フリーランスのIT求人案件@Agentお悩み相談 > 35歳定年説

エンジニアお悩み相談室

キャリアに関するお悩み

「プログラマー35歳定年説」を心配しています。やはりプログラマーは35歳でキャリアが終わってしまうのでしょうか。

そういった傾向もありますが、例外はたくさんありますし、職能を高めることで長く働き続けることも可能です。

プログラマー35歳定年説とは、「プログラミングは35歳までに行い、それ以降は管理系やマネジメントの仕事をしなければいけない」という説や、「転職は35歳までに行い、それ以降は一つの会社で働き続けるべき」といった説のことです。これらの説が唱えられる背景には、年齢を重ねることによる体力低下や新技術の習得困難などが理由としてあげられるようです。
しかし、例外が多いのも事実です。専門性の高いスキルやコミュニケーション能力を持っていれば転職し続けることも、プログラマーとして仕事を続けていくことも可能です。
例えば@Agent経由で参画しているプログラマーの方の中では、47歳でフリーランスとして月120万円ほど稼いでいる方や、41歳で多くの企業から声がかかっている方もいらっしゃいます。
このような方に共通するスキルは以下の3つです。

・専門性の高いスキル
プログラミングスキルが高い、市場価値がある言語に変えて一人で開発まで行うことが出来る
・コミュニケーションスキル
人との人脈を保つためのコミュニケーションスキルを持っている
・マネジメントスキル
マネジメントを経験したことがある

これらの事例より、自分の能力を上げ続けることが特に重要だと言えます。エンジニアの方でしたら、1度はフリーランスになることを検討してみてもいいかもしれません。
フリーランスになることで、自分の能力がそのまま給料に反映されるため年収が上がるだけでなく、自分の能力の価値を知ることで、成長に対する意識も変わってきます。
フリーランスになりたい方は、こちらのコンテンツもおすすめですよ。

色々なお悩み、直接コンサルタントにご相談ください!

希望のキャリアを叶えるサポートが充実してます!

業界・市場の最新動向を踏まえたコーディネーターによるスキルの将来性・キャリアについてのカウンセリング、希望の案件に参画するための訪問対策までなんでもご相談ください。

1分で完了! 直接コーディネーターに相談する

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

キャリアコンテンツ

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」

ブログ運営中

キャリアアップ最新業界動向の記事を毎日更新!
-