フリーランスのIT求人案件@Agentフリーランスになるには > 確定申告について

フリーランスになるには

確定申告について

確定申告とは

確定申告とは、前年の1年間(1月1日から12月31日までの間)に、所得のあった人が所得税額を申告納税すること、または納め過ぎた所得税を還付申告することをいいます。

確定申告しなくて良い場合

確定申告をしなくても良いのは、収入から経費を引いた額が所得控除の合計額以下の人だけです。それ以外の人は必ず確定申告をする必要があります。 会社員であれば税金は月々の給与などから源泉徴収され、会社が自分に替わって税務署に納付してくれますので、基本的に確定申告をする必要はありません。(年収2000万以上の人は確定申告をする必要があります)

個人事業主の場合は、確定申告をして納税額を税務署に申告納税しなくてはなりません
その年の1月1日(初年度は事業を始めた日)から12月31日までの事業の成績をまとめ、翌年の3月15日までに「確定申告」します。

青色申告と白色申告

確定申告には青色申告と白色申告があります。
どちらの形式を使って申告をしても構いませんが、節税などの観点から青色申告をおすすめします。実際にフリーランスで活躍されている方々に伺っても、ほとんどの方が青色申告をしています。
それぞれの特徴を表にしました。

  青色申告 白色申告
記帳の義務 正規の簿記による帳簿の記帳が必要になります。
1.仕訳帳
2.総勘定元帳
3.固定資産台帳
4.現金出納帳 など
原則:記帳義務はありません。ただし、事業所得が300万円を超える場合には、記帳の義務が発生します。
決算書の作成 「損益計算書」「賃借対照表」 「収支内訳書」
特典 青色申告の主な特典は以下の通りです。
1.最高65万円の特別控除
2.家族への給与が必要経費になる
3.減価償却の特例が受けられる
4.赤字損失分を3年間繰越できる
白色の場合は、家族やスタッフの給与の一部が必要経費になります。
申請手続き 「青色申告承認申告書」家族に給与を払う場合は「青色申告事業専従者給与に関する届出書」 特になし

上記を見ると、白色申告のほうが記帳が簡単です。しかしたとえ事業所得が300万円以下だとしても、必要経費の管理その他で記帳は必要になってくることがほとんどです。
青色申告は複式簿記の知識が必要で、しっかりと収支を詳細に記録していかなければならないので、多少手間ではありますが、上記の主な特典を含め40以上の特典がつきます。

手続きについて

青色申告をして各種控除を受けるためには、「所得税の青色申告承認申請書」を事前に提出しておく必要があります。

新規開業の場合

  • 1月1日~1月15日までに開業:その年の3月15日まで
  • 1月16日以降に開業:開業日から2ヶ月以内

白色申告から青色申告に切り替える場合

青色申告にする年の3月15日までに先程の「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておきましょう。

※何も提出しない場合は自動的に白色申告になります。(白色申告の場合は手続きは必要ありません)

また、家族などが事業を手伝ってくれる場合、 「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署に提出します。 これを提出しておくことで、青色事業専従者(家族)の給与を経費にすることができます

確定申告の手順

青色申告に義務付けられていることは

  • 複式簿記によって帳簿をつける
  • 決算を行い、「損益計算書」と「貸借対照表」を作成する
  • 事業にかかった経費(必要経費)の領収書を整理し、7年間保管する
  • 取引を記録した書類(納品書、請求書、発注書、受注書、契約書等)を整理し5年間保管する

ということです。

「複式簿記による帳簿」は、簿記の知識がないと不安に感じるかと思いますが、会計ソフトを活用するといいでしょう。経理の基本と入力・操作方法を覚えれば、使いこなせます。

ポイント

大切なのは

  • 個人のお金と事業のお金をきちんと分けること
  • 日々の入出金をきちんと管理すること

です。
お金の出入りの記帳は溜め込まず、都度入力するクセをつけると、決算時に慌てることなく、スムーズです。

税務署に提出するのは、下記です。

  • 青色申告決算書
  • 確定申告書
  • 提出義務のある証票類
■青色申告決算書の作成

会計ソフトを利用して作成するのがいいでしょう。

※白色申告の場合はもっと簡単な仕分けでOKです。詳しくは国税庁のHPをご覧下さい。

■確定申告書の作成

確定申告書は以下のいずれかの方法で作成するといいでしょう。

  • 会計ソフトで作成する
  • 国税庁HPの確定申告書等作成コーナーで作成する(毎年1月頃に公開されます)
  • 毎年確定申告の時期になると税務署に確定申告用のコーナーも設置されます。わからないことが ある場合などは、そこで税務署の人に相談しながら入力することも可能です。(3月15日に近くなると混雑するので、前もって行くのがいいでしょう)
■提出義務のある証票類
  • <所得税の納付>
    所得税の納付がある場合は確定申告の期限までにそれを納めなければなりません。納付もれ防止のためにも口座振替の手続きをしておいた方がいいでしょう。
  • <添付書類の確認>
    社会保険や生命保険の払込証明書などは電子データではなく、現物が必要になるので、きちんと揃っているか確認しましょう。

提出の方法

  1. e-Tax
    インターネットで申告する方法です。市区町村の役所で電子証明書を取得し、ICカードリーダライタを準備する必要があります。また国税庁のHPで事前に登録が必要である等、準備に手間はかかりますが、24時間インターネットで申告ができる他、還付金がある場合には、他の方法よりもスピーディーに還付されるなどのメリットもあります。
  2. 税務署に郵送
    作成した書類を管轄の税務署に郵送します。消印の日付が提出日となりますので、3月15日の消印まで有効となります。この場合、添付書類も一緒に郵送しなければなりません。
  3. 税務署に持参
    税務署に書類を持参して申告します。わからないことがある場合などは、質問しながら申告できるので、この方法が間違いないでしょう。ただし、3月15日付近は大変混み合います。

「フリーランスになるには?」の疑問に答えます!

@Agentなら、フリーランスが初めての方でも安心して任せられる徹底したサポート体制を整えています。

無料相談の申し込みはこちら

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-