フリーランスのIT求人案件@Agentフリーランスになるには > 必要なスキル

フリーランスになるには

必要なスキル

情報収集力

次にどんなサービスが流行りそうか、どんな技術が出てきそうか、そのために何か準備できることはあるか、などの情報を常に収集しておく必要があります。
IT業界はスキルや業界の進歩が非常に早いものです。本や雑誌をはじめ、セミナーに参加するなどキャッチアップをしておくことで、より付加価値の高いフリーランスになることができます

自己管理をする

フリーランスになると、今まで会社がやってくれていたことを全て自分でしなければならず、自分で管理しなければなりません。そのため、自分で自分を律し、計画を立てて行動する力が求められます。
これは仕事と私生活両方に言えることです。
仕事に関しては、任された仕事やプロジェクトの進捗を管理して、必要があれば自主的に関係者に働きかける必要があります。管理がおざなりになってしまっていると、管理できていないと気づいたころにはオーバーフローでパンクしてしまい、納期に間に合わないといったことになりかねません。信用をなくしてしまわないように気をつける必要があります。

ポイント

フリーランスになると全てが自分の責任です。自分の力のみで生きていくため「身体が資本」という考え方を持って日々行動する必要があります。私生活でも食事や睡眠に気を遣い、体調をコントロールすることが必要です。万が一病気で働けなくなったら、すぐに仕事が減り収入に直接響いてきますので、体調管理には細心の注意を払いましょう。

コミュニケーション力

フリーランスである以上、自分の名前で勝負していかなければなりません。自分がどんな人物で、どんな価値を出せるのかをしっかりと相手に伝えることが重要になってきます
取引先や、他の仕事仲間と良い関係を築いていくためにも、コミュニケーションをとれなければいけません。また、取引での交渉時や企画などを相手に上手に説明する能力も必要とされます

環境に依存しない生産能力

フリーランスになると、プロジェクトごとに職場が変わったり自宅で仕事をしたりと、環境が変わることが多いかもしれません。
従って、環境に適応する柔軟性がないとフリーランスの利点を失うことになりかねません。
勤務先で働く際には、自分が仕事がしやすい環境を整え、最大のパフォーマンスを発揮できる状態にもっていけることが必要になってきます。

マーケティング力

フリーランスになった以上、企業に対して自分は「商品」です。その商品をうまく使ってもらうには「売り」が必要です。自分を上手にマーケティングすることで仕事も入ってくるようになるのです。

レバテックではコーディネーターがエンジニア、デザイナーの皆様の「売り」を最大限に引き出すカウンセリングを行います。もちろん技術や業界に関しての最新情報も提供します。

ビジネスマナー

どのような仕事においてもビジネスマナーは大切です。初めて会う相手にも好印象を与え、信頼を寄せてもらうにはビジネスマナーをしっかりと知っていなければなりません。ビジネスマナーがしっかりとしていない人に仕事を依頼する企業はありません。最低限のビジネスマナーだけでも頭に叩き込んでおきましょう。自然に身につい てくるはずです。

価格交渉力

自分の価値を示すためには「自分」という商品を売り込まなければなりません。そして単価交渉をしなければなりません。

単価交渉力アップのポイント

  • 相手に十分な根拠を示すことができる
  • 市場価格を調査しておく
  • 商品価値を常に高めておく
  • 相手の言いなりにならない

※レバテックを通した業務委託では、企業との単価交渉は弊社にて行います。

「フリーランスになるには?」の疑問に答えます!

@Agentなら、フリーランスが初めての方でも安心して任せられる徹底したサポート体制を整えています。

無料相談の申し込みはこちら

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-