フリーランスのIT求人案件@Agentフリーランスになるには > クレジットカード・口座

フリーランスになるには

開業の手順【5.口座・クレジットカード】

口座開設

口座開設は必須ではありませんが、個人事業用の口座を開いておくと便利です。
もともと持っている口座を使っても問題ありませんが、その口座を使うと、帳簿上に個人の支出なども含めて全て記載される事になり、分かりにくくなるだけでなく、確定申告の際に1つ1つ振り分けをしなくてはならず非常に時間がかかります
おすすめの方法は、個人事業用の口座とプライベート用の口座をわけてつくり、事業で使う費用で自動引き落としされるものに関しては個人事業用の口座に統一しておくことです。

また、自宅を事務所として使う場合などは家賃・通信費・水道光熱費等の一部を経費にすることができますので、その引き落としも個人事業専用の口座にしておくと楽です。

クレジットカード

銀行口座と同じようにクレジットカードも、個人事業主用とプライベート用を分けた方が、経理上わかりやすくなります。経理の処理のためにも個人事業用に用意することをおすすめします。 なぜなら分けることによって、精算の時にクレジットカードから引き落とされた金額の明細書を1つ1つ見ながら、プライベート用の費用と個人事業用の費用に分けていく作業を省けるからです。

「フリーランスになるには?」の疑問に答えます!

@Agentなら、フリーランスが初めての方でも安心して任せられる徹底したサポート体制を整えています。

無料相談の申し込みはこちら

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-