フリーランスのIT求人案件@Agentサービス紹介無料イベントヒカラボTOP > 「なれる!フリーランス ~2時間でわかる?多様な働き方~ 」

イベントレポート vol.7

渋谷ヒカリエにて、無料イベント「ヒカラボ by Leverages」を開催!

イベントレポート vol.7【なれる!フリーランス ~2時間でわかる?多様な働き方~ 】

イベントレポートvol.7「なれる!フリーランス ~2時間でわかる?多様な働き方~」

毎回好評をいただき、イベント内容も、イベント数も増えているヒカラボ。
今回は10月30日に開催された「なれる!フリーランス ~2時間でわかる?多様な働き方~ 」についてレポートします!

当日の資料はこちら

講師紹介

今回はこちらの3名の方に講師を務めていただきました。

杉本 哲(すぎもと あきら)氏
システムスタジオ哲 (個人事業主)
主にAndroidとiOSのアプリ開発やコンサルタントを行う。
小さな会社でAndroidアプリの開発を行っていたが、結婚を機に独立、第一子も生まれ自宅で子供の面倒を見つつ仕事をするようになる。
その後、実家に引越し、両親に子育ての協力をしてもらえるようになったため、今は常駐と在宅の仕事を並行してこなしている。


進藤龍之介(しんどう りゅうのすけ)氏
Computing Initiative(個人事業主)
コンピューターエンジニア
インターネット草創期のネットワークエンジニア、Webエンジニア(サーバー/アプリ)を経て2001年に独立。
日本Androidの会 コミュニティ運営委員/埼玉支部長


染谷 昌利(そめや まさとし)氏
システムスタジオ哲 (個人事業主)
コンサルタント(個人事業主)
企業やブロガー、アフィリエイター向けのコンサルティング業以外に、ブログの運営や執筆、講演などを行っている。
4年制大学卒業後、就職情報誌の営業、自動車関連企業の人事担当者、不動産関連企業の人事担当および、営業担当を12年間経験した後に、2009年に独立という非IT系出身ブロガー。
運営サイトはスマートフォン関連、就職関連、レシピ、ランチ、旅行記など幅広く運営。メインで更新している「Xperia非公式マニュアル」は月間100万PV、通算2500万PVを超える人気サイト。
フリーランスの
メリットと
デメリット

フリーランスのメリットとデメリットのイメージ まずはじめに、フリーランスのメリットとデメリットについてお話頂きました。 進藤氏は、デメリットはあまり感じておらず、あるとすれば、融資を受けにくいことくらいとのことでした。
染谷氏は、デメリットとして、「全てが自分の責任であること。環境がどうであれ、自分でどうにかしなくてはならない」ということをお話されていました。
また、メリットとしては、「会社に縛られず、自分のやりたいことができる」ことや「旅費も経費にできる」という点を挙げていました。

フリーランス
として
生きていくため
の心得

講義風景 次に、既にフリーランスとしてご活躍されている登壇者の皆様に、フリーランスとして生きていくための心得を伺いました。

杉本氏

・無計画に本職を辞めない。優先順位を分析する
・見える形で自分の実績を残すためにも作品のポートフォリオを作る
・何より体が資本。体調を万全にしておく


進藤氏

・自分が看板になる。自分を売り物にしていく
・リスクは常にあることを念頭におく


染谷氏

・ 収益源となるサービスを複数持つこと
 (さらに一つの収益で20%を超えるものは、フリーランスの場合危険)
・人と同じ事をしてもダメ・知識、知恵、経験を身に着けておくことは必須!
 →詐欺は知識がないから騙される。知識がある人がお金を稼げる。
自己アピールの
ための
ブログ活用法

自己アピールのためのブログ活用法のイメージ 続いてご自身もブロガーとして活躍されている染谷氏に、ブログを自己アピールのために最大限活用する方法について伺いました。

自分の個性(好きなものや変な所など)を洗い出し、ブログでは、その個性や持っているノウハウなどを全面に出していくことが大切とのことです。
例えばアニメが好きなら、その趣味について書き続けることで、読者から共感を得てファンを獲得できる。ファンを獲得するには共感や安心感が必要なので、専門用語などの難しい言葉は避け、誰でもわかる平易な言葉を選ぶことも大切だそうです。
ノウハウ、思考、時々趣味くらいのバランスが最適なのではとおっしゃっていました。
また、レンタルブログサービスはフリーランスにとってリスクが高いと考えていらっしゃるそうです。理由としてはメンテナンス時の集客の問題、広告が多いため見込み客が別の出口に行ってしまう恐れがある、また仕事の依頼を請けるときにレンタルブログサービスだと信頼性が低いということがあるそうです。

自分という人間を多くの人に知ってもらうために最も重要なのは、『インターネット上に自分の存在を明確に記すこと。そしてそれを継続すること』とのことです。そうすることで自分のファンが増え、更には別の仕事に繋がるきっかけになるというお話でした。

コミュニティを
活用しよう

コミュニティを活用しようのイメージ 次に、フリーエンジニアの進藤氏に「コミュニティのススメ」というテーマでお話を伺いました。ここでいう「コミュニティ」とは、一つのテーマに共通している人々が、定期的に勉強会やイベントを通して交流を深める場のことです。

進藤氏は主に「日本アンドロイドの会」というコミュニティに所属し、運営も担当しているそうです。 コミュニティは、「自分以外のフリーランスの人がどの様なことをしているのかを知る場」として重要とのことでした。フリーランスは一人ひとりの専門範囲が限られているが、コミュニティを通して各分野の専門家や相談できる相手と知り合えたりするそうです。
またコミュニティの勉強会なども積極的に活用すべきとのことでした。最新技術を実務で使う必要が出てくるのは意外と遅いものだそうですが、参加することでその技術や最新動向だけでなく、自分の技術のレベルや立ち位置、自分のやり方が効率的かどうかを知る良い機会になります。
参加者にはモチベーションの高い人や、自分に出来ないことが出来る人を探しに来る人が多いので、フリーランスの人にとっては自分の名前や技術を多くの人にアピールするチャンスでもあります。積極的に活用するべきとのことでした。

ワークショプ
自分を棚卸しよう

ワークショプ 自分を棚卸しようのイメージ 最後に「自分を棚卸しよう」というお題でワークショップを行いました。
履歴書に書くようなことではなく、自分には何が出来るのか?
その中でも換金できそうなスキルは何か?ということをそれぞれ5分くらい考えて頂いた後、5~6人のグループに分かれて話し合って頂きました。
皆さん得意分野以外にも、今まで経験してきたことや、特に人と比べて変わった所などを話し合い、一緒に仕事ができそうな人はいるかなどの話もされていました。

懇親会

懇親会のイメージ 講演終了後、懇親会を行いました。

いつもはイベントに出席された方の内、半分くらいの方が参加する懇親会ですが、今回はなんと8割の方が懇親会にも参加していらっしゃいました。

フリーランスに興味がある方たちだけあって、積極的に交流を広げていたのが印象的でした。


ヒカラボイベントでは出席者の8割近くがエンジニアの方、というものがほとんどですが、今回のイベント出席者の方はエンジニアとデザイナーがほぼ同数という珍しい割合でした。
アンケートでは、イベント前後でフリーランスに対するイメージがどう変わったかを伺いました。「もっと孤独なものだと思っていた」「不安定でも自分の努力次第でなんとでもなるということを知った」などの意見が多く、イベント前は「孤独」や「不安定」というイメージを持っている方が多かったのに対し、イベント後には「自由」というイメージを持つ方が増えた様です。

「困難をどの様に改善したかなどの実践での体験談も聞きたい」や「フリーランスになるまでの手続きや税申告について知りたい」というご意見も頂いたので、次回以降の参考にさせて頂きます。

ご参加いただいた方々、どうもありがとうございました!
今後も様々なイベントを予定しております。皆様のご参加を心よりお待ちしております!

今後のイベント開催予定は「無料イベントのご案内」へ

定期的な勉強会情報がほしい方はこちらをご登録ください

  • @Agent×twitter オトクな情報つぶやき中

  • facebookページ@Agent いいね!をお願いします。

無料登録がまだの方へ

フリーエンジニア・デザイナーの参画支援サービス 業界トップレベルの高単価の報酬を実現!Web業界・技術に精通したコーディネーターがヒアリング!

  • サービス申し込みはこちら
無料サポートに申し込む【簡単1分】

無料イベントのご案内

@Agentとは?

-