フリーランスのIT求人案件@Agentお悩み相談 > 資格の有効性

エンジニアお悩み相談室

キャリアに関するお悩み

自分の市場価値を上げるには資格が必要なのかな、と考えています。
資格をもっていると参画に有利になりますか?

コーディネーター

現場では資格よりも経験が重視されます。資格があれば評価の対象にはなりますが、ほとんどの場合はスキルを把握するための参考程度としてみなされます。

資格はエンジニアどれだけ知識を持っているか、努力しているかを表す指標にはなりますが、資格を持っていることが参画の決め手になるケースはあまり多くありません。

例えば、開発関連の資格にはPHP検定、Java検定などがあります。資格を取ることで、企業はあなたが「基本的な開発言語の知識を持っている」とすぐに判断することができます。 資格を持っていることで不利になることはまずありません。

しかし、資格があっても業務の経験がほとんどなければ、参画決定は難しいでしょう。なぜなら、多くの場合フリーランスに求められているのは「即戦力」だからです。 現場の担当者は「あなたがどんな資格を持っているのか」ということよりも「実際にすぐ開発ができるのか」に関心を持っています。

ただし、時間に余裕があれば資格取得に向けて学習を進めることが自身のスキルに自信をつけたりすることができます。具体的な資格は以下のリンクから、資格取得も含めたキャリアの相談はこちらからご相談ください。

色々なお悩み、直接コンサルタントにご相談ください!

希望のキャリアを叶えるサポートが充実してます!

業界・市場の最新動向を踏まえたコーディネーターによるスキルの将来性・キャリアについてのカウンセリング、希望の案件に参画するための訪問対策までなんでもご相談ください。

1分で完了! 直接コーディネーターに相談する

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

キャリアコンテンツ

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-