フリーランスのIT求人案件@Agent > 書類選考が通過しない理由

書類選考が通過しない理由

原因はスキルシートにある

これまでの経験とマッチしている案件を見つけても、なかなか書類選考を通過できない…なんてことはありませんか?せっかく書いたスキルシート(職務経歴書)も、選考を通過できないとがっかりですよね。でももしかすると、それはあなたの経歴そのものではなく、スキルシートに原因があるかもしれません。
ここでは「書類選考を通過しない経歴書」の4つの理由とその解決策をアドバイスしていきます。

イメージ

その1 読みにくい!

文章が整っていない

基本中の基本ではありますが、きちんと整った文章にすることが大切です。スキルシートを通して、文章作成能力もチェックされています。
誤字・脱字、誤変換や、西暦・和暦の混在も多く見受けられるミスです。また、ビジネス文書であることを忘れず、正しい日本語を使用することを意識しましょう。

改行がない、文章が長い

見た目が整っていないと、目を通すのもつらいものです。表などを使い、プロジェクトごとにまとめると見やすくなります。
文章は箇条書きを使用するなど、簡潔に書くことを心がけましょう。文章の途中でページをまたぐことの無いように改行をうまく工夫することも必要です。

  • 修正前のスキルシート
  • 修正後のスキルシート
修正前スキルシート	修正後スキルシート
ポイント

選考担当者は一日に多数の候補者のスキルシートを見る為、「読みにくい」書類はきちんと目を通してもらえず選考から外れてしまいやすくなります。
ExcelやWordなどの文書ファイルで作成し、「読みやすい」書類作りを心がけましょう。また、作成後は見直しも忘れずに!

その2 経歴がわかりにくい!

希望職種に関係のないアルバイトや資格の記載が多い

希望職種の業務内容に関係のない学生時代のアルバイト経歴や、取得資格などの記載をいくら増やしても、選考においてあまり効果はないでしょう。
ただし、アピールの要素となるものであれば記載しても問題はありません。

経験時期の記載不足

期間についての記載が不十分だと、スキルの習熟度を測ることが難しくなります。「いつ」、「どのくらいの期間」携わったのかを明示しましょう。
また、企業は即戦力となる人材を求めているため、直近の経歴に特に注目しています。直近の経歴から過去へさかのぼって書いていくと、より効果的にアピールできます。

ブランク期間についての詳細がない

ブランク期間については記載することをつい怠りがちですが、何の記載もないとマイナス要素とされることがあります。ブランク期間の理由や、その期間中に行なっていた勉強内容などを記載しましょう。
ただし、書く内容がないからといって、事実と異なる記載は絶対にしてはいけません。

  • 修正前のスキルシート
  • 修正後のスキルシート
修正前スキルシート 修正後スキルシート
ポイント

経歴内容はスキルシートにおいて一番のメインとなる部分なので、特に書き方に気をつけたいところです。しかし経歴内容の文章に注力するあまり、その他の項目の記載がおろそかになってしまってはいけません。選考担当者は書類全体の構成も見ています。抜け漏れのないように細かい部分までしっかりと書くように心がけましょう。

その3 スキルが判断できない!

業務内容の詳細が少ない

スキルシートにおいて、業務内容の記載は最も重要な部分です。具体的な内容が書かれていないとどんなにスキルが高くても伝えることができません。
どのようなプロジェクトで、どのようなことを行なってきたのかを簡潔に書きましょう。制作物などがあればその名称やサイトのURLも記載するといいでしょう。 ただし、非公表のサービス名や、クライアント企業名などは機密情報となる為、記載する際は慎重に判断を。

開発環境の情報が不十分

業務内容と同じく、選考担当者が注目する項目です。ここの記載が少なすぎるとせっかくの経験も充分にアピールすることができません。
携わった言語、OS、DBをはじめ、使用したツールやアプリケーションなども過不足のないように記載しましょう。また、バージョンも明記してあると、よりスキルが伝わりやすくなります。

規模、役割が不明確

同じ業務内容でも、規模や役割が異なれば経験内容も違ってきます。企業が求めている役割や、類似したプロジェクト規模の経験があれば、さらにアピールにつながります。
どれぐらいの人数が携わったプロジェクトなのか、その中でどのような役割を担当したのかを必ず明記しましょう。マネジメント業務を行なっていた場合、メンバー数も記載するといいでしょう。

  • 修正前のスキルシート
  • 修正後のスキルシート
修正前スキルシート 修正後スキルシート
ポイント

スキルシートはあなた自身を表すプレゼンツールです。これまでの経験をどれだけ伝えられるかが何よりのポイントとなります。
詳細に書くことはもちろんですが、成果を数字で表すなど具体的な書き方をすることで、あなたの持つスキルをより一層伝えられるように工夫をしてみましょう。

その4 一緒に働けるか不安…!

ネガティブな文章の記載

ネガティブな言葉が並んでいると、やる気のない人物と見られてしまいます。仕事に対する姿勢に不安があると不利になりかねません。
例えば、過酷なプロジェクトの経験をしたのであれば「それを乗り切った」と前向きな表現にすることで、好印象を与えることができます。

自己PRが弱い

強みとなるスキルをダイレクトに伝えられる自己PR欄ですが、苦手とする人が多く、うまく活用できていない項目の一つとなっています。まずは自己PR欄から目を通す企業も多い為、内容の見直しが必須です。
得意技術・分野だけでなく、勉強中のものや興味のある技術を書くことで向上心を伝えることも評価につながります。ここでもできるだけ簡潔に、わかりやすく書くことがポイントです。

  • 修正前のスキルシート
  • 修正後のスキルシート
修正前スキルシート 修正後スキルシート
ポイント

文章からはその人柄も伝わるものです。やる気と熱意のある文章は、それだけで魅力的に写ります。
スキルの高さだけではなく、「一緒に働きたい!」と思えるようなスキルシートが書けるようになれば、書類選考はもう恐くありませんね!

※このコンテンツは書類選考の通過を保証するものではございません。

スキルシートの書き方のコツ教えます!

基本的なスキルシートの書き方を流れに沿って解説します。 「どうやって書き始めればいいかわからない…」という方は、ぜひ こちらを参考にしてください。

スキルシートの書き方ガイド
無料サポートに申し込む【簡単1分】

メルマガ登録 新着案件・業界動向をお届け

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-