フリーランスのIT求人案件@AgentIT用語集 > RSS広告

IT用語集

IT用語集

検索内容の入力

フリーワード検索ボタン
-
-

RSS広告

RSS広告とは、RSS機能を利用したインターネット広告のことである。RSSフィードと共に配信され、更新情報を見に行く前のユーザを対象とした手法である。記事内容に関連のある広告を表示させるコンテンツ連動型広告で主に利用されており、「サイトにあうコンテンツマッチ型広告を自動的に掲載するタイプ」と「RSSリーダーに広告を表示させるタイプ」の2種類がある。テキストだけでなく、音声付き広告や画像の配信も可能である。
RSSをチェックしているユーザはその記事に興味があり、関連する広告をクリックする可能性が高いため、効果的な宣伝効果を得ることができる。また、RSSフィードに広告を掲載できるため広告の掲載場所が増え、広告がよりユーザの目に付く可能性が高くなるという特徴を持っている。
RSS広告はRSSリーダーが自動的に読み込むため擬似プッシュ配信を実現でき、ほぼリアルタイムで広告を更新できる。また、メールフィルターにかかることもなく、スパムとして破棄されたり配信スケジュールに縛られたりすることがないというメリットがある。
近年ではRSS広告が普及しだしており、様々な広告配信プラットフォームが利用できるようになっている。RSS広告社の「Trend Match]、バリューコスーマの「RSSバナー」などがあり、他にも携帯電話向けRSSリーダーに「Sweet」「WiWi」などがある。

その他の用語

  • 一つ前へ戻る
  • IT用語集トップへ