への参画もでき、これで全ての利用が無料とは驚きです!【デザイナー・24歳】」

「連続的な案件を希望したときには、途切れることなくプログラミング言語の開発案件に携わることができました。システムエンジニア(SE)としての経験も積めるし、1つ1つ案件を探す必要がないので楽です。【システムエンジニア・23歳】」

■プログラミング言語のスキルを活かすには?
プログラミング言語を始めとするプログラミング言語は、システムエンジニア(SE)として欠かせないスキルです。といった業界で用いられる言語も多種多様で、それに合った能力を求められます。
そのため、ご自分のスキルや知識を把握した上で、コーディネーターへご相談いただくことが大切です。プログラミング言語を用いた開発経験がある方は、案件参画への大きな強みとなりますので、忘れずにお伝えください。チャンスを逃さないことも、あなたが輝くための近道といえるでしょう。
転職ご希望の方のご相談もうかがっております。まずはお気軽にご登録ください。

コーディネーターのプログラミング知恵袋

Angular.jsとLaravelを結合する方法を調べました。
1.クライアント側のみでレンダリングする方法
LaravelをJSONを返すAPIのエンドポイントとして使い、Angularはこのデータを$httpまたは$resourceのサービスにクエリすることができ、テンプレートのコンパイルできます。
この方法は比較的簡単で、殆どのWebアプリケーションで利用されているようです。
2.サーバ側とクライアント側でレンダリングする方法
Laravelがルートしサーバ側でテンプレートをコンパイルする方法です。
1.と比較すると、やり方が少し複雑かもしれません。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-