フリーランスのIT求人案件@Agentフリーランスになるには > 保険の切り替え

フリーランスになるには

開業の手順【3.保険の切り替え】

日本では、国民は皆何らかの公的医療保険に加入しなければなりません。
会社員の場合は社会保険に加入しますが、フリーランスの場合は「任意継続被保険者」として前の会社の健康保険に加入する(退職後2年間)か、「国民健康保険」に加入します。

退職後の健康保険

【任意継続】
この制度は、希望した場合は引き続き退職前と同じ健康保険制度に加入できるというものです。
任意継続できる期間は最長2年間で、退職後20日以内に届出をしないと継続できません。
会社が加入している健康保険組合によっては独自のメリットがあることもあります。
保険料は退職時の標準報酬月額に保険料率を掛けた額になります。(加入する健康保険によって多少違いがあるので、確認が必要です)
【国民健康保険】
市区町村などの地方公共団体が運営する健康保険で、個人事業主など社会保険に加入していない地域住民を対象とした制度です。
保険料は前年の所得により算定されますが、計算方法は市区町村により大きく異なります。

どちらに加入すればよいか?

任意継続でも国民健康保険でも病院にかかった際の自己負担額は同じ3割ですが、差があるのは保険料です。
個々の状況でかなり異なるので、どちらが得かは計算してみないとわかりません。
特に国民健康保険の計算方法はお住まいの市区町村により大きく違い、同じ所得でも年間数十万円の差が生じることもあります。
事前に市区町村に国民健康保険の保険料を確認し、会社の人事担当者に任意継続の保険料を確認して、保険料が安い方に加入するといいでしょう。

退職してから20日以上経ってしまっている方は任意継続という選択肢はありません。国民健康保険の加入手続をしましょう。

手続き

【任意継続】
今まで加入していた健康保険組合又は居住地の社会保険事務所(加入している保険により異なります)にて退職後20日以内に手続きを行います。
手続きには以下のものが必要になります。
  • 任意継続被保険者資格取得申請書(健康保険組合又は社会保険事務所にあります)
  • 本人確認書類
  • 住民票、健康保険被扶養者届(扶養家族がいる場合)
  • 印鑑
※加入している保険によって異なる場合がありますので、手続きに行く前に電話などで確認するといいでしょう。
【国民健康保険】
住居のある市区町村役場の担当窓口で手続きを行います。
役所に行く際には、
  • 健康保険資格喪失証明書または離職証
  • 印鑑(本人手続きの場合、不要) 
が必要になります。

特に「健康保険資格喪失証明書または離職証」は退職する会社から発行してもらう必要があるので、退職願が受理され次第、忘れずに会社から受領してください。これがないと保険証が発行されません。

フリーランス(個人事業主)の注意点

会社に雇われている会社員の場合、保険に関する手続きもすべて会社が代わりに行ってくれていることがほとんどです。しかし、フリーランスの場合は保険に関する手続きも自分で行わなくてはいけません

会社員の場合、健康保険を会社と折半して支払いますが、個人事業主の場合はすべて自分で支払わなくてはいけません。(国民健康保険、任意継続いずれの場合も全額自己負担です)

会社員などが加入する健康保険は病気やけがのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に傷病手当金が給付されますが、国民健康保険や任意継続保険にはその制度がないため、その分民間の医療保険に加入するなど、傷病時のリスク管理が必要となります。

「フリーランスになるには?」の疑問に答えます!

@Agentなら、フリーランスが初めての方でも安心して任せられる徹底したサポート体制を整えています。

無料相談の申し込みはこちら

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-