フリーランスのIT求人案件@Agentフリーエンジニア求人案件検索 > 【Java】健保システムマイグレーション案件(テレコムセンター駅)
-
大変申し訳ございません。
【Java】健保システムマイグレーション案件」の
エンジニア求人案件の募集は締めきりました。

-

案件を検索する

フリーワード検索

検索

ex) PHP 渋谷

-

希望の案件が見つからない…というあなたへ

なかなか条件に合った案件が見つからないなら、 あなたにピッタリの案件を一緒にお探ししましょう!

@Agentの案件提案は何が違うのか?

1分で完了! 代わりに案件を探してもらう

【Java】健保システムマイグレーション案件

検討中リストに追加しました。

サンプルイメージ

「検討中リスト」へは
上記ボタンから遷移できます。

更新日:2017/11/14

仕事概要

・健康保険組合システムをマイナンバー対応する為、
 現行システムのCOBOL)からJavaにマイグレーションを行います。
・製造は、オフショアで対応致します。
・スケジュールは、以下を想定しております。
 -3月~3月末:詳細設計
 -3月~4月末:製造(オフショア)
 -5月~6月末:受け入れテストおよび結合テスト

必須スキル

・Javaでの開発経験
・COBOLのソースコードの理解ができる方

契約形態

業務委託

単価

~650,000 円/月

プロジェクト詳細

言語

Java

勤務地

最寄駅

テレコムセンター駅

精算

選考プロセス

【STEP1】@Agent応募時の書類確認

【STEP2】弊社コーディネーターとのカウンセリング

【STEP3】クライアント先訪問 (2回)

【STEP4】条件調整、ご参画

※クライアント先訪問日程等はご相談ください。

備考

スーツ着用が必須の現場です。

※本案件の再配信・媒体への掲載はお控え下さい。
※単価はこれまでの実績です。
※募集状況、市況、応募ご本人のスキル等により単価や契約期間は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

実は、サイトに掲載している案件はほんの一部です!

非公開求人は80%以上

全体のうち、80%以上は非公開案件です。(公開案件は18%のみ。
突然の欠員募集や、公募すると応募が殺到してしまう案件など、あえて公開しない場合が多数あります。

非公開案件を見たい方はこちら

関連のピックアップ求人案件

閉じる

健保システムマイグレーション案件関連のピックアップ用語

インフラ

基盤、下部構造などの意味を持つ英単語:infrastructure(インフラストラクチャー)の略称
ITでは「システムを動かす為の基盤環境」

インフラとはインフラストラクチャ(infrastructure)の略で、IT業界においてシステムの基盤や、ネットワークを有効に機能させるために必要な設備のことを表す。
本来、インフラは上下水道や道路などの社会基盤を意味するという概念において、インターネットなどのIT環境は近年全世界において社会基盤の1つと言えるだろう。
IT業界の「インフラ系エンジニア」は、ITビジネスの基盤であるネットワークサーバ・セキュリティ・OSなどの設備構築を担う職業である。また、「インフラ業務」はネットワーク構築や運用のことを指すことがほとんどである。
尚、インフラ系エンジニアとして業界で高い評価を得るための資格には以下のものが注目されている。

・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・MCP(マイクロソフト認定プロフェッショナル)
・CCNA(Cisco Certified Network Associate)
・CCNP(Cisco Certified Network Professional)
・Oracleマスター
・LPIC(Linux技術者認定試験)

これらは、サーバー構築や運用を行う上でシステムやネットワークの管理力や技術力の証明となる資格だと言える。

要件定義

要件定義とは、情報システムやソフトウェアなどの開発の初期段階に行われ、要求されている機能や、実装されるべき機能などを明確にしていく作業のこと。 

要件定義とは、コンピュータのシステム化を行う際に不可欠な業務内容などの要件を定義したものである。
具体的には、ユーザがシステムを用いて行う必要がある業務を基に、目的実現に向け実装すべき機能を開発者が検討し、要件定義書に記述していく。そして、要件定義書に沿って開発を進める中で利用者に対して要求定義を行い、次工程の設計・実装に役立たせることが必要である。

「要件定義」と「要求定義」は同義語とされる場合もある。それは、要求定義が要件定義の業務内に組み込まれているという判断からである。
しかし実際は、類義語として別々に扱われることがほとんどで、要求定義が変わると要件定義も変更となるケースが多い。両者の違いは下記の通り。

◆「要求定義」
システム利用者の「~がしたい」の希望

◆「要件定義」
システム運用において必要な設計を記載した仕様書
機能・データベースの利用方法などが含まれる

尚、要件定義はシステムに詳しければ行うことができる訳ではなく、必須となる条件がある。
一つ目は、要件定義の場面でアシストの経験がある、または立ち会い経験があることである。
要件定義は、利用者だけでなく開発側にとっても役立つ情報を定義していく必要がある。その為、実際の場面での経験が必須となるのである。
二つ目は、要件定義書を基にしたシステム設計の経験である。理由として、要件定義書はベンダー設計者への指示書となるため、システム設計の経験があれば過剰な設計金額や開発期間の延長など、リスクを回避させることができるからである。

リッチメディア広告

リッチメディア広告とは、テキストや静止画だけでなく音声・動画など大容量データを利用したインターネット広告である。また、ユーザの操作により表示内容を変化させる「双方向性」を持たせた広告も増えている。リッチメディア広告には広い概念があるが、主に「エクスバンド広告」「インタースティシャル広告」「フローティング広告」「ビデオ広告」の4つに分類される。通常のバナー広告であっても、GIFではなくフラッシュを用いた広告や大容量データの広告等はリッチメディア広告に含まれる場合がある。
リッチメディア広告を上手く利用することで、従来のインターネット広告では表現できない独創的かつ創造性に富んだ広告へと展開することができ、より効果的に広告商品の魅力を伝えることができる。
しかし、リッチメディア広告を利用する上で2つの注意点がある。まず1つ目が、データ量が多いためにインターネットの接続環境が十分でなければ読み込みに時間がかかってしまったり配信できなかったりと、ユーザに不快感を与えてしまう点である。ブロードバンドの普及により環境は改善されつつあるが、現時点では全てのインターネットユーザが同じネット環境でリッチメディア広告を閲覧できるわけではない。2つ目の注意点は、利用できる表現方法が豊富になったからといって動画や音声を多用すれば宣伝効果を得られるというわけではないことである。リッチメディア広告を作成する際は、ユーザが求める情報を絞込み的確に伝えなければならない。広告商品の魅力を効果的に宣伝するため、インターネット広告の戦略が今後さらに重要となるだろう。

その他の情報

コーディネーターのプログラミング知恵袋

メール送信処理を行う際に、比較的新しいメールクライアントで受信されないという場合、理由として以下3つが考えられます。
①受信メールサーバーの受信制限が厳しく何かに引っかかっている
②送信サーバー(ドメイン・IP)が、クライアントサーバーが表記したアンチスパムリストに載っている。
③クライアントサーバーが行うグレーリストのタイムアウトが頻発し送信処理を行わなく成っている。
メールサーバーのログを確認して、そこに記録されている内容から、受信者のメールアドレスに起きてる状況を判断してください。
メールが送信されていれば、クライアント側の問題ですので、デバッグを依頼しましょう。

 

募集が終了した案件(募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください)

無料サポートに申し込む【簡単1分】

@Agentとは?

閲覧履歴

ソーシャルゲーム特集おすすめ一覧

-

関連情報

職業別スキルシートダウンロード 無料イベントのご案内 クライアント先訪問時のよく聞かれる質問 単金UPの秘訣 オトクな情報つぶやき中

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-