フリーランスのIT求人案件@Agentお悩み相談 > エンジニアにとっての起業

エンジニアお悩み相談室

キャリアに関するお悩み

将来的には自分で事業を興したいと思っています。エンジニアにとっての起業・独立のメリット・デメリットは何ですか?

人によって異なりますが、独立して活躍するメリットは高収入を得るチャンスがあることと人脈が広がること。デメリットは業務を継続して引き受けるための努力が必要なことです。。

エンジニアは個人が持っている技術に価値があるので、他の職種と比べると起業しやすいといえます。起業には、フリーランス(個人事業主)として企業のプロジェクトに参画するケースと、経営者として企業から仕事を請け負い、雇用したスタッフと一緒に業務を行うケースがあります。

起業をするメリットは、まずは高収入を得られることでしょう。正社員は企業が定めた給与基準に沿った範囲でしか昇給が望めませんが、起業して事業主になれば、請け負った金額がそのままあなたの収入になります。また、多くのクライアントと直接やりとりと行うので、自分次第で人脈もどんどん広がります。好きな仕事を選ぶことができるのも魅力の1つです。

一方、デメリットとして挙げられるのは事業を継続させるための努力が必要である点です。正社員の場合は「仕事がなくなるかもしれない」と心配する瞬間はほとんどありません。しかし、事業主の場合は仕事を自分で取りに行かなければ事業を継続することは難しいのが現実です。また、自分が持つスキルの市場価値を把握し、需要を見極めつつ学習を継続することも大切な仕事です。なぜなら、得意とするスキルの需要がいつまでも保たれる保証はないからです。需要が低くなれば得られる案件数も、収入も下がってしまいます。

ただ、同じ独立でもフリーランスなら専門のコンサルティングサービスが用意されているため比較的リスクが少ないといえます。

@Agentでも、参画案件のご提案から参画中のフォロー、最新の業界動向に基づいたアドバイスなど、多面的にフリーランスのみなさまを支援しております。

まずは常駐型のフリーランスとして経験を積みながら、本格的な独立への準備を進めるのが良いでしょう。 企業も見据えた上でのキャリアのご相談をしたい方は、こちらからお願いします。

色々なお悩み、直接コンサルタントにご相談ください!

希望のキャリアを叶えるサポートが充実してます!

業界・市場の最新動向を踏まえたコーディネーターによるスキルの将来性・キャリアについてのカウンセリング、希望の案件に参画するための訪問対策までなんでもご相談ください。

1分で完了! 直接コーディネーターに相談する

無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

キャリアコンテンツ

転職希望者向け情報

正社員求人・転職支援はこちら

オンラインスキルシート作成

スキルシートが無料で作れるオンラインサービス「WHOAMI(ふーあみ)」
-