フリーランスのIT求人案件@AgentWeb業界動向 > スマートフォン向けアプリ開発特集

Web業界動向

2012年7月レポート 「プラットフォーム特集」

イメージ

前回レポートでも紹介した、NHN Japanの運営するコミュニケーションアプリ「LINE」。
1年間でユーザーを4500万人獲得した実績を受け、NHN Japanは今月3日に新プラットフォームサービス「LINE Channel」を発表しました。
「LINE Channel」は、「LINE」で繋がっているユーザー同士が交流できるサービスを集約したもので、ゲームや占い、クーポン等のサービスを順次コンテンツとして展開していくとしています。

LINEのイメージ

一方で、サイバーエージェントが運営するブログサービス「Ameba」も、6月にスマートフォン向け総合プラットフォームへリニューアルされました。
既にサービス全体で月間2500万~3000万のユニークユーザーを抱えている「Ameba」。
現在スマートフォン向けにサービスの転換を進めており、複数のスマートフォン向けゲーム・コミュニティサービスを共通のプラットフォーム上に集約し、1つの巨大なサービスとして展開するという「デカグラフ構想」を発表しています。
この「Ameba」のプラットフォーム化に向け、今秋までに100近くのスマートフォン向けサービスを提供し、スマートフォンからの月間アクティブユーザー数を現在の250万から1000万まで引き上げていくとしています。

LINEのイメージ

プラットフォーム化が進むコミュニティサービス…その特徴とは?

1.写真共有サービス

もともとスマートフォンベースでサービスを展開していた「LINE」はもちろんのこと、従来はPCやフューチャーフォンのユーザーが中心だった「Ameba」も、スマートフォン向けにサービスの構想を転換しています。
スマートフォン市場の急成長に伴い、今後ユーザーを獲得していくためにはいち早くスマートフォンへサービスを拡大していくことが重要なポイントとなりそうです。

2.外部パートナーとの連携を強化

「Ameba」ではゲームAPIの公開や他社製ゲームの展開のほか、TwitterやFacebook、Google等の外部アカウントでも利用できるようになります。
一方で「LINE Channel」上で公開するものは、当面は自社のサービスのみとしているものの、将来的にはAPIを公開しパートナー企業による連携アプリを中心にコンテンツを拡充していくとしています。ゲームサービス「LINE Game」では既にコナミやスクウェア・エニックス、タイトー、グループスなど実績のある企業と提携し、過去の有名タイトルも公開予定のようです。

3.情報収集ツールではなく、コミュニケーションツール

既にSNSのプラットフォームとなっているFacebook等の利用者には、ビジネスとして情報の発信や収集を行う人も少なくありません。
一方で「LINE Channel」と「Ameba」はともに、コミュニケーションに重点を置いたプラットフォームを目指しており、特に「LINE Channel」においては、サービスを拡大するものの「クローズドサービス」としての特徴は失わないようにしていくとの考えを述べています。

人気プログラミング言語の傾向も、スマートフォン寄りに!

上記2社のプラットフォーム化への動きはスマートフォン市場拡大の流れに順応していますが、「LINE」を利用するためにスマートフォンに買い換えるユーザーも少なくないようで、「プラットフォーム化によるスマートフォン市場の拡大促進」という逆の流れも今後生じてくるかもしれません。

このスマートフォン市場拡大の動きは、開発言語にも影響が出ています。
オランダTIOBEによる最新のプログラミング言語人気調査「TIOBE Programming Community Index fo r July 2012」でも、iOSアプリの開発に用いられることが多い「Objective-C」 の人気がC++を上回り、3番目に人気の高い言語となったことが公開されました。

TIOBE Programming Community Index グラフイメージ

Objective-Cは、C++とともに1983年に誕生したC言語の上位互換プログラミング言語で、2009年にiOS開発が本格的に始まるまで市場シェアは1%以下でした。
今回初めて、「Objective-C」が企業向けのアプリケーション開発に用いられる「C++」の人気を上回ったことで、企業向けアプリケーションの開発以上に、スマートフォンやタブレットの開発がより重要度を増していることが伺えます。

注目のゲーム開発ツールMonaca

Monacaとは?

イメージ「Monaca」はアシアル株式会社が提供する、iOS / Android のクロスプラットフォームに対応したネイティブアプリの開発環境を提供するサービスです。
開発フレームワークは「PhoneGap」を採用し、プログラムコードの記述、デバッグ、アプリケーションの配布まで、すべてWeb上で行うことができるのが特徴です。
また、一度に複数のOSに対応したネイティブアプリを開発することができるため、工数の大幅な短縮およびコスト削減が見込めるツールとして、利用者を伸ばしています。

国内初! iOS/Androidに対応したネイティブUIコンポートネント機能を追加

昨今のスマートフォン・タブレットの普及から、アプリ開発においてiOS / AndroidのOSに対応するハイブリッドアプリが注目されています。
しかし、HTML5で開発する従来のハイブリッドアプリは、iOSでは「Objective-C」、Androidでは「Java」といった各OSのネイティブ言語で開発したアプリと比べ、UIの面で品質が劣ることが問題視されてきました。
その問題を解消したのが、今回「Monaca」に新たに追加されたネイティブUIコンポーネント機能です。この機能によってハイブリッドアプリにおいてもネイティブ言語で開発したものと同じ高品質のUIを表現できるようになりました。

Point

大手2社によるスマートフォン向けプラットフォームの誕生により、今後スマートフォン向けのサービス・アプリの案件が増えていくことが予想されます。「Monaca」のようなクロスプラットフォームを利用して開発の効率を上げていくことはもちろん重要ですが、企業に求められる能力を身につけるためにもネイティブ言語である「Objective-c」や「Java」の技術は高めておきましょう。

今月は案件が先月に比べ20%以上増。もちろんスマートフォン案件も増加しておりますので、是非下記の関連案件から興味のあるものをお探しください。

関連の案件
仕事概要
・損保システム開発プロジェクトにおいて  PMO補佐としてご参画いただきます。 ・下記を行っていただきます。 ー管理一覧表(課題管理表や障害管理表など)での  期限切れ有無の棚卸しとトレース ー日次計画の実績更新(関係各所からの報告を取りまとめ) ー各種会議資料の印刷 ープロジェクト要員管理(諸々の入場者、離任者の管理)
単価
~500,000円/月
最寄駅
千葉ニュータウン中央駅
仕事概要
・WindowsインフラチームにPMOとしてご参画頂きます。 ・具体的にはプロジェクト管理、資料作成をご担当頂きます。
単価
~450,000円/月
最寄駅
品川駅
仕事概要
・シンクライアント端末の更改に携わっていただきます。 ・インフラ環境の構築~テスト~切替を行っていただきます。 ・問題解決調査(マニュアル調査、サポート問合せ等)を  主体的に進めていただきます。
単価
~4,040円/時
最寄駅
千葉ニュータウン中央駅

Web業界動向トップへ

無料登録がまだの方へ

フリーエンジニア・デザイナーの参画支援サービス 業界トップレベルの高単価の報酬を実現!Web業界・技術に精通したコーディネーターがヒアリング!

  • サービス申し込みはこちら
無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-