フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > ネットワーク機器キッティング業務案件(流通センター駅)
-
大変申し訳ございません。
ネットワーク機器キッティング業務案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

ネットワーク機器キッティング業務案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:1ヶ月以上前

仕事概要

・手順に従いネットワーク機器のキッティングを実施していただきます。

必須スキル

・手順に沿った作業遂行が可能であること

契約形態

業務委託

単価

~420,000 円/月

プロジェクト詳細

職種

ネットワークエンジニア
インフラエンジニア

勤務地

大田区

最寄駅

流通センター駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (1回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

閉じる

関連のピックアップ用語

Model View Controller

Model View Controllerとは、ソフトウェア設計モデルの一つで、MVCと略称されることが多い。元来Model View Controllerは、Smalltalkというオブジェクト指向言語でのGUI設計に用いられた概念だった。近年ではJ2EEなど、エンタープライズシステムの開発などにも応用されている。
MVCモデルは、処理の中核を担う「Model」、処理結果の表示・出力を担う「View」、入力を受け取り内容に応じてModelとViewを制御する「Controller」の3要素に分割してシステムを設計・実装する。

【MVCモデルの特徴】
■機能ごとの分離を明確化することにより、それぞれの独立性が確保される
■開発における分業が容易になり、各機能の専門家は自分の得意分野の実装に専念できる
■コンポーネント間の依存性が最小限に抑えられることにより、互いに仕様変更の影響を受けにくい
■コンポーネントの再利用性が高まる
■複数の担当者が同一のソースに対しメンテナンスを行う事態を回避でき、保守性が確保される。
■自動プログラミングなどにも適している

Maatkit

Maatkitとは、MySQLやPostgreSQLのようなオープンソースのデータベース向けに設計された高品質なコマンドラインツールである。

Maatkitとは、主にMySQLを対象とした高品質なコマンドラインツールであり、開発者・ユーザ・オープンソースのデータベース管理者のために開発されたソフトウェアである。開発言語はPerlを使用している。「実践ハイパフォーマンスMySQL」の著者であるBaron Schwart氏により開発された。Maatkitの名前の由来は、法・正義・真理を司るエジプトの女神マアトで、Maatkitのロゴにもこの女神が描かれている。Maatkitにおけるほぼ全ての機能はMySQLのために設計されていたが、近年ではPostgreSQLやmemcachedなどでも利用できるようになった。オープンソースの開発者コミュニティがあり、活発な開発が行われいてる。Maatkitの開発により、MySQLの高度な操作が可能になった。
例を挙げると
・テーブルのチェックサム
・クエリのプロファイラ
・EXPLAINの視覚化
・スレーブがマスタと同じデータを持っているかのチェック
など、様々なコマンドがある。また、実行中にダンプさせることも可能である。以下のサイトで各コマンドについてのマニュアルを見ることができる。
(参照:http://www.maatkit.org/doc/)
しかし、MySQLにおいて画期的な利便性があるものの、日本語でMaatkitについて説明しているサイトが少ないのが難点と言える。

汎用機

汎用コンピュータ(別名:メインフレーム)とは、企業や団体、研究機関などの基幹業務用などで利用されている大規模なコンピュータを指す言葉である。
汎用コンピュータ(メインフレーム)の明確な定義は無く、複数のコンピュータアーキテクチャのコンピュータの総合的な呼び名であり、複数の呼び名が存在する。

汎用機とは企業の基幹業務システム等に利用される大規模なコンピュータのことである。メインフレーム・大型汎用機・汎用コンピュータなどとも呼ばれている。明確な定義が無く、複数のコンピュータ・アーキテクチャの総称であるり、観点によって複数の呼び方が存在する。
CPU・電源・記憶装置などほぼ全てのパーツが多重化されており、並列処理で耐障害性と処理性能の向上が図られている。端末はネットワークを通じて接続されており、利用者は端末からコンピュータにアクセスする。端末自体には記憶装置や処理装置が無いため、データの処理・保存は全て中央コンピュータで行う中央集権的な構造になっている。

【汎用機の特徴】
・大規模組織や大企業向けの容量・信頼性・安定性
・シリーズ間の互換性
・オフィスコンピュータ・ミニコンピュータよりも大型
・用途の決まっているスーパーコンピュータ・組み込みコンピュータと違い汎用性がある
・オープンシステムと違い各メーカーの独自設計が多い

なぜ日本では「汎用機」と呼ぶのかというと、汎用機が登場する以前は特定用途に合わせてコンピュータを特注で製造することが一般的であった。そのため機械構造やソフトウェアに合わせて柔軟に変更できるシステムは当時において画期的だったためである。大型汎用機という呼び方は小型で安価なコンピュータが登場する1980年代頃から定着してきたため、比較的新しい呼び方である。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

PECLイベントをPECL installイベントを使ってインストールするには、PECLイベントを作るためlibeventのバイナリやヘッダなどが必要で、これらはlibeventやlibevent-devのようなパッケージから与えられるそうです。
ちなみに、libeventはソースからインストールすることもできるようですが、このとき/usrや/usr/localみたいな、よく使われるパスにインストールできるかどうかを確認する必要があるようです。またlibevent-dirの設定オプションから、libeventのインストールディレクトリにパスを渡すことができるようです。

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-