フリーランスのIT求人案件@Agentフリーランスになるには > フリーランスのメリット

フリーランスになるには

フリーランスの特徴 ―フリーランスのメリット―

年収増加

会社員の場合、どんなに営業成績を上げてもそれが全て自分のものになるわけではありません。 売上は基本的に会社のものになり、経費や販売管理費、役員報酬、企業の利益などに回され、残りが「給与」という形で従業員に返ってくるのです。これがいわゆる給与収入です。

一方フリーランスは、事業収入を得ることになります。 要するに、自分が稼いだ分だけ報酬となって入ってくるのです。また、フリーランスは個人事業主として企業と対等に取引ができるので、自分の能力やスキル・資格などを武器に、会社員より有利な契約を結ぶことが可能です。以上から、フリーランスは同年齢の会社員に比べて収入が高くなることが多いのです。

仕事内容の自由度が増す

会社に属していると好き嫌いに関わらず、与えられた仕事や会社都合の仕事を遂行することが基本になります。組織の一員として、その組織での役割が最優先されます。

一方フリーランスは、能力さえあれば自分の得意分野や、やりたい仕事をすることができます。例えばエンジニアの場合、会社勤めの時は会社都合でプログラミングしかやらせてもらえなかった人でも、フリーランスになれば能力次第で要件定義から詳細設計、運用まで自由に請け負うことができるようになります。従って、これまで会社都合により得意分野で勝負できなかった人も、自分の強みを生かして収入をアップさせられる可能性が大きくなります

税負担の軽減

一般的にフリーランスの人は、個人事業主として税金の届出をすることになります。 個人事業主は事業にかかった経費を所得から差し引くことができます。所得税はこれを差し引いた後の所得から計算するので、その分所得税を少なくすることができます。
※詳しくは税金についてをご覧ください。

定年退職がない

能力が評価されている限り、いつまでも仕事をすることができます。 従って、一般的な定年退職の年齢である60歳を過ぎても働くことができる場合もあるのです。

定年退職がないということは退職金はどうなるのか、という疑問がありますが、会社に属していないので、フリーランスは退職金をもらえません。しかし任意で個人的に積立て、退職時にもらえる共済などがあるので入ることをおすすめします。

出勤時間が自由になる

契約にもよりますが、フリーランスになると出勤時間がある程度自由になることが多いです
仕事オンリーではなく、もっとプライベートを充実させたいと考えている方やもっと力をつけるために勉強したい方、通勤ラッシュが苦痛だという方や、いわゆるサラリーマンのように決まった時間で働くことが苦痛な方にとっては都合が良いかもしれません。

もちろん案件をもらったクライアント先で、具体的な働き方について条件の合意が必要です。基本的には先方の指示に従いましょう。

収入を自分で決められる

フリーランスの場合、フリーランスとは?にもあるように、自分の単価は顧客との交渉で決めていきます。 交渉次第では会社員よりも効率良く稼ぐことが可能です。

例えば、会社勤めの頃は年間250日で400万で働いていた人が、フリーランスになって年間200日で600万稼げるようになったという例もあります。 このように、自分で働く日数や自分の年間収入を決められるところも、フリーランスの特徴です。

人間関係のストレスなし

会社員のストレスの多くは、人間関係が原因だと言われています。
フリーランスは基本的に個人事業主として活動するため、上司や先輩、後輩の概念がありません。そのため、人間関係を対等にすることができます。
もちろん、人としての礼儀や協調性を持ち合わせている必要はあります。

副業ができる

フリーランスにはもちろん就業規則がないため、空き時間の有効活用が可能です。多くの会社では副業が禁止されていますが、フリーランスはそのような決まりはありません。
ITコンサルタントとして働いたり、セミナー講師をしたり、自分のビジネスをするのも自由です。

「フリーランスになるには?」の疑問に答えます!

@Agentなら、フリーランスが初めての方でも安心して任せられる徹底したサポート体制を整えています。

無料相談の申し込みはこちら

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-