フリーランスのIT求人案件@Agent > クライアント先訪問時のよくある質問

クライアント先訪問時のよくある質問

質問には必ず意図がある

クライアント先に訪問してもうまくアピールできない…という方は多いのではないでしょうか。訪問時によく聞かれる質問には、実は「こう答えて欲しい」という担当者の意図が隠されているのです。
ここでは、訪問時によくある質問の意図と、その答え方についてアドバイスしています。質問項目は、基本編・エンジニア編・クリエイター編の3つに分けてご紹介します。あなたの魅力をしっかりとアピールできるように、チェックしていきましょう。

面談時のよくある質問イメージ
  • 基本編
  • エンジニア職編
  • クリエイター職編

基本編

職種に限らず基本的に押さえておきたい質問です。
仕事に対する向き合い方や、マインド面について問われることが多いです。

基本編イメージ
これまでの経歴をお話しください。
  • 必要なポイントを押さえ、簡潔に話すことが出来るか
  • 仕事に対してどのような意識を持っているか

ここでは全ての経歴を話す必要はありません。直近の経歴、または必要とされているスキルに関係があるものを2~3件ピックアップし、簡単なPJの概要、規模、自分の役割、担当内容をまとめて話しましょう。チームでの作業経験(他業種や学生時代でも可)があれば、どのように連携をしていたか等を話すことで、チームワークの良さや担当できるポジションのアピールにもつながります。
また、この質問に関連して、「苦労したエピソード」や「工夫をした経験」について質問をされることもあります。どういった問題に直面し、それをどのように解決したのかを話すことで、あなたの仕事の進め方や能力を、より具体的に伝えることができます。

あなたの得意分野・強みは何ですか?
  • 自身の強みを理解できているか
  • 強みをどのように活かすことができるか

自分自身をいかに分析し、理解できているかが見られています。業務知識、技術、経験など、答え方は様々ですが、その強みをどのように活かすことができるのかを合わせて答えられるようにしましょう。br> 同様に「苦手分野・弱み」についても問われることがあります。苦手としていることをそのまま話すと、マイナスに取られかねません。弱みを把握し、改善へ向けて行動していることを示すことで、アピールポイントに変えられるよう心がけましょう。

システム(デザイン)に詳しくない担当者と仕事をする時はどのような点に気をつけていますか?
  • 異職種間でのコミュニケーションをスムーズにとれるか
  • 相手の立場に立って物事を考えることができるか

プロジェクトを進める上で、企画担当やユーザーなどの、システム(デザイン)にあまり詳しくない担当者とのやり取りが発生することが多々あります。お互いの要望に齟齬が発生しないようにするために、どのような工夫をしてきたのか、また、どのような姿勢で業務に取り組んできたのかを話すようにしましょう。その取り組みによって、実際にプロジェクトがどのように進められたのかといった結果も合わせて話すと、より具体的に伝えられます。

勉強中のサービスや技術はありますか?
  • どのようなことに興味をもつのか
  • 向上心を持って取り組んでいるか

自身のスキルアップに向けて、努力をしているのかが問われています。サービス名や技術名を答えるだけではなく、その勉強方法についても話せるようにしておくといいでしょう。書籍やWebサイトであればその名称を挙げ、どういった点が参考になったかなどを示すとさらに具体性が増し、アピールへつながります。

今後どういったキャリアを描いていきたいですか?
  • 将来への意欲を持って取り組める人物か

自分や周りの成長の為に、前向きに考えて努力できる人物かどうかを見られています。どういった活躍をしていきたいかを伝えることで、意欲をアピールすることができます。また、積極的に伝えることで、成長に繋がる役割を任されるなどの機会を得られるかもしれません。

エンジニア職編

経歴の詳細についての質問が中心となります。特に、スキルの習熟度や理解度を確認する質問においては、単に「できる・できない」ではなく、「どの程度の経験がある」といった具体的なエピソードと合わせて答えたり、「代替技術を用いてこういった経験がある」といった回答ができるようにしましょう。

エンジニア職編イメージ
仕様書や設計書はどのように残していましたか?
  • ドキュメント作成の際は何に気をつけているか
  • ドキュメントを残さない場合はどう対応するか

企業やプロジェクトによって、ドキュメント作成のルールは異なります。用意された独自のフォーマットを使用する場合もあれば、口頭での対応を求められる現場ではドキュメントをあまり残さない場合もあります。これまでの経験の中でどういった対応が求められ、その中でどのような点に注意をしながら進めていたかを答えましょう。

Linuxのコマンドを使用したことはありますか?
  • どのようなオペレーションの経験があるのか
  • どの程度の範囲の作業ができるのか

どんなシチュエーションでどういったコマンドを使用したのか、など具体的に過去の経歴について話せるといいでしょう。また、コマンドの詳細などの記憶がない場合でも、具体的なエピソードを交えて何に使用した事があるかを伝えましょう。
使用した事が無い場合は、その旨を伝えた上で、業務でどの程度の知識を必要とされるのかを尋ね、状況に応じて勉強していく、といった姿勢を示すと前向きな印象を与えられます。

関連キーワード :
得意な言語は何ですか?また、その理由は何ですか?
  • どういったことを得意としているか
  • 新しいことに挑戦できるか

経験年数の多い開発言語であれば、経歴を通してどういった点を得意として業務にあたってきたのかなどの強みをアピールしましょう。
また、経験年数の浅い言語や、実務経験のない言語でも得意としている言語があれば、積極的に伝えましょう

関連キーワード :
コードを書く際に気をつけていることは何ですか?
  • 状況に応じた対応ができるか
  • どんなことを重要視して開発に取り組んでいるのか

今までの経験を通して、可読性や処理速度・運用などを意識して行なっていたかどうかを具体的な事例を挙げながら答えましょう。また、もし不足している部分があると感じている場合には今後どういった姿勢で取り組むのかを含めて話せるようにしておくと好印象を得られます。

関連キーワード :
環境構築の経験はありますか?
  • どのような環境構築を経験しているのか
  • どの程度の知識を保有しているか

どのような環境構築の経験があるのかについて、過去の経験を通して具体的なバージョンや構成、注意した点などを話せるようにしておくといいでしょう。また、業務での経験がなくても、個人的に勉強している事や自宅で実際に環境構築に挑戦している事などがあれば、その点についても合わせて伝えることでアピールポイントになります。

関連キーワード :

クリエイター職編

エンジニア職と異なり、ポートフォリオ(作品集)の内容が重視されることが多くなります。また、求められるイメージの表現力はもちろんですが、求められるものに対する理解力も重要となる為、コミュニケーション力を見られていることを意識するようにしましょう。

クリエイター職編イメージ
どんなテイストのデザインが得意、または好きですか?
  • 求めているテイストに合うかどうか
  • どのようなイメージを持って制作したのか

ポートフォリオを用いながら示すと具体的でわかりやすくなります。どのようなイメージをもってその作品を制作したのかなど、作品の背景も合わせて話すとより作品制作の姿勢なども伝わるでしょう。

制作時間はどれくらいですか?
  • 納期を意識したものづくりができるか
  • 技術力はどの程度あるのか

いくつかの作品を指し示しながら、かかった時間を伝えましょう。
かかった時間の長短にかかわらず、なぜそれだけの時間を要したのかを説明し、工夫した点やこだわった点を話すといいでしょう。

プログラミング経験はありますか?
  • どの程度の範囲の作業ができるのか
  • システム面を考慮しての作業ができるか

システム開発の経験があることはよりアピール点になりますが、JavaScriptやCSS、HTMLの修正経験等もあれば話すといいでしょう。業務の経験はなくても、勉強していることがあればどういった技術なのかを具体的に話せるようにしておくといいでしょう。

関連キーワード :
CSSFlashActionScriptJavaScript
使用したことのあるツールは何ですか?
  • ツールを使用してのデザインができるか
  • どの程度の範囲の作業ができるのか

経歴を通して、使用した経験のあるツール名やバージョン、用いた機能などを具体的に話しましょう。ポートフォリオの中でツールを使用しているものについては、作品を指し示しながら伝えるとよりわかりやすくなります。業務での使用経験がなくても、学校や自宅などで使用した経験などがあれば積極的に伝えるようにしましょう。

関連キーワード :
Photoshop
無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-